«前の日(01-25) 最新 次の日(01-27)»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2004-01-26(月) 夜になったら雪降りそうだ

_ [debian] uim 0.2.6-0vd1

作成。


2005-01-26(水) まだまだ継続

_ [research] T さらに変更

よく考えたら、T は相手先の状態だけを判定に使っていて、手元の状態は一切見ていなかった。ということで手元の状態を取得して判定に用いるように改良。

_ [research] I,T さらにさらに変更

これまでのプロトコル仕様では I に情報を渡し切れないので、またプロトコル仕様を変更。それに沿うように T も変更し、一通りの動きはできるようになった。

_ [research] C>N,N>B-pretend,フラグ変更

B のステータスは FOO:! としておいて C に格納する際に :! を削除という特別扱いをしていた。だが、一般のステータス処理以外に B 用の処理があることで全体がややこしいことになっていた。そこで、B のステータスには FOO:!UPSTREAM というフラグを明示的に与え、ステータス処理を一つで済むように改良した。


2006-01-26(木) Mono編終

_ [debian] sylpheed 2.1.999+2.2.0beta6-0vd1

作成。

_ [comp] .NET vs Mono 1.1.13.1

とある .NET アプリが Mono ではクラッシュしてしまうのでいろいろ調べてみる。その .NET アプリはソースがないので、そのアプリ自体のバグのせいでクラッシュしているとしても、Mono 側に手を入れてインチキすることにした。

まずウィンドウ自体が開かずにクラッシュ。

Unhandled Exception: System.Exception: Value '-91' must be greater than or equal to 0.
in <0x000a0> System.Windows.Forms.ScrollBar:set_LargeChange (Int32 value)

とりあえず mono-1.1.13.1/mcs/class/Managed.Windows.Forms/System.Windows.Forms/ScrollBar.cs の LargeChange で、value が 0 未満なら例外を投げるのではなく value を既定値の 10 にセットすることにした(.NET Framework クラス ライブラリ ScrollBar.LargeChange プロパティ)。これを潰してもまだウィンドウ自体が開かずにクラッシュ。

Unhandled Exception: System.Exception: Value '-9' must be greater than or equal to 0.
in <0x0009e> System.Windows.Forms.ScrollBar:set_SmallChange (Int32 value)

同様に value に既定値の 1 をセット(.NET Framework クラス ライブラリ ScrollBar.SmallChange プロパティ)。

ひとまずウィンドウは開くようになったけど、今度はファイルダイアログを開こうとするとクラッシュ。

Unhandled Exception: System.ArgumentNullException: Argument cannot be null.
Parameter name: path
in <0x0006b> System.IO.FileSystemInfo:CheckPath (System.String path)
in <0x00025> System.IO.DirectoryInfo:.ctor (System.String path)
in (wrapper remoting-invoke-with-check) System.IO.DirectoryInfo:.ctor (string)
in <0x00035> System.Windows.Forms.DirComboBox:CheckChildOf ()
in <0x001ae> System.Windows.Forms.DirComboBox:CreateComboList ()
in <0x00020> System.Windows.Forms.DirComboBox:set_CurrentPath (System.String value)
in (wrapper remoting-invoke-with-check) System.Windows.Forms.DirComboBox:set_CurrentPath (string)
in <0x0002e> System.Windows.Forms.FileDialog+FileDialogPanel:ChangeDirectory (System.Object sender, System.String path_or_special_case)
in (wrapper remoting-invoke-with-check) FileDialogPanel:ChangeDirectory (object,string)
in <0x00021> System.Windows.Forms.FileDialog:set_InitialDirectory (System.String value)
in (wrapper remoting-invoke-with-check) System.Windows.Forms.FileDialog:set_InitialDirectory (string)

mono-1.1.13.1/mcs/class/Managed.Windows.Forms/System.Windows.Forms/FileDialog.cs の InitialDirectory で、value が null ならば value に "." (カレントディレクトリ) をセットするようにした。

ファイルダイアログは開けるようになったけど、開いた直後にクラッシュすることがある。ウィンドウにフォーカスを当てていると駄目なようだ。

Unhandled Exception: System.NullReferenceException: Object reference not set to an instance of an object
in <0x00009> System.Windows.Forms.Document+Marker:op_LessThan (Marker lhs, Marker rhs)
in <0x001af> System.Windows.Forms.Document:SetSelectionToCaret (Boolean start)
in <0x000a7> System.Windows.Forms.TextBoxBase:TextBoxBase_MouseUp (System.Object sender, System.Windows.Forms.MouseEventArgs e)

mono-1.1.13.1/mcs/class/Managed.Windows.Forms/System.Windows.Forms/TextBoxBase.cs の TextBoxBase_MouseUp から mono-1.1.13.1/mcs/class/Managed.Windows.Forms/System.Windows.Forms/TextControl.cs の SetSelectionToCaret は false つきで呼ばれている。selection_anchor.line が null ならば selection_anchor.line に caret.line をセットするようにした。

ファイルダイアログからファイルを保存しようとすると、ファイル名をつけられない。例えばファイルタイプ「.txt」の状態でファイル名に「hoge」または「hoge.txt」とつけて保存しようとしても、「.txt」というファイルに保存されてしまう。ファイル一覧から選んで上書きするには問題ないが、エントリに入力したファイル名は取得されていないようだ。なんかよくわからないので、保存する前に手動で touch してそれに上書きするようにした。

_ [debian] mono 1.1.13.1-1vd1

上記 workaround patch の vd_mono-1.1.13.1_dirty-workaround.patch を当てて作成。

_ [debian] rxvt-unicode 7.3a-0vd1

×問題対策インチキパッチ vd_rxvt-unicode_latin1-supplement-partly_double-width_encoding-jp.patch を当てて作成。


2007-01-26(金) 今週も疲れた

_ [debian] audacious 1.3.0~alpha3-0vd1, audacious-plugins 1.3.0~alpha3-0vd1

作成。昨日の ja.po は間に合わなかったので、それだけ差し替えておいた。

_ [debian] screen 4.0.3-0.2vd1

UTF-8 な screen 上での w3m や mutt の表示がおかしかったので探してみると、screen のバグらしい情報+パッチを発見。screen-4.0.2-patch-cjkwidth-cvs-2006052001 がそのまま当たったので試してみると、表示が改善された。

ということでこれも quilt を使って作成。

_ [comp] 続々・ja_JP.UTF-8 化

vim の文字コード認識は ずんWiki - vim: 文字コードの自動認識でやろうと思ったけど全然うまくいかなかった。いろいろ ~/.vimrc を変更していて原因を発見。vim で最終行に勝手に改行をつけないようにするための set binary がまずかったようだ。これを外したところ、見事に UTF-8 だろうと eucJP だろうと Shift-JIS だろうと問題なくなった。



2009-01-26(月) なんだろ

_ [comp] mono 2.0.1-2.1 vs XIM

なんか Mono 起動しないなーと思ってリモートで調べようとしたら VNC 内だと起動した。おや?と思ってよく見ると、

% mono XXXXXXXX.exe
Could not get XIM

とか出てた。もしかしてと通常の X で

% XMODIFIERS='@im=none' mono XXXXXXXX.exe

とやってみるとすんなり起動した。

[Mono-dev] XIM and mono-winforms-2.0 のスレッドで言及されてることかな。修正は [Mono-patches] r111351 - branches/mono-2-0/mcs/class/Managed.Windows.Forms/System.Windows.Forms かと思ったけど、mono 2.0.1 にこのコードは入ってる。別の問題?


2010-01-26(火) 久々

_ [debian] python-wxgtk2.6 2.6.3.2.2-4+b1 vs python-wxversion 2.8.10.1-2

python-wxgtk2.6 2.6.3.2.2-4+b1 がインストールできない。

Setting up python-wxgtk2.6 (2.6.3.2.2-4+b1) ...
file does not exist: /usr/lib/python2.6/dist-packages/wxversion.py
pycentral: pycentral pkginstall: error byte-compiling files (260)
pycentral pkginstall: error byte-compiling files (260)
dpkg: error processing python-wxgtk2.6 (--configure):
 subprocess installed post-installation script returned error exit status 1
Errors were encountered while processing:
 python-wxgtk2.6

python-wxversion (wxwidgets2.8) 2.8.10.1-2 が python2.6 のファイルを持ってないせい? ってもしかして python-wxgtk2.6 はもう古くて python-wxgtk2.8 のほう? てことで python-wxgtk2.6 を消して python-wxgtk2.8 を代わりに入れてみたら、そちらは問題なくインストールできた。

とりあえず python-wxversion 2.8.10.1-2 の問題として #566960 に投げた。


2011-01-26(水) さらに豪雪

_ [misc] 40cmくらい

ひどい。


2012-01-26(木) 初Hurd

_ [debian] tomoe 0.6.0-1.3

DELAYED/2 NMU してたのが ACCEPT された。

_ [debian] ひとり BSP: ptex-bin

#562834: 閉じ忘れなので閉じた。

#431806: もう直ってそうなので閉じた。

ptex-bin 3.1.11+0.04b-0.2: #529135 #641555 を取り込んで、さらに hurd-i386 での FTBFS (OPEN_MAX undeclared) を対処して DELAYED/5 NMU。

_ [debian] canna FTBFS on hurd-i386

ptex-bin の FTBFS が解決したので次は canna が hurd-i386 でビルドできるか確認。ところが無理だった。

root@debian:~/canna/canna-3.7p3/dic/ideo/grammar# ../../../cmd/crxdic/crxdic  -g -s -o fuzokugo.cbd -D cnj.bits -n fuzokugo fuzokugo.swd
crxdic: cannot open grammar file cnj.bits.
root@debian:~/canna/canna-3.7p3/dic/ideo/grammar#

生成された辞書とかのファイルが壊れてるのかと思ったけど md5sum は amd64 で作ったのと変わらず。となると、どこかで処理がおかしくなってる可能性が高い。けど追い掛けられないのでお手上げ。

_ [debian] Debian GNU/Hurd (on KVM)

Debian GNU/Hurd - Debian WikiGNU Hurd/ hurd/ running/ qemu にて、pre-installed QEMU image を使う方法が紹介されているのでそれを使う。

しかし、I/O パフォーマンスがめちゃめちゃ悪い。aptitude update とか aptitude build-dep ptex-bin やら aptitude build-dep canna やら aptitude build-dep uim すると数時間単位で時間がかかる。一方、debuild でパッケージを作るのは比較的早くに終わるんだけど、準備に時間がかかって仕方がなくて、待ってる間にモチベーションがかなり削がれる。



2014-01-26(日) うげげ

_ [movie] ペンギン夫婦の作りかた

ペンギン夫婦の作りかた(BD) [Blu-ray]


2015-01-26(月) むむ

_ [debian] 続々・failed arm64 build of sigscheme 0.8.5-4.1

#758710 に patch がきてた。arm64 は release architecure になったから(Release Team Sprint Results)、修正したら unblock の対象になるのかな?


2016-01-26(火) ふむ

_ [comp] goaccess

こんな curses ベースのログ解析ツールあるのか。> GoAccess


2017-01-26(木) 遠征2日目

_ [debian] 続・ngraph-gtk 6.07.02-2

ACCEPTED.


2018-01-26(金) 遠征最終日


1970年
1月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E