«前の日(02-06) 最新 次の日(02-08)»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2004-02-07(土) uim を追う

_ [comp] xchat2/MozFB 変問題

xchat2 と MozFB が immodule/uim と相性が悪いのは、uim-helper-server の関係から、GNOME support の影響だろうか?と思ったが、xchat1 → xchat2 になったときに GNOME support は削除されたようだ。じゃあ違うかなぁ。

でも、uim-helper-server を入れたら、また xchat2 と MozFB が変になった。うーむ。これもすぐに起こるんじゃなくて、しばらく使っていると、突然 immodule が切れる感じ。勘だけど、uim-helper-toolbar-gtk{,-systray} を rename してみたが、関係なかった。

uim-helper-server だけではなく uim-gtk2.0 もまとめて uninstall して uim-xim だけを使うようにしたら、MozFB の socket/pipe 問題は置きないようだ。

ひとまず、GTK_IM_MODULE=uim-skk を指定してなかったことに気がついたので、uim-helper-server と uim-gtk2.0 をもう一度入れ直して試してみる。これが駄目だったら uim-xim のみの生活かなぁ。もっとも、MozFB が crash したときに uim-xim が巻き込まれて落ちるのはまだ起こっているわけだけれども。


2005-02-07(月) 頭痛がひどい

_ [debian] uim 1:0.4.5.999.alpha1-0vd1

uim_0.4.6alpha1-1 を頂いてきて作成。

_ [comp] uim 0.4.6alpha1 変

何か direct しかない。LIBUIM_VERBOSE=5 uim-sh とかしてログを見てみると、途中で error が起きて backtrace が出てた。調べてみると、/usr/share/uim/installed-modules.scm に

ERROR: unbound variable (errobj m17nlib-lib-init)

ERROR: unbound variable (errobj m17nlib-lib-init)

/usr/share/uim/loader.scm に

ERROR: unbound variable (errobj ERROR:)

こんなのが入っていた。一体なんだこりゃ? 調べてみると、これらはビルド時に自動生成されるもののようだ。m17nlib が怪しいみたいなので --without-m17n してビルドしてみると、installed-modules.scm loader.scm ともに問題ないものが生成された。

一応 SVN trunk を持ってきて --with-m17n で試してみる。問題ないようだ。

_ [debian] uim 1:0.4.5.999.alpha1+svn579-0vd1

SVN trunk で作成。


2006-02-07(火) HDD調査

_ [vdr] 続・HDD 崩壊の前兆?

しばらく落ち着いたと思っていたら、

Feb  6 06:25:12 XXXXXXXX kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error }
Feb  6 06:25:12 XXXXXXXX kernel: hda: dma_intr: error=0x40 { UncorrectableError }, LBAsect=237641434, sector=237641271
Feb  6 06:25:12 XXXXXXXX kernel: ide: failed opcode was: unknown
Feb  6 06:25:12 XXXXXXXX kernel: end_request: I/O error, dev hda, sector 237641271

また出ていた。さすがに対処しないとやばそうだ。

_ [comp] smartmontools

いろいろ検索していると Nano domain - diary: HDD破損ハードディスクのS.M.A.R.T.情報を表示するには という記事を発見。紹介されている smartmontools を早速導入。

# smartctl -a /dev/hda
        :                              
=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Family:     Maxtor DiamondMax Plus 9 family
Device Model:     Maxtor 6Y120P0
Serial Number:    XXXXXXXX    
Firmware Version: YAR41BW0    
User Capacity:    122,942,324,736 bytes
Device is:        In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is:   7           
ATA Standard is:  ATA/ATAPI-7 T13 1532D revision 0
Local Time is:    Tue Feb  7 14:51:22 2006 JST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Disabled    
                              
SMART Disabled. Use option -s with argument 'on' to enable it.

まずこんな感じ。SMART Disabled だそうなので有効にする。

# smartctl -s on /dev/hda
        :
=== START OF ENABLE/DISABLE COMMANDS SECTION ===
SMART Enabled.

SMART を有効にした。エラーログを見てみる。

# smartctl -l error /dev/hda
        :
=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART Error Log Version: 1
ATA Error Count: 25 (device log contains only the most recent five errors)
        CR = Command Register [HEX]
        FR = Features Register [HEX]
        SC = Sector Count Register [HEX]
        SN = Sector Number Register [HEX]
        CL = Cylinder Low Register [HEX]
        CH = Cylinder High Register [HEX]
        DH = Device/Head Register [HEX]
        DC = Device Command Register [HEX]
        ER = Error register [HEX]
        ST = Status register [HEX]
Powered_Up_Time is measured from power on, and printed as
DDd+hh:mm:SS.sss where DD=days, hh=hours, mm=minutes,
SS=sec, and sss=millisec. It "wraps" after 49.710 days.

Error 25 occurred at disk power-on lifetime: 111 hours (4 days + 15 hours)
  When the command that caused the error occurred, the device was in an unknown state.

  After command completion occurred, registers were:
  ER ST SC SN CL CH DH
  -- -- -- -- -- -- --
  40 51 4d 37 1e 2a ee  Error: UNC 77 sectors at LBA = 0x0e2a1e37 = 237641271

  Commands leading to the command that caused the error were:
  CR FR SC SN CL CH DH DC   Powered_Up_Time  Command/Feature_Name
  -- -- -- -- -- -- -- --  ----------------  --------------------
  c8 00 f0 37 1e 2a ee 08   2d+22:20:48.128  READ DMA
  c8 00 f8 2f 1e 2a ee 08   2d+22:20:47.120  READ DMA
  c8 00 00 27 1e 2a ee 08   2d+22:20:46.096  READ DMA
  c8 00 00 27 1d 2a ee 08   2d+22:20:46.080  READ DMA
  c8 00 00 27 1c 2a ee 08   2d+22:20:46.064  READ DMA
        :

に記録されたセクタで UNC (UncorrectableError) と記録されている。ショートテストをしてみる。

# smartctl -t short /dev/hda
        :
=== START OF OFFLINE IMMEDIATE AND SELF-TEST SECTION ===
Sending command: "Execute SMART Short self-test routine immediately in off-line mode".
Drive command "Execute SMART Short self-test routine immediately in off-line mode" successful.
Testing has begun.
Please wait 2 minutes for test to complete.
Test will complete after Tue Feb  7 15:14:49 2006

Use smartctl -X to abort test.

テストに2分かかるようなので待つ。結果を表示。

# smartctl -l selftest /dev/hda
        :
=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART Self-test log structure revision number 1
Num  Test_Description    Status                  Remaining  LifeTime(hours)  LBA_of_first_error
# 1  Short offline       Completed without error       00%       142         -

ショートテストではエラーは検出されなかったけど、やばそうなことに変わりはない。

_ [comp] dd でセクタ調査

最近記録されてるやばそうなセクタを調べてみる。

zcat /var/log/syslog*gz | grep "dev hda" | awk '{print $12}' | sort -n > /tmp/sectors

for i in `cat /tmp/sectors`
dd if=/dev/hda of=/tmp/dd-${i}.img bs=512 skip=${i} count=1

これで出てきた /tmp/dd-*.img を見てみると、/var/lib/apt/lists/ 以下のファイルと思しき断片が大量に出てきた。そういや apt-get update を実行した時間と syslog にエラーが記録された時間が一致する。他にも謎のバイナリデータの断片が出てきたけど、正体はわからず。

ひとまず /home ではないようなので安心したけど、早めに HDD を換装しなくては。

_ [debian] gkrellm 2.2.7-8

昨日の問題だけど、即 FIX された。

2.2.7-7vd1 を削除。

_ [debian] xft 2.1.8.2-3

pkg-config xft が freetype2 のパスを吐き出してくれない問題が FIX された。

_ [debian] firefox 1.5.dfsg+1.5.0.1-1vd1

を当てて作成。

bugzilla-org_bug-316636_nsTableFrame.cpp-3.622vs3.623.patch (nsTableFrame.cpp: 3.622 vs. 3.623) は不要になったけど、続・MozFx 1.5 が落ちるページBugzilla ORG 316636 は未だに見えない。

また、Pango サポートがデフォルトで有効になった。


2007-02-07(水) 謎のリセット

_ [debian] sylpheed 2.4.0~beta3-0vd1

作成。

_ [comp] kernel 2.6.20 + suspend2 2.2.9.3 (swappartition+swapwriter) 変

suspend 時に電源が切れたかと思ったらすぐ復活する。何なんだろう。

_ [comp] kernel 2.6.20 + suspend2 2.2.9.5 (swappartition+swapwriter) 変

2.6.20 対応の 2.2.9.5 が出ていたので試してみる。suspend 後にファンとか止まるんだけど、そのまま電源が切れずに復活する。何だろうこれは。BIOS の Wake Up 設定はいじってないし、すぐに以前の kernel 2.6.19.2 + suspend2 2.2.9.3 に切り替えて試したけど、こちらはちゃんと電源が切れた。

探してみると、2.6.20-rc* で入ったバグらしい。> Re: Regression in kernel linux-2.6.20-rc1/2: Problems with poweroff

CONFIG_USB_SUSPEND=y だと電源が切れずに復活するようだ。今なら直ってるかもしれないけど以前は固まっていたので n にはできない。

Bugzilla Bug 7828 Reboot instead of powerdown with 2.6.20-rc4 or 2.6.20-rc5 にパッチが出ているので試してみる。電源は切れるようになったけど、それで resume すると kernel panic。しばらく 2.6.19.2 で様子を見よう。


2008-02-07(木) どれだったかわからんけど

_ [debian] file 4.23-1

file core で詳細が出ない件は直ったようだ。




2011-02-07(月) ごそごそ

_ [debian] aspell 0.60.6-5 変

debian/control のスペルチェックをしようとしたら、

% aspell -d en -D -c debian/control
Error: The filter "debctrl" does not exist.
%

となってしまった。どうやら #612051 らしい。これに対処した aspell 0.60.6-6 は OK。

_ [debian] nkf 2.1.1

2.0.7 のままだったのでリクエストしてみた。> #612301


2012-02-07(火) フルパワーまだ

_ [debian] 続・tmpfs

よく調べてみたら、既に /tmp はメモリ 10% の tmpfs になってて /etc/fstab で指定したのは二重 mount になってた。debian の流儀では /etc/default/tmpfs で指定するようだ。

% grep -vE '^(#|$)' /etc/default/tmpfs
TMPFS_SIZE=20%
RUN_SIZE=10%
LOCK_SIZE=5242880 # 5MiB
SHM_SIZE=
TMP_SIZE=
%

指定のないところは TMPFS_SIZE が使われるらしい。/run と /dev/shm (/run/shm) の割り当ては大きすぎるし、/tmp の割り当ては小さすぎるので、

% grep -vE '^(#|$)' /etc/default/tmpfs
TMPFS_SIZE=1%
RUN_SIZE=
LOCK_SIZE=5242880 # 5MiB
SHM_SIZE=
TMP_SIZE=30%
%  

とした。

_ [debian] iceweasel 11.0~b1-2 変

mozplugger 経由の埋め込み evince で pdf が見られなくなった。

sh: acroread: コマンドが見つかりません
sh: acroread: コマンドが見つかりません
WARNING: pipe error (52): 接続が相手からリセットされました: file /tmp/buildd/iceweasel-11.0~b1/ipc/chromium/src/chrome/common/ipc_channel_posix.cc, line 419

となって真っ黒になる。ところが LANG=C LC_ALL=C で iceweasel を起動すると、ちゃんと pdf が iceweasel ウィンドウの中に埋め込みで表示される。なんで?



2014-02-07(金) OK

_ [debian] 続々・DM permission 設定変

old dcut じゃだめなのかなと思って dput-ng を使ってみる。

% dcut dm --uid 0x891D7E07 --allow ruby-commander ruby-numru-misc ruby-numru-units
Uploading commands file to ftp.upload.debian.org (incoming: /pub/UploadQueue/)
        :
Uploading dai-1391768068.dak-commands to ftp-master

さてどうなるかな。

今度は成功した。

_ [debian] 続・ruby-parslet 1.5.0-1

ACCEPTED。

こちらも dcut dm --allow した。


2015-02-07(土) GO

_ [debian] 続々々々々々々・failed arm64 build of sigscheme 0.8.5-4.1

sparc でのビルドも完了した。あとは unblock request の処理を待つだけ。


2016-02-07(日) むむ

_ [debian] 続々々・libhinawa 0.7.0-1

NEW なのにもう入った。早い。

_ [comp] uim master をビルドするには

make[2]: *** No rule to make target 'functable-sscm-core.c', needed by 'all'. より。

./make-wc.sh
make

で OK。make-wc.sh の後に configure を打ったら動かない。

_ [comp] uim Build error with Qt-5.5.1

Build error with Qt-5.5.1 より。

ざっと見たところ、またヘッダが抜けるようになったみたい。どの時点からかはわからないけど、

--- uim/qt4/immodule/plugin.cpp 2016-02-07 12:23:36.964570942 +0900
+++ uim/qt4/immodule/plugin.cpp 2016-02-07 12:45:10.637528224 +0900
@@ -46,6 +46,7 @@
 # if defined(Q_OS_UNIX) && !defined(Q_OS_MAC)
 #  include <QtX11Extras/QX11Info>
 # endif
+# include <QtCore/qdatastream.h>
 # include <qpa/qplatforminputcontext.h>
 #endif

で通るようにはなった。厳密にはいつの Qt5 からなのかは要調査。


2017-02-07(火) はてさて

_ [debian] 続・wine 2.0 vs. wine 1.6

フォント描画に問題があるっぽいけどいまいち原因が掴めず。そろそろ移行はしたいんだけどな。


1970年
2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E