«前の日(03-15) 最新 次の日(03-17)»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2003-03-16(日) 砂丘卒業の日...なのか?

_ [えふえふ] シ(↑1)

予想以上のサクサクペースでシーフが 19 に。これで Valkurm での不意打ちコンボの日も今日で終わり。今思ってみれば、モンクを 17 で止めたのはちょっと失敗だったかもしれない。一気に 19 までやっておくべきだったと思いつつ翌日に賭けてみる。


2004-03-16(火) TiMidity++ GTK+2 対応作戦

_ [comp] mozilla history.dat どうにかして

mozilla の history は netscape 時代から 9999 日保存する設定になっているので、現在 50M 近くある。このため、mozilla を起動した後、history の処理に膨大な時間がかかってしまう。で、常々ダイエットしなければと思っているのだけれども、mozilla の history.dat に使われている mork とかいう format はひどすぎる。さっぱり理解できない。

で、ここのところ mork に関する文献やらプログラムやらを探していたが、ようやく見つけた。when the database worms eat into your brain に mork.pl という perl script が置いてあるので、食わせてみた。めっちゃスラッシングして OOM Killer に perl が殺された。さすがに 50M 近くは無謀だったか...。とりあえず足掛りは見つけたので、自分で何とか作ってみるか...。

あと直接関係ないけど、そこの weblog の BBS では、mork とその作者について下品な 4 文字言葉を用いてボロクソに書いてあるなぁ。当たり前か。

_ [debian] timidity 2.13.0-rc1-CVS20040221-1

これになって libgtk1.2 を要求しなくなったので、あれ?いつの間にか GTK+2 対応になってた?と思ったら、timidity-interfaces-extra のほうで libgtk1.2 を持つようになってただけだった。ちぇ。

_ [debian] lm-sensors 2.8.5-3vd1

とりあえず CVS から引っ張ってきて作成。CVS source に lm-sensors_2.8.5-3.diff.gz を当てると、2.8.5 と CVS の差分が一部含まれているようで rej が出るが無視して OK。

_ [debian] include/linux/version.h 消滅問題

2.6.4-mm1 and -mm2: include/linux/version.h missing (vanilla ok) によると、2.6.4-mm* では make clean で include/linux/version.h を消すようになっていて、make-kpkg がコンパイル完了後に make clean を実行するから、ということのようだ。ということで、書かれている通り、/etc/kernel-pkg.conf に

do_clean := NO

を追加してみた。

_ [debian] tdiary 1.5.6+20040315-0vd1

作成。

ついでにレイアウトとかちょっと変えてみる。カテゴリ一覧を出力できるようになったので早速追加。ん、debain って何だ... typo 発見、ということで修正。

_ [comp] timidity GTK+2 対応

結構大変だ...。まずは gtk-config を pkg-config gtk+-x11-2.0 に交換しただけで make し、コンパイルエラーやら警告やらを潰す。よくわからない部分は、他の GTK+1 アプリに対する GTK+2 移行 patch とか、GTK+2 なアプリのコードを参考に手探りで。

  • GTK_SIGNAL_FUNC を G_CALLBACK に変更。
  • gtk_accel_group_get_default を gtk_accel_group_new に変更。
  • gtk_tooltips_set_colors は消滅したので削除。
  • GtkText は depracated につき、GtkTextView に変更。

と、他にもまだまだあるんだろうけど、ここで GtkTextView にはまる。うまいこと描画できなかったり、自動でスクロールしてくれなかったり。いいもの見つけた。> Scroll to the end of a TextView ここで例示されているコードをそのままぶち込んだら一部おかしいようだが、スクロールはするようになった。あとできちんとチェックすることにして次。コメントとかに含まれてる日本語を表示しようとする際に、

(<unknown>:14614): Gtk-CRITICAL **: file gtktextbuffer.c: line 543 (gtk_text_buffer_emit_insert):
assertion `g_utf8_validate (text, len, NULL)' failed

とか出るし、日本語部分も表示されない。g_utf8_validate について調べてみると、文字列が UTF-8 かどうかを調べる関数のようだ。GTK+2 のウィジェットに渡す際は UTF-8 じゃないと駄目ってことらしい。MIDI に含まれてる日本語は(多分) Shift-JIS ばっかりだろうなー。ということで、変換してやる。

gchar *message_u8;
:
message_u8 = g_locale_to_utf8( message, -1, NULL, NULL, NULL );
:
gtk_text_buffer_insert(textbuf, &end_iter, message_u8, -1);
:
g_free( message_u8 );

こんな感じ。Gtk-CRITICAL も出なくなったし、日本語も表示されるようになった。

でもまだまだ終わらない。


2005-03-16(水) あたふた

_ [research] 共通部, N-mod

昨日発覚したバグを修正。

メソッドをまたいで切った貼ったしたら、変数名が若干違ってるままで、それに気付かずに発表してしまった。がー。

_ [comp] tail --follow=name と -F

file-A
file-B
file -> file-A

という、file-A に対して file という名前の symlink を張っている状況で「tail -f file」していたとする。その状態のまま、

file-A
file-B
file -> file-B

のように symlink の張り先を file-A から file-B に切り替えたとしても、「tail -f file」は file-A の状態を見続けている。symlink の張り先が切り替わったらそれに追従してくれないものか、と探してみたら、

tail --follow=name file

というロングオプションをつけてやると、symlink の張り先が変わってもそちらに追従するようになった。

さらに「--follow=name --retry」と同じ意味の -F というオプションがあるようだ。

_ [comp] swatch --tail-args

これを受けて、swatch を

swatch --tail-args '-n 0 -F' -c .../swatchrc -t .../log

としてみた。


2006-03-16(木) 休み

_ [misc] 風邪

だるいわくしゃみが止まらんわで。



2008-03-16(日) 寝る

_ [audacious] audacious/po/ja.po

ja.po 更新。> 4349

_ [movie] 武士の一分

武士の一分 [DVD]


2009-03-16(月) まだまだか

_ [comp] Moonlight vs GyaO

一部は Silverlight な箇所があるけど、本命が全然だな。


2010-03-16(火) debugできないな

_ [debian] cifs-utils 2:4.0-1 変

mount.cifs が SEGV するようになった。smbfs 2:3.4.7~dfsg-1 から cifs-utils 2:4.0-1 の mount.cifs に変わったせい? BTS には出てないので本家 ML を漁ってみると、[PATCH] mount.cifs: check for NULL addr pointer before handling scopeid というのを発見。これを当てると落ちなくなった。

てことで #574128 に登録しておいた。


2011-03-16(水) 計画停電3日目

_ [misc] 続x5・地震

今日も混乱はなかった。


2012-03-16(金) こりゃあかん

_ [debian] BSHSBE10 vs bluez 4.99-1 / 4.96-3

Skype 用に BSHSBE10 を買ってみた。で、Using Bluetooth in a Debian systemBluetooth/Alsa を参考に bluetooth, bluez, blueman パッケージを入れて設定。しかし mplayer が、

bt_audio_service_open: connect() failed: Connection refused (111)
[AO_ALSA] Playback open error: Connection refused
Failed to initialize audio driver 'alsa:device=bluetooth'
Could not open/initialize audio device -> no sound.

となってしまう。探してみると、#663919 があった。bluez 4.99-1 を入れていたけどそれだとうまく動かないらしい。そこで 4.96-3 に戻してみると、再生はできるようになった。しかし、録音ができないのでマイクとして使えない。また、一度切ったら見つからなくなった。さらに、skype で bluetooth を選んでも使えないみたい。


2013-03-16(土) 遠征6日目

_ [movie] アリス・イン・ワンダーランド, セブン・イヤーズ・イン・チベット

アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ [Blu-ray] セブン・イヤーズ・イン・チベット [Blu-ray]



2015-03-16(月) 在来線

_ [misc] 平日初日

大混雑らしい。


2016-03-16(水) なんだ

_ [comp] dnsmasq

なんだかネットワークの接続し始めが遅いなと思ってたら、dnsmasq を参照するような resolv.conf だったのに dnsmasq が停止してた。resolv.conf のほうを修正。


2017-03-16(木) 当てるべきか

_ [comp] 続・uim: Qt5 immodule: build failure as "target.path is not defined"

それ の指定では id がわからない〜。これかな? > Fix source url and build error


1970年
3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E