«前の日(04-10) 最新 次の日(04-12)»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2003-04-11(金) なんかいろいろはまり日

_ [kip] Shuttle X 大はまり

Shuttle X という何ていうんだ?サイコロ形の小さいマシンが何台かきたんだが、それの diskless マシンにするのになにやら設定に苦労してる模様。こいつは PXE 対応の NIC が on-board でついてるので、FDD も外して完全 diskless にできるのだが、それではまっているらしい。

  • network boot を BpBatch というのでやろうとしているようだが、dhpcd が 3 だとオプションが変わっててオプションが通らない。
  • うまくいく方法があるはずだ、と代わりに探してやったら、「option option-135 code 135 = text;」てオプションを dhcpd.conf に書いてやれば「option option-135 "-i";」が通るようになり、解決。
  • BpBatch で vmlinuz を取ってくることまでできるようになったが、「invalid compressed format (err=2)」が出て kernel image の伸長に失敗する。なんだこれ?
  • option-135 問題が解決してないときに、BpBatch のかわりに nbgrub を拾うようにすれば?とアドバイスしてやった。
  • ところが NIC の検出に失敗。話では RTL8201 と聞いたんで、--enable-rtl8139 が入ってる grub なら OK だろうと思ってたら違ってた。よく調べてみると RTL8201 のためには --enable-sis900 らしい。単純に追加して再コンパイルしたが、RTL8201(SiS900) の前に RTL8139 のほうを誤検出してしまい、負け。--enable-sis900 だけにして再コンパイル。今度はきちんと RTL8201 を検出して起動したと思いきや、grub shell では何故か SiS900 がみつからない、と言ってくる???ってかこれって本当に RTL8201(SiS900) なのか? CDROM ドライブをつけて KNOPPIX あたりで追試験か...。結局 NIC が何かを確認してからが勝負だな...。

_ [kip] FreeBSD 全廃

LDAP の関係で FreeBSD はポイ。入れたい人は入れていいけど、管理はしないよ、って方針。


2004-04-11(日) 全力疾走

_ [misc] 日本語キーボードだとコードが書けない

us/pc101 じゃないとコードの書けない体になっているようだ。

_ [comp] xmms-openspc bmp(GTK+2) 対応

xmms-openspc を bmp(GTK+2) に対応してみた。ほとんどが bmp 対応部分で、GTK+2 な箇所は

-GTK_WINDOW_DIALOG
+GTK_WINDOW_TOPLEVEL

くらい。patch はこれ > vd_bmp_xmms-openspc-0.0.3.patch

floating point exception 問題 fix patch も含んでいる。それにしても 1年前なのか。

_ [debian] xmms-openspc 0.0.3-0vd1, 0vd2

ついでに deb も作成。floating point exception 問題 fix patch を当て忘れていて、2.6.5-aa5 だと盛大に刺さったので 0vd2 作成。

bmp-openspc とかにしたほうがよかったかな。

_ [comp] xmms-openspc 0.4.0rc0 bmp(GTK+2) 対応

もしかしたらと思って探してみたら、CVS を発見。CVS からの引っ張り方はこちらを参考に。

CVS 版では floating point exception 問題 fix patch の原因となっていた部分はファイルごとなくなっているようだ。さらにlibopenspc を外に持っている模様。ということで OpenSPC snapshot を頂いてくる。

0.0.3 から CVS 版の差分 + GTK+2 対応版のブツはこれ > vd_bmp_xmms-openspc-0.0.3+0.0.4rc0.patch

_ [debian] xmms-openspc 0.0.3-0vd3 & openspc 0.3.99.0.20030109-0vd1

xmms-openspc 0.4.0rc0 と、それに必要な libopenspc。

_ [debian] ifupdown 0.6.4-4.8

#242867 が close されたようだ。ということで hold 解除。

_ [debian] xmms-festalon 0.2.4-1vd1

bmp対応。s/xmms/bmp/g だけで OK。

_ [comp] VPN 実験

手が出せない位置のほげほげがほげほげなんで下準備のみ。

server/client 共通

  • mppe が有効な pppd を入れる。(Debian なら ppp 2.4.2+20040202-1 で OK?)
  • http://public.planetmirror.com/pub/mppe/ より kernel patch の取得。linux-2.4.21-openssl-0.9.6b-mppe.patch.gz / linux-2.6.0-test9-openssl-0.9.6b-mppe.patch.gz
  • CONFIG_PPP{,_ASYNC,_DEFLATE,_BSDCOMP,_MPPE} および CONFIG_NET_IPGRE を有効にして kernel 再構築。
  • /etc/modutils/aliases に次のエントリを追加し、update-modules。(Debian 以外なら /etc/modules.conf で、書くエントリもっとたくさん)

alias ppp-compress-18 ppp_mppe
alias tty-ldisc-13 n_hdlc

PPTP server

  • pptpd を install。(pptpd 1.1.4.0b4-1)
  • /etc/pptpd.conf の localip と remoteip を設定。
  • /etc/ppp/pptpd-options の name、domain、ms-dns、ms-wins を設定。
  • /etc/ppp/chap-secrets の設定。
  • TCP 1723 ポートと GRE 47 を開ける。
  • pptpd を起動。

PPTP client

  • pptp-linux を install。(pptp-linux 1.3.1-1)
  • /etc/ppp/options の「auth」をコメントアウト、「noauth」を追加。(see: VTun - FAQ)
  • pptp-command で設定 & 実行。

参考

pptp-command の設定がどうもうまくいかない。


2005-04-11(月) 明日は最終面接

_ [debian] subversion 1.1.4-1vd1

Large File Support を有効にした libapr0 上で作成。

_ [debian] egg 4.0.6+0.20041122cvs-7vd1

tamago-current-thidhi.patch.gz を当てて作成。

_ [debian] ATI Linux driver packages for Debian apt-line

バイナリの apt-line がちょっと変更になってた。

_ [unicon] 続々々々々々々・UNICON 2.6.11 対応メモ

前回のものに加えて

  • linus.patch
  • xen-vmm-4-runtime-disable-of-vt-console.patch

を当ててみたが、問題は発生せず。

patch を1つずつ当てて確認するにしても 900 近くあるし、もうちょっとマシな方法はないものか。コードのことをもうちょっとよくわかればいいんだけど。

_ [えふえふ] 白(↑1)

寸止めだったので。


2006-04-11(火) 荒れた天気

_ [debian] xorg 7.0 が unstable に

xorg 7.0 が unstable に入るようだ。> Accepted xorg 1:7.0.10 (source i386 all)

libxft-dev のヘッダの件も同時に対策されるようだ。> Accepted xft 2.1.8.2-6 (source i386)

_ [comp] 続・LaVie RX LR700/8 故障

一晩放置して電源を入れてみたけどやっぱり駄目。完全に終わったか。


2007-04-11(水) 右腕が何故か痛い

_ [debian] teTeX is gone, beware of build-dependencies

最近 TeX 使ってないんだけど、teTeX から TeX Live に移行になるそうだ。> teTeX is gone, beware of build-dependencies

_ [debian] mcs 0.4.1-1

mcs 0.3.3-0vd1 は削除。これに依存してる audacious 1.3.1-2 も入ったみたい。

audacious 1.3.2-0vd1 は一応このまま動いてるみたいなのでちょっと様子見。




2010-04-11(日) 逆に夜眠れない

_ [movie] 半落ち

半落ち [DVD]


2011-04-11(月) 2か月ぶり

_ [debian] 久々 uim メンテ

#556514 で言われてる binutils-gold って何ぞやと探してみると、「金」じゃなくて「何とかLD」らしい。何の略なのか書いてないけど。> gold (linker)

ということで binutils-gold を入れてビルドしてみると、1.5.6 はそこで言われているように失敗して、1.6.1 は問題なかった。どこかで対処されたんだろうと思って SVN を見てみると、r6148 で修正されてたようだ。

ということで #556514 には fixed-in-experimental をつけた。

_ [debian] 続・tdiary: new upstream 2.2.2 was released

3.0.1 がパッケージングされて close された。> #542801

_ [debian] udev 167-2

* Only use /run if it is a tmpfs. (Closes: #621036, #620995)

[/usr/share/doc/udev/changelog.Debian.gzより引用]

ということで、/run directory が実体で存在していても大丈夫になったようだ。


2012-04-11(水) これは

_ [misc] 風邪

鼻水もひどくなってきた。



2014-04-11(金) もうちょい

_ [movie] GANTZ PERFECT ANSWER

GANTZ PERFECT ANSWER [Blu-ray]


2015-04-11(土) 休息

_ [misc] 睡眠日

1日中寝てた気がする。


2016-04-11(月) 休み明け

_ [misc] 眠い

眠くてどうにもならん。


2017-04-11(火) 便利

_ [debian] gtk3-nocsd

以前 見つけた CSD (Client Side Decoration) を無効にする gtk3-nocsd コマンドが Debian パッケージになってたので入れることにした。> gtk3-nocsd


2018-04-11(水) 半休

_ [movie] インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説 [Blu-ray]


1970年
4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E