«前の日(05-26) 最新 次の日(05-28)»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2003-05-27(火) plugin バグ修正

_ [rime] plugin バグ修正とか

  • 保管がバグってるっぽい。他人の URI にも反応している。
  • 保管がバグってるっぽい。一度に大量に保管されることもある。

発言者の確認を忘れていただけだった。条件式を一つ追加して fix。

  • 発言に色つけたりしなくてもいいだろう

設定できなくした。本当は設定できたほうがいいかもしれないけど繁雑になるので一旦削除。

  • あと、保管時の notice がやかましい

privmsg か notice か黙って仕事するか選べるようにした。

保管リストで順番がばらばらに出てくるので、ORDER BY dt_date を追加。

これとは別に、auto/oper でメッセージ中に nick を含められるようにした。

_ [comp] xchat の /privmsg と /msg コマンド

むプラグインの保管をチェックしているときに気付いたのだが、

/privmsg rime control command

だと、

PRIVMSG rime :control

となってしまっていて、コマンドが送られていなかった。

/msg rime control command

ならば、

PRIVMSG rime :control command

となってくれた。この違いに何か意味あるんだろうか。ソースを見てみるか。

_ [kip] ldap ESTABLISHED しすぎ問題

どうもよくわからん。

nscd が1つしか上がってない問題は、勘違いであることが判明。procps が新しくなって仕様が変わったのか、m オプションをつけないとスレッドが表示されないようだ。ps auxwwwm としてみると、nscd はちゃんと指定の数だけ起動していた。

glibc を make していたら、netstat -nta | grep 389 | wc -l の結果が 1000 を越えて、slapd 吹っ飛び。今これを書いている状態でも 40 近くある。

一体何が問題なんだろうか。


2004-05-27(木) まあいいのかなぁ

_ [kip] lvm 復旧?

多分復旧。

データコピー時の

hdX: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error }
hdX: dma_intr: error=0x84 { DriveStatusError BadCRC }

については、

hdparm -X udma5 /dev/hdX

として udma6 から udma5 に落とすことによって回避できた。

_ [comp] TiMidity++ GTK+2 対応 patch

GTK+ はもちろん GTK+2 のことをまるで分かってないやつが作ったかなり不完全なものだけど、探している方がいるようなので、vd_timidity++-gtk2-20040316.patch として転がしておこう。つか build system には手を入れていないので、これを当てて一発 make というわけにはいかないけれど...。

今は TiMidity++ の GTK+ インターフェイスを使わずに beep-media-player の TiMidity++ plugin を使って MIDI を聞いているので、TiMidity++ GTK+2 対応 patch のメンテはこの先ないかも。

_ [debian] libcvs-ruby 0.2+20040527-0vd1

とりあえず作成。

_ [debian] fluxbox 0.9.9-0vd2

0.9.8 に戻すと xawtv を終了させても X が落ちる(というより fluxbox が落ちる?)ことはなくなったような気がする。ということで、CVS から引っ張ってきて作成。しばらく様子見。


2005-05-27(金) 熱暴走に時間取られた

_ [comp] Tab Mix 0.2.1-enh + 日本語 locale

Tab Mix 初代サイトは 404、Tab Mix 2代目サイトは一時復活していたものの転送量制限に引掛ったらしく現在見ることはできなくなっている。Extensions - MozillaZine Forums を見てみると、Tab Mix 0.2.1 is available 2005-05-04 及び Tab Mix 0.2 is available 4/18/05 に情報が出ているようだ。0.2 のトピックによると、非公式拡張版が作成されている模様。日本語 locale も公開されている。

  1. tab-mix-0.2.1-enh.xpi を頂いてくる。
  2. pref-tabmix.dtd を頂いてくる。
  3. tab-mix-0.2.1-enh.xpi を unzip。
  4. chrome/tabmix.jar を unzip。
  5. locale/ja-JP/tabmix/ を作成し、そこに pref-tabmix.dtd を cp。
  6. locale/en-US/tabmix/contents.rdf を locale/ja-JP/tabmix/contents.rdf に cp し s/en-US/ja-JP/。
  7. unzip したものを順次 zip し直す。

としてできた tab-mix-0.2.1-enh_J.xpi を install。6. の手順が正しいのかわからなかったけれど、問題なく動作しているようだ。Mozilla 言語パック内部構造 をさらっと見てみたが多分よさそうだ。

一方、Extensions - The Extensions MirrorTab Mix discussion によると、MozFx trunk 対応版 が作成されているようだ。

_ [vdr] 高温

ここのところ、vdr.jp の温度が非常に高い。MRTG によると3 月下旬ごろからじわじわ上がり始め、5月中旬ごろから急激に上昇している。3月下旬は確かに急に暑くなり始めたころだったからそれのせいかと思われる。5月中旬の上がり始めはちょうど kernel を 2.6.11.7 から 2.6.11.9 にした日と重なるんだが...。

ひとまず kernel を 2.6.11.10 にして、ファン回転数を制御させるために ACPI を有効にしてみた。ついでに MRTG でファンの速度も記録するようにした。

BIOS のほうを確認してみると設定温度が 68℃ になっていたのでこれを 40℃ に下げた。こっちの設定のほうが問題だったような気がする。

40℃でも6時間くらいで CPU ファンの動きが悪くなったので、下限の30℃に設定し直した。これからの季節は温度によって回転数が変わる設定じゃ駄目かもしれない。

うるさくなるけど、回転数固定にした。

_ [comp] /sbin/depmod SEGV

2.6.11.10 をビルドしている途中でビルドマシンがクラッシュ。今日も暑いので熱暴走だろうか? 再起動してビルドを再開。すると最後の

if [ -r System.map ]; then /sbin/depmod -ae -F System.map \
-b /usr/src/linux-2.6.11.10-XXXXXXXX/debian/tmp-image -r 2.6.11.10-XXXXXXXX; fi

で SEGV った。何事かと調べてみると、先程のクラッシュ で System.map が壊れたようだ。

NM=nm sh ./scripts/mksysmap vmlinux System.map

して System.map を再生成してやるとビルドは正常に終了した。

_ [research] 続・全体を考える

全てを捨て去る必要はないようだ。拡張することで対応できそうな感じ。目処がついたのでコードのほうも書く。


2006-05-27(土) まだだるい

_ [comp] 続・uim-toolbar-gtk 固まる

r3493 で ekato さんに直して頂けた。

_ [debian] uim 1:1.0.999+1.1.0-alpha-0vd1

1.1.0-alpha に r3493 の差分 を適用して作成。


2007-05-27(日) 休み

_ [misc] よく寝た

三度寝くらいした。



2009-05-27(水) 眠い

_ [debian] mono 2.4+dfsg-2

unstable にやってきたので早速入れてみようとしたら、

The following packages have unmet dependencies:
  mono-2.0-runtime: Depends: mono-jit (= 2.0.1-6) but it is not installable
                    Depends: libmono-corlib2.0-cil (= 2.0.1-6) but 2.4+dfsg-2 is to be installed.
                    Depends: mono-2.0-gac (= 2.0.1-6) but 2.4+dfsg-2 is to be installed.

といった具合で

The following NEW packages will be installed:
  libmono-i18n-west2.0-cil{a}
The following packages will be REMOVED:
  libmono-i18n2.0-cil{u} mono-2.0-runtime{a} mono-common{a} mono-jit{a}
The following packages will be upgraded:
  libmono-accessibility2.0-cil libmono-corlib2.0-cil libmono-data-tds2.0-cil
  libmono-data2.0-cil libmono-getoptions2.0-cil libmono-posix2.0-cil
  libmono-security2.0-cil libmono-sharpzip2.84-cil libmono-sqlite2.0-cil
  libmono-system-data2.0-cil libmono-system-web2.0-cil libmono-system2.0-cil
  libmono-webbrowser0.5-cil libmono-winforms2.0-cil libmono0 libmono2.0-cil
  mono-2.0-gac mono-gac mono-gmcs mono-runtime mono-utils

mono-2.0-runtime をはじめ、いくつかのパッケージが削除されようとしてしまう。まだ一部のパッケージが入ってきてないのかな?と思って Accepted mono 2.4+dfsg-2 (source i386 all)Accepted mono 2.4+dfsg-1 (source i386 all) を見てみると、mono-2.0-runtime mono-common mono-jit は別パッケージに統合されたためになくなったようで、libmono-i18n2.0-cil は libmono-i18n-west2.0-cil があれば大抵は事足りるから? CJK な環境は事足りないほうに入ると思うが、とりあえずこのまま続行。インストールは無事完了。

ということでいつものアプリを起動してみると、

Unhandled Exception: System.ArgumentException: Encoding name 'Shift_JIS' not supported

案の定これなので libmono-i18n2.0-cil を追加インストール。そしたら無事動作した。


2010-05-27(木) おそいしはまった

_ [debian] uim vs S/390

hercules にインストールしたりしてようやく #566978 の FTBFS 解決。しかし autotools とか cdbs とかハマリ多し。> Debian s390でuim 1.5.7のビルドがSEGVするようです




2013-05-27(月) 疲れた

_ [misc] 休憩

休みがなかったようなものなので。


2014-05-27(火) 遠征後

_ [misc] 休憩

疲れてた。


2015-05-27(水) 開始

_ [vdr] Infrataster

ちょっと実験。



2017-05-27(土) ついに

_ [debian] Planned release of stretch on 2017-06-17

ついに発表。> Planned release of stretch on 2017-06-17 and the last weeks up to the release



2003年
5月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E