«前の日(06-24) 最新 次の日(06-26)»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2003-06-25(水) 研究を少々

_ [research] ls-lR の差分を処理しやすく

ただ ls-lR の差分を取っただけだと後の処理が面倒なので、整形する。nntp の control のように、というヒントを得て、例えば

= patch-aa,v
- patch-ac,v
+ patch-codes_c,v

上から、変更、削除、追加というような感じで整形してみた。

_ [えふえふ] 吟(↑1)

ちまちまやってようやく吟 65 でひとくぎり。


2004-06-25(金) 若干だらだら

_ [debian] mozilla 2:1.7-2

GNOME 芋蔓が解消されたようだ。

_ [えふえふ] 侍(↑2)

ちょっと PT 作るのが大変だった。


2005-06-25(土) 風邪引き3日目

_ [misc] 治り始め

病院でもらってきた薬が効いたのか、頭痛は収まってきた。


2006-06-25(日) 短い休みだった

_ [debian] xchat 2.6.4-2vd1

ja.po をちょっと修正して作成。



2008-06-25(水) +b1 はヴァージョン付けるのに困る

_ [debian] w3m 0.5.2-2+b1vd1

Rebuild against libgpm2.


2009-06-25(木) 何だろな

_ [debian][amd64] 続々・linux-image-2.6.30-1-amd64 2.6.30-1 変

rootdelay=10 じゃ短いのか、そもそもこれが原因じゃないのかわからないが、また起動途中で止まってしまった。

とりあえず rootdelay=30 に延長。

* Enable PATA_JMICRON instead of legacy BLK_DEV_JMICRON. (closes: #431500, #458493)

[/usr/share/doc/linux-image-2.6.30-1-amd64/changelog.Debian.gzより引用]

となっていたので、jmicron から pata_jmicron に変わったのが mount できないことがある原因かと思ってたんだけど、

% ls /sys/bus/pci/drivers/ata_piix
0000:00:1f.2  0000:00:1f.5  bind  module  new_id  remove_id  uevent  unbind
% ls /sys/bus/pci/drivers/ata_piix/0000:00:1f.2/host0/target0:0:0/0:0:0:0/block
sda
% ls /sys/bus/pci/drivers/ata_piix/0000:00:1f.2/host1/target1:0:0/1:0:0:0/block
sdb
%

% ls /sys/bus/pci/drivers/pata_jmicron/
0000:04:00.1  bind  module  new_id  remove_id  uevent  unbind
% ls /sys/bus/pci/drivers/pata_jmicron/0000:04:00.1/host6/target6:0:0/6:0:0:0/block
sdc
% ls /sys/bus/pci/drivers/pata_jmicron/0000:04:00.1/host6/target6:0:1/6:0:1:0/block
sr0
%

そもそも sda は ata_piix だった。hda が sdc に変わったのは jmicron から pata_jmicron に変わったためっぽいけど。

Boot-time, probe-time issues continue to persist in some cases, related to the "PCS" register. The ata_piix driver in 2.6.18 and later provides a "force_pcs" module option to help users deal with this (values: 0=default, 1=ignore PCS, 2=honor PCS). Play around with 'force_pcs' if you have device detection problems.

[Serial ATA (SATA) Linux hardware/driver status report: Intel ICH "IDE" modeより引用]

というのがあったけど、これ関係なのかな? と思ったけど、このオプションは 2.6.19 までのもので、2.6.20 以降には存在してないようだ。



2011-06-25(土) よし

_ [debian] 続々々々々々々々々・uim メンテナンス

これで upload をお願い。


2012-06-25(月) 追い付いた

_ [debian] 続・updmap-setup-kanji 変

texlive-lang-cjk 2012.20120611-2 で直った。

# updmap-setup-kanji status
CURRENT family : ipaex
Standby family : ipa
#


2013-06-25(火) 遠征2日目

_ [debian] 続・RM: ptex-bin

対応された。> #711880

_ [debian] uim-canna: can not connect to server on other host

#713997 パッチつきでレポートされていたので forward。> uim-canna: can not connect to server on other host

ほどなく upstream に取り込まれた。次期 upstream release 時に対応予定。



2015-06-25(木) うーん

_ [debian] glib2.0 2.44.1-1.1

i386 の FTBFS で、なかなか降りてこない。


2016-06-25(土) ううむ

_ [debian] 続・uim 1:1.8.6+gh20160621.0.87bf935-1

#810351 を閉じてなかったので閉じた。

同じ轍 を踏まないように、-done に

Control: fixed -1 uim/1:1.8.6+gh20160621.0.87bf935-1

をつけて送ったけど反応なかった。-done 宛ではだめなのかな? 調べてみると、

Note that the preferred way of closing bugs, at least the first time, still is sending a message to NNNN-done@bugs.debian.org, but your message pseudo-header needs to include a "Version:" field to get the right version in the "fixed" list.

[BugsVersionTrackingより引用]

-done 宛は

Version: 1:1.8.6+gh20160621.0.87bf935-1

でよかったのかな。

_ [debian] 続々・uim 1:1.8.6+gh20160621.0.87bf935-1

libuim-data で umreproducible build が出てしまった。どうやら今回含めるようにした /usr/share/uim/tables/wb86.table のソート順序?に問題があるみたい。LANG=C sort してるから大丈夫だと思ったんだけどな。

あ、table は含めたけど scm を含めるの忘れてた…。これを直すときに一緒に直そう。

_ [debian] samba 2:4.4.4+dfsg-1 変

2:4.4.3+dfsg-4 から上げたら samba-ad-dc が起動しなくなった。

Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/nmbd.service → /lib/systemd/system/nmbd.service.
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/samba-ad-dc.service → /lib/systemd/system/samba-ad-dc.service.
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/smbd.service → /lib/systemd/system/smbd.service.
Job for samba-ad-dc.service failed because the control process exited with error code.
See "systemctl status samba-ad-dc.service" and "journalctl -xe" for details.
invoke-rc.d: initscript samba-ad-dc, action "start" failed.
dpkg: error processing package samba (--configure):
 subprocess installed post-installation script returned error exit status 1

● samba-ad-dc.service - Samba AD Daemon
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/samba-ad-dc.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: failed (Result: exit-code) since 土 2016-06-25 17:09:29 JST; 1s ago
     Docs: man:samba(8)
           man:samba(7)
           man:smb.conf(5)
  Process: 8793 ExecStart=/usr/sbin/samba $SAMBAOPTIONS (code=exited, status=1/FAILURE)
 Main PID: 8793 (code=exited, status=1/FAILURE)
   Status: "daemon failed to start: Samba detected misconfigured 'server role' and exited. Check logs for details"
    Error: 22 (無効な引数です)

 6月 25 17:09:29 XXXXXX systemd[1]: Starting Samba AD Daemon...
 6月 25 17:09:29 XXXXXX systemd[1]: samba-ad-dc.service: Supervising process 8793 which is not our child. We'll most likely not notice when it exits.
 6月 25 17:09:29 XXXXXX systemd[1]: samba-ad-dc.service: Main process exited, code=exited, status=1/FAILURE
 6月 25 17:09:29 XXXXXX systemd[1]: Failed to start Samba AD Daemon.
 6月 25 17:09:30 XXXXXX systemd[1]: samba-ad-dc.service: Unit entered failed state.
 6月 25 17:09:30 XXXXXX systemd[1]: samba-ad-dc.service: Failed with result 'exit-code'.

てか、これまで samba-ad-dc 起動してたっけ? 2:4.4.3+dfsg-4 に戻してみると、やっぱり起動してなかった。なんで急に起動するようになったんだろう?

報告があった。> #828137


2017-06-25(日) どうかな

_ [vdr] HTTP/2

有効にしてみた。

_ [movie] レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード [Blu-ray]



2003年
6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E