«前の日(07-10) 最新 次の日(07-12)»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2003-07-11(金) いろいろ apt-get

_ [kip] symlink いろいろ

/tftp/etc にも symlink 化の波が。

  • /etc/CORBA
  • /etc/alternatives
  • /etc/gconf
  • /etc/gtk-2.0
  • /etc/orbitrc

_ [kip] gconfd エラー多発

gnome-games 関係のものが、gconfd からみで起動しないらしい。要調査。

_ [movie] 仮面の男

仮面の男 [DVD]


2004-07-11(日) 投票

_ [misc] 参院選

選挙特番見ながらだらだら。


2005-07-11(月) 行動

_ [comp] 続・uim.el を試す

0.0.2 が公開されたので早速試してみる。0.0.1 で遭遇した問題は全て解決されているようだ。

_ [misc] F社書類送付

書類を送付。


2006-07-11(火) 大雨にやられる

_ [debian] audacious 1.1.0-0vd1

作成。またちょっとビルドシステムが変更になってたので手間取った。

_ [debian] gkrellmms 2.1.22-1vd3

作成。


2007-07-11(水) 今日もだりいな

_ [comp] 続・kernel 2.6.22 変

そういや avahi とかいうよくわからんものが java6 を上げたら入ったなーと思って、avahi-daemon を外して java6 を java5 に下げて挑戦。けど結果は一緒だった。疑ってごめん。> avahi

ではやっぱり kernel なんだろうか。


2008-07-11(金) ひどい週だった

_ [debian] udev 0.114-2

アップデート中にこんなメッセージが出た。

Since release 0.124-1 udev does not support anymore devfs-like names.
Please convert to standard names before upgrading:

rm -f /etc/udev/rules.d/devfs.rules /etc/udev/rules.d/compat-full.rules /etc/udev/rules.d/compat.rules
ln -s ../udev.rules /etc/udev/rules.d/

手元で実際存在してたのは devfs.rules と compat-full.rules だったけど、これを消して udev.rules の symlink を張った。

_ [movie] ゲド戦記, アウト・オブ・サイト

ゲド戦記 [DVD] アウト・オブ・サイト [DVD]


2009-07-11(土) そういうことだったか

_ [debian][amd64] 続々々々・linux-image-2.6.30-1-amd64 2.6.30-1 変

理由がわかってきた。busybox に落ちたときに何気なく /root 内を見てみると、システムの入ってる sda じゃなくて、データ領域の sdc だった。つまり、

  1. jmicron から pata_jmicron に変わったため hda が sdc に変わった
  2. ディスクの認識タイミングで sda と sdc が入れ替わることがある。
  3. 本来の sdc が先に認識されてそれが sda になってしまうと、当然そっちにはシステムが入っていないので No such file or directory。

ということ? となると root にデバイス名を指定するのはもはや時代遅れで LABEL か UUID で指定するのが定石?

てことで /boot/grub/menu.lst や /etc/fstab を UUID 指定するように変更することに。LABEL は命名が面倒なので。反面 UUID は長すぎるし覚えられないけど。

ls -l /dev/disk/by-uuid で UUID と対応するデバイス名が、あるいは blkid /dev/sda1 で指定のデバイスの UUID が出てくる。

% ls -l /dev/disk/by-uuid
合計 0
lrwxrwxrwx 1 root root 10 2009-06-26 19:12 22e7ad33-4e9f-48e3-9199-XXXXXXXXXXXX -> ../../sdb1
lrwxrwxrwx 1 root root 10 2009-06-26 19:12 440fe870-aa7f-4a91-b158-XXXXXXXXXXXX -> ../../sdc1
lrwxrwxrwx 1 root root 10 2009-06-26 19:12 5005f132-109c-4edc-af73-XXXXXXXXXXXX -> ../../sdb2
lrwxrwxrwx 1 root root 10 2009-06-26 19:12 d1cf41ec-7d70-4a6d-9af9-XXXXXXXXXXXX -> ../../sda1
# blkid /dev/sda1
/dev/sda1: UUID="d1cf41ec-7d70-4a6d-9af9-XXXXXXXXXXXX" TYPE="ext3" 

/boot/grub/menu.lst は

## kopt=root=/dev/sda1 ro
# kopt=root=/dev/disk/by-uuid/d1cf41ec-7d70-4a6d-9af9-XXXXXXXXXXXX ro

/etc/fstab は

# /dev/sda1 / ext3 noatime,errors=remount-ro 0 0
UUID=d1cf41ec-7d70-4a6d-9af9-XXXXXXXXXXXX / ext3 noatime,errors=remount-ro 0 0

こんな感じで。再起動しても今のところ問題ない。#534702 は閉じておいた。ちょっと閉じ方ミスったかな...。

_ [debian] mutt 1.5.20-2 変

Sylpheed と共有してる MH 形式のメールボックスが開けないな。1.5.20-1 も駄目。1.5.19-4 なら OK。

_ [movie] 踊る大捜査線 THE MOVIE, フェア・ゲーム

踊る大捜査線 THE MOVIE [DVD] フェア・ゲーム [DVD]


2010-07-11(日) BLUE

_ [debian] KSP

たくさん交換したのでサインと送付が大変。と思ったら、signing-party という便利ツール集があった。その中の caff を使うとまとめてサインと送付を行ってくれる。

サインと送付が終わったら、今度は送付されてキーをインポート...と思ったら、

gpg: RSA鍵, ID xxxxxxxxで暗号化されました
gpg: 復号に失敗しました: 秘密鍵が得られません

gpg: encrypted with 4096-bit RSA key, ID xxxxxxxx
gpg: decryption failed: secret key not available

ってなって元に戻せない。調べてみると、暗号化に使われたキーの秘密鍵が存在してない...なんで? それ自体は複数あるサブキーのうちの1つなので、それだけ消すことにする。gpg コマンドだと操作がうまくいかなかったので Seahorse の GUI で revoke した。それで再度サインしてもらったらインポートできた。よかった。

せっかく KSP 行ったのにキー自体がダメになったら...とかなり青くなってた。


2011-07-11(月) 風ない

_ [misc] 暑い

さすがにそろそろ衣替えが必要。



2013-07-11(木) 雨降ったり蒸したり

_ [movie] バッドボーイズ

バッドボーイズ [Blu-ray]


2014-07-11(金) 暑すぎ

_ [movie] となりのトトロ

となりのトトロ [Blu-ray]


2015-07-11(土) ああ

_ [debian] 続・mikutter autoremoval

hiredis#784768 の cmake-3.2 transition で削除されてしまい、間に合わず。

Transitions: hiredis (auto) のほうも削除されて動向がわからなくなった。さてどうしようか...。


2016-07-11(月) bye-bye-bye

_ [debian] 続・RM: kplayer

REMOVED。> #830117


2017-07-11(火) 後始末

_ [debian] open-jtalk 1.10-1

htsengine 1.10 が入ったのでこちらも upload。

_ [debian] Mayhem: htsengine

#716018 は直っていることを確認したので閉じた。

open-jtalk の #716592 も htsengine 由来のようなので閉じた。

_ [comp] uim: Do not use private qt_plugin.prf in quimplatforminputcontextplugin.pro

Do not use private qt_plugin.prf in quimplatforminputcontextplugin.pro は unstable の Qt5.7 でも experimental の Qt5.9 でもビルドできたのでマージした。

あと experimental からパッケージを借りながら pbuilder 走らせるには How to satisfy experimental dependencies が参考になった。

Qt5 immodule: build failure as "target.path is not defined" も同条件だったので閉じた。


2003年
7月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E