«前の日(08-23) 最新 次の日(08-25)»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2003-08-24(日) やっぱり停止した

_ [kip] 続々々々々・slapd ESTABLISHED しまくり問題再び

ESTABLISHED が 1800 程度のところでおかしくなった。

Aug 23 21:25:01 XXXXXXXX slapd[25907]: warning: cannot open /etc/hosts.allow: Too many open files
Aug 23 21:25:01 XXXXXXXX slapd[25907]: warning: cannot open /etc/hosts.deny: Too many open files

というのが大量に出ていたので、やはりファイルディスクリプタを消費し切ってしまったのだろう。

いろいろ調べたがこれといった解決策がない。SuSE メーリングリストでの現在進行形 の報告をこれからの観察対象とし、ここは

echo "150000" > /proc/sys/fs/file-max

及び /etc/sysctl.conf への

fs.file-max = 150000

にて対処。

観察対象スレッドは次の通り。


2004-08-24(火) ちょっとパッケージ作成

_ [debian] net-snmp 5.1.2-3vd1

vd_net-snmp-5.1.1_ipv6-libwrap-fix.patch を当てて作成。

_ [debian] vim 6.3-015+1vd1

vim-6.3.015-difj.tar.bz2 を当てて作成。vim しか使ってないので、他のパッケージは control, rules からバッサリ削除して作成しない。

uim-fep - vimで使う を参考に、~/.vimrc に

" 入力モードで IM を使わない
set imi=0
" 入力モードの IM の状態を保存しない
inoremap <silent> <esc> <esc>:se imi=0<cr>

を追加。

インサートモードを抜けるときに自動で IM が切れるのでかなり快適になった。


2005-08-24(水) 遠征1日目

_ [debian] mozilla-firefox 1.0.99+deerpark-alpha2-1vd4

を当てて作成。acroread プラグインが動作するようになった。

_ [debian] kernel source + unicon + dpatch

dpatchの利用方法カーネルビルド法 を参考に、kernel source に unicon patch を dpatch 化して追加してみる。

  1. kernel source を引っ張ってくる。(今回は kernel-source-2.6.11 2.6.11-7)
    % apt-get source kernel-source-2.6.11
    
  2. ソースツリー内に移動。
    % cd kernel-source-2.6.11-2.6.11
    
  3. dpatch を実行。
    % dpatch patch-template -p unicon-core < .../vd_unicon-kernel-20050415-2.6.11.patch > debian/patches/unicon-core.dpatch
    % dpatch-edit-patch unicon-core
            :
    (rej されたら修正。*.orig と *.rej は削除)
            :
    % exit
    
  4. 同様に dpatch を実行。
    % dpatch patch-template -p unicon-fonts < .../vd_unicon-kernel-fonts-20040205.patch > debian/patches/unicon-fonts.dpatch
    % dpatch-edit-patch unicon-fonts
            :
    % exit
    
  5. ファイル名を変更。(debian/rules より)
    % mv debian/patches/unicon-core.dpatch debian/patches/unicon-core.patch
    % mv debian/patches/unicon-fonts.dpatch debian/patches/unicon-fonts.patch
    
  6. debian/patches/series/2.6.11-7unicon1 を作成。
    + unicon-core.patch
    + unicon-fonts.patch
    
  7. patch の確認。
    % patch -p1 --dry-run < debian/patches/unicon-core.patch
    % patch -p1 --dry-run < debian/patches/unicon-fonts.patch
    % fakeroot debian/rules patch
    % fakeroot debian/rules unpatch
    
  8. changelog を書く。
    % debchange -i
    
    kernel-source-2.6.11 (2.6.11-7unicon1) unstable; urgency=low
    
      * added
        - debian/patches/unicon-core.patch
        - debian/patches/unicon-fonts.patch
        - debian/patches/series/2.6.11-7unicon1
    
     -- dai <XXXXXXXX@XXXXXXXXX>  Wed, 24 Aug 2005 18:41:43 +0900
    
  9. パッケージの作成。
    % debuild -uc -us -rfakeroot
    

_ [debian] kernel-*-2.6.11 → linux-*-2.6.12

一番新しいのが 2.6.11 だと思ってたら、source とか image の名前が変わってると教わった。vanilla kernel を自分でビルドしてたから全然気付かなかったよ...。


2006-08-24(木) 一夜明けて

_ [debian] apt-listchanges 2.62 変

Reading changelogs... Done
Traceback (most recent call last):
  File "/usr/bin/apt-listchanges", line 210, in ?
    main()
  File "/usr/bin/apt-listchanges", line 179, in main
    frontend.display_output(changes)
  File "/usr/share/apt-listchanges/apt_listchanges.py", line 430, in display_output
    tmp.write(self._render(text))
  File "/usr/share/apt-listchanges/apt_listchanges.py", line 367, in _render
    newtext.append(uline.encode(locale.getlocale()[1], 'replace'))
TypeError: encode() argument 1 must be string, not None
Preconfiguring packages ...

となって動作しない。#384413 のようだ。Pending になっているので 2.61 に戻しておく。


2007-08-24(金) 来週は大変

_ [debian] libmowgli 0.4.0-0vd1

正式リリースされたので作成。

_ [debian] mozplugger 1.8.0-3

acroread 7.0.9 + GTK+ 2.11.6 変の件で mozilla-acroread も動かないので、代わりに mozplugger を入れて gv で pdf を見られるようにした。


2008-08-24(日) まだ眠いが

_ [misc] 眠い

そろそろ戻ってきてるような気もする。


2009-08-24(月) ふむ

_ [debian] multiarch

フリーズまでの時間は短いが、Debian Projectはいくつかの大きなゴールを達成できることを期待している。最も重要なのは、multi-archサポート(64ビットマシン環境で32 ビット版パッケージのインストールができるように改良する)と、起動プロセスの最適化(高速化と高信頼性)だ。

[Subject: Debian decides to adopt time-based release freezesより引用]

Although the next freeze is only a short time away, the Debian project hopes to achieve several prominent goals with it. The most important are multi-arch support, which will improve the installation of 32 bit packages on 64 bit machines, and an optimised boot process for better boot performance and reliability.

[Debian decides to adopt time-based release freezesより引用]

Integrate support for cross-architecture installation of binary packages (particularly i386<->amd64, but also other combinations) in dpkg and apt.

[MultiarchSpecより引用]


2010-08-24(火) 眠い

_ [vdr] New ZoneEdit Customer Migration Begins August 27th

何やら新しいシステムに移行するだとかでささっと作業。

_ [debian] linux-kbuild-2.6.35

以前のようにThe story of linux-kbuild-2.6を参照して作成。手順通りにできた。

_ [debian] 続x12・w3m's bug

引き続き仕分け。


2011-08-24(水) むむ

_ [debian] 続x10・uim BTS 整理

最後の大物 #415394 に着手。さてどうしよう...。






2016-08-24(水) あれ

_ [debian] mutt 1.6.2-3 変

依存関係がおかしくてアップデートできない。> #835341


2017-08-24(木) 遠征3日目

_ [movie] ウォーターワールド

ウォーターワールド [Blu-ray]


2003年
8月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E