«前の日(09-03) 最新 次の日(09-05)»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2003-09-04(木) IPv6 化作戦進行中

_ [kip] www.kip.iis.toyama-u.ac.jp IPv6 化

www.kip.iis.toyama-u.ac.jp の IPv6 アドレスを DNS に登録してもらった。

_ [comp] y-koga fixed wu-ftpd IPv6 化

某所の ftp サービスも IPv6 化する必要があるのだが、これには y-koga パッチが当たっていて、そのままでは IPv6 パッチが当たらない。思いっきり苦労してすり合わせに成功。

_ [rime] webirc 改良

reload 間隔が 30 秒固定、ログ行数が指定した行数固定だったが、両者ともにドロップダウンリストで指定できるようにした。


2004-09-04(土) 一応休み

_ [comp] 続・MPlayer GTK2 patch

連絡先を見つけたので、404 なんだけど、と連絡してみる。


2005-09-04(日) 送別会なし

_ [debian] tdiary 2.1.2.20050903-0vd1

CVS から引っ張ってきて vd_tdiary_rast-search_html-anchor.diff を当てて作成。


2006-09-04(月) 盲点

_ [debian] lynx-cur 2.8.6dev18-2.1

lynx 2.8.5-2sarge2 が libgnutls11 とか要求してるので、lynx-cur に代えてみた。


2007-09-04(火) 東京遠征3日目

_ [debian] 続・T61 vs NVIDIA Quadro NVS 140M

調べると、NVIDIA Quadro NVS 140M は 100.14.09 からサポートされたようだ。ということで nvidia-kernel-source 100.14.11-1 から nvidia-kernel-2.6.22-2-686 100.14.11-1+2.6.22-4 作成。

NVRM: loading NVIDIA UNIX x86 Kernel Module  100.14.11  Wed Jun 13 18:21:22 PDT 2007

        :
(--) PCI:*(1:0:0) nVidia Corporation unknown chipset (0x0429) rev 161, Mem @ 0xd6000000/24, 0xe0000000/28, 0xd4000000/25, I/O @ 0x2000/7
        :
(II) Module glx: vendor="NVIDIA Corporation"
        compiled for 4.0.2, module version = 1.0.0
        Module class: X.Org Server Extension
        ABI class: X.Org Server Extension, version 0.1
(II) NVIDIA GLX Module  100.14.11  Wed Jun 13 18:58:58 PDT 2007
        :
(II) LoadModule: "nvidia"
(II) Loading /usr/lib/xorg/modules/drivers//nvidia_drv.so
(II) Module nvidia: vendor="NVIDIA Corporation"
        compiled for 4.0.2, module version = 1.0.0
        Module class: X.Org Video Driver
        :
(II) NVIDIA dlloader X Driver  100.14.11  Wed Jun 13 18:23:34 PDT 2007
(II) NVIDIA Unified Driver for all Supported NVIDIA GPUs
(II) Primary Device is: PCI 01:00:0
(--) Chipset NVIDIA GPU found
        :
(II) Module wfb: vendor="NVIDIA Corporation"
        compiled for 7.1.99.2, module version = 1.0.0
        :
(**) NVIDIA(0): Depth 16, (--) framebuffer bpp 16
(==) NVIDIA(0): RGB weight 565
(==) NVIDIA(0): Default visual is TrueColor
(==) NVIDIA(0): Using gamma correction (1.0, 1.0, 1.0)
(**) NVIDIA(0): Enabling RENDER acceleration
(II) NVIDIA(0): NVIDIA GPU Quadro NVS 140M (G86GL) at PCI:1:0:0 (GPU-0)
(--) NVIDIA(0): Memory: 524288 kBytes
(--) NVIDIA(0): VideoBIOS: 60.86.3e.00.00
(II) NVIDIA(0): Detected PCI Express Link width: 16X
(--) NVIDIA(0): Interlaced video modes are supported on this GPU
(--) NVIDIA(0): Connected display device(s) on Quadro NVS 140M at PCI:1:0:0:
(--) NVIDIA(0):     LEN (DFP-0)
(--) NVIDIA(0): LEN (DFP-0): 330.0 MHz maximum pixel clock
(--) NVIDIA(0): LEN (DFP-0): Internal Dual Link LVDS
(II) NVIDIA(0): Assigned Display Device: DFP-0
(--) NVIDIA(0): LEN (DFP-0): 330.0 MHz maximum pixel clock
(--) NVIDIA(0): LEN (DFP-0): Internal Dual Link LVDS
(II) NVIDIA(0): Assigned Display Device: DFP-0
(WW) NVIDIA(0): No valid modes for "1440x1440"; removing.
(WW) NVIDIA(0): 
(WW) NVIDIA(0): Unable to validate any modes; falling back to the default mode
(WW) NVIDIA(0):     "nvidia-auto-select".
(WW) NVIDIA(0): 
(II) NVIDIA(0): Validated modes:
(II) NVIDIA(0):     "nvidia-auto-select"
(II) NVIDIA(0): Virtual screen size determined to be 1440 x 900
(++) NVIDIA(0): DPI set to (100, 100); computed from -dpi X commandline option
(==) NVIDIA(0): Disabling 32-bit ARGB GLX visuals.
        :
(II) NVIDIA(0): Setting mode "nvidia-auto-select"
(--) NVIDIA(0): No video decoder detected
(II) Loading extension NV-GLX
(II) NVIDIA(0): NVIDIA 3D Acceleration Architecture Initialized
(II) NVIDIA(0): Using the NVIDIA 2D acceleration architecture
(==) NVIDIA(0): Backing store disabled
(==) NVIDIA(0): Silken mouse enabled
(**) Option "dpms"
(**) NVIDIA(0): DPMS enabled
        :

こんな感じで OK。画面サイズとか調整必要。

_ [audacious] audacious/po/ja.po hg3423, audacious-plugins/po/ja.po hg1586

両方とも更新。> audacious hg3423, audacious-plugins hg1586


2008-09-04(木) うーん

_ [misc] 眠い

しかしもうちょっといろいろコミットしたいもんだ。


2009-09-04(金) すごい雷雨

_ [debian] 続々・trayer → stalonetray

一足先に New maintainer のほうが入ったようだ。> Accepted trayer 1.0-3 (source i386)

_ [work] 9月第1週


2010-09-04(土) さあさあ

_ [vdr] tdiary 3.0.0

アップデートした。2.3 からのアップデートだったので特に問題ない模様。

_ [debian] 続々々々・pidgin-twitter

pidgin-twitter_0.9.2-1_i386.changes is NEW

ということで upload していただいた。あとは ftpmaster のチェック待ち。


2011-09-04(日) よく寝た

_ [debian] 続・xserver-xorg-core 2:1.11.0-1 変

ひとまず xserver-xorg-core 2:1.10.4-1 に、関連パッケージも含めて戻したら解消。


2012-09-04(火) 前線?

_ [misc] 完全くもり

陽が射さないけど、結構暑いまま。


2013-09-04(水) 早まった?

_ [debian] uim-xim: Preview uses SJIS rather than UTF-8

#721353 の件。Preview というのは Preedit のことかな。xterm 上でプリエディットが $H$&$-$g$& みたいな感じに化けるのはフォント設定の問題かな。uim-xim preedit font issue にあるけど、~/.Xresources で xterm*ximFont に、あるいは xterm -fx に日本語を含んだフォントを指定してやればいい。

xterm*ximFont: -*-fixed-medium-r-normal-*-18-*-*-*-*-*-iso10646-1

xterm -fx '-*-fixed-medium-r-normal-*-18-*-*-*-*-*-iso10646-1'

でもよく考えたら、uim-pref-* の XIM グループで、編集領域にアンチエイリアスをかける (Use anti-aliased fonts for Over-the-Spot/Root-Window preedit) にチェックを入れて、編集領域で使用されるフォント名(アンチエイリアス時) (Font name for preedit area (anti-aliaed))に日本語を含んだフォントを指定してやればいいのかな。


2014-09-04(木) 疲れた

_ [movie] ザ・マジックアワー

ザ・マジックアワー [Blu-ray]



2016-09-04(日) ううむ

_ [debian] 続・firefox 48.0-1+b1 変

もしやと思って firefox の「ハードウェアアクセラレーション機能を使用する」を無効にしてみたけど、関係なかった。


2017-09-04(月)

_ [debian] 続々々・uim から ibus へ

debian-devel@JP に送信できない件、対応していただけた模様。



2003年
9月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E