«前の日(09-14) 最新 次の日(09-16)»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2003-09-15(月) ほぼメモ代わり

_ [comp] libao CVS

alsa で最後のほうが切れてしまう現象が直っているらしい。試してみないと。


2004-09-15(水) また blackbox に戻る

_ [debian] mozilla-firefox 0.9.3-4vd1

vd_bugzilla-jp_bug-1476_attachment-1656_for-mozfx-0.9.3.patch を当てて作成。

_ [comp] fluxbox 0.9.10 負け

0.9.9 から上げてみたけど、やっぱり日本語表示が変。

_ [comp] blackbox-aa 負け

なんか以前も試したことがあるような気がするけど、bbaa-0.65.0-1.patch を試してみるが、やっぱりうまく動かない。

_ [comp] blackbox 0.70.0beta2 + CVS 勝ち

久々に blackbox を覗いてみると、デザインが変わったというか Wiki になってる。

0.70.0beta2 というものが出てるので頂いてきてビルド。が、起動直後に core dump。毒も喰らわば皿までってことで、CVS を引っ張ってきてビルド。こちらはうまく行った。

_ [debian] blackbox 0.70.0beta2-0vd1

ということで作成。

_ [comp] unsigned long long int

めも。

unsigned long long int ulli = 28117224000ULL;
fprintf( stdout, "%lld\n", ulli );

_ [misc] PS2 メモカ崩壊

データが全部破損して、削除もできなくなった。バグ持ち初期型メモカがここまで耐えられたのも奇跡みたいなもんか。いろんなセーブデータよさらば。

_ [research] mgp 作る

ちょっと作る。


2005-09-15(木) 黒が恋しい

_ [debian] uim 1:0.5.0+svn1496+r5rs-0vd1

R5RS ブランチを試してみる。uim_0.4.7-1.diff.gz を流用してパッケージ作成。が、make 途中で

Error: symbol_value : unbound variable retsym_name
**** BACKTRACE ****
retsym_name
(try-load conf-file)
(load-module-conf)

となりパッケージビルド失敗。見てみると loader.scm と installed-modules.scm に妙なものが混じっている。どうやらこれは sigscheme/io.c の ScmOp_require が吐き出しているもののようだ。よくわかってないけど、ひとまず該当の printf をコメントアウト。これでパッケージビルドはできるようになった。

次にパッケージのインストール時に update-uim-config が

Error: EOF in the string : str =

**** BACKTRACE ****
(read)
(uim-sh (quote ("/usr/bin/uim-sh" "-B")))

と途中で失敗する。よく見てみると、uim-sh に食わせる文字列にゴミが混じっていた。

@@ -40,7 +40,7 @@
 LANG=C LIBUIM_VANILLA=1 LIBUIM_VERBOSE=1 $UIM_SH -B > $LOADER_SCM <<EOL2
 (require "manage-modules.scm") 
 (require "$INSTALLED_MODULES_SCM")
-(generate-loader-scm)"
+(generate-loader-scm)
 EOL2
 
 $ECHO "done."

報告しておく。間違えて us-ascii でメールしてしまった...。

今のところ問題なく使えている。けど、uim_quit()問題がどうなっているかを確認するにはもうちょっと待たないといけないようだ。> [Anthy-dev 2362] [Anthy-dev 2369]

_ [debian] bmp-sexyspc 0.4.0-0vd1

vd_bmp_sexyspc-0.4.0.patch を当てて bmp 化して作成。


2006-09-15(金) Mono 2.0 を待て

_ [comp] mono 1.1.17.1-2vd1 vs .NET 2.0

結論から言うと、Mono の Managed.Windows.Forms はまだ .NET 2.0 はサポートしていない。ある .NET 2.0 アプリを動かそうとすると、

** (XXXXXXXX.exe:XXXXX): WARNING **: Missing method get_Count in assembly /home/XXXXXXXX/XXXXXXXX.exe, type System.Windows.Forms.Layout.ArrangedElementCollection

Unhandled Exception: System.MissingMethodException: Method not found: 'System.Windows.Forms.Layout.ArrangedElementCollection.get_Count'.
  at <0x00000> <unknown method>
        :

となる。結論にはまだ気付いていなくて、どうすればいいか探していたところ [2.0] MS.NET's foreach loop over an array of Controls crashes JIT を発見。そこで結論を引き当てた。まだ待つしかないかな。

_ [comp] 続々・Encoding name `Shift-JIS' not supported

* Manager.cs : It should not allow invalid encoding name such as euc_jp and shift-jis.

[[Mono-patches] mcs/class/I18N/Common Manager.cs,1.5,1.6より引用]

// e.g. Neither euc_jp nor shift-jis not allowed (Normalize() badness)
if (orgName.IndexOf ('_') > 0 && e.WebName.IndexOf ('-') > 0)
	return null;
if (orgName.IndexOf ('-') > 0 && e.WebName.IndexOf ('_') > 0)
	return null;

だいぶ昔の話だけど、名指しで許可されてないようだ。



2008-09-15(月) ううむ

_ [debian][amd64] flashplugin-nonfree 1:1.7.2+fp10.20080811 変

*** NSPlugin Viewer  *** ERROR: libcurl.so.3: cannot open shared object file: No such file or directory
nspluginwrapper: no appropriate viewer found for /usr/lib/flashplugin-nonfree/libflashplayer.so

とかいって動かないな。

lrwxrwxrwx 1 root root     17 2008-09-07 14:44 /usr/lib/libcurl.so -> libcurl-gnutls.so
lrwxrwxrwx 1 root root     12 2008-09-07 01:02 /usr/lib/libcurl.so.3 -> libcurl.so.4
lrwxrwxrwx 1 root root     16 2008-09-07 01:02 /usr/lib/libcurl.so.4 -> libcurl.so.4.1.0
-rw-r--r-- 1 root root 287432 2008-07-15 08:33 /usr/lib/libcurl.so.4.1.0

存在してるんだけどなあ。ふと思い直して ldd してみると、

% ldd /usr/lib/flashplugin-nonfree/libflashplayer.so
	linux-gate.so.1 =>  (0x55574000)
	libstdc++.so.6 => /usr/lib32/libstdc++.so.6 (0x55fdf000)
	libpthread.so.0 => /lib32/libpthread.so.0 (0x560cd000)
                :
	libcurl.so.3 => not found
                :
	libssl3.so => not found
	libnss3.so => not found
	libnspr4.so => not found
                :

ああ lib32 のほうにないのか...。lib32 な curl パッケージはないみたい。Penguin.SWF: 10rc にもいろいろ書かれてるようだ。


2009-09-15(火) ローカル解決

_ [debian] sysv-rc vs unicon-tools

なにやら最近の sysv-rc が

info: Checking if it is safe to convert to dependency based boot.
error: Unable to migrate to dependency based boot sequencing.
error: Problems detected:
 package timidity left obsolete init.d script behind,
 package nfs-common removed but not purged,
 package nfs-kernel-server removed but not purged,
 package open-vm-tools removed but not purged,
 package portmap removed but not purged,
 package tor removed but not purged,
 insserv: warning: script 'S32unicon-tools' missing LSB tags and overrides,
 insserv: warning: script 'unicon-tools' missing LSB tags and overrides,  

と言い出してるが、The future of the boot system in Debian とかの件かな?

remove で残ってる init scripts に関しては purge はしないで rm で消してみた。timidity は #538967 で何度も直されてるけど残ってるな...どうせ起動してないし rm で消した。

で、残るは unicon-tools、これは自分で直さねば。Dependency based boot sequence を見ると Lintian Tag: init.d-script-missing-lsb-section に誘導され、さらに How to LSBize an Init Script に誘導される。

...とりあえず kvm の init script をパクって、

### BEGIN INIT INFO
# Provides:             unicon
# Required-Start:
# Required-Stop:
# Default-Start:        2 3 4 5
# Default-Stop:         0 1 6
# Short-Description:    unicon init script
# Description:          This script loads the kernel modules needed by unicon
### END INIT INFO

を書いて、dpkg-reconfigure sysv-rc してみる。お、通った。

This migration process is non-reversible. The legacy way of ordering boot scripts using static sequence numbers will be made obsolete by choosing to migrate.  Any boot sequence changes done locally will be lost and have to redone using dependencies.

と警告されるが、

Migrate legacy boot sequencing to dependency based sequencing?

との問いには YES。

info: Reordering boot system, log to /var/lib/insserv/run-20090916T0031.log
success: Enabled dependency based boot system.

となって完了。/etc/rc?.d/ 以下、かなりすっきりしたなー...。

unicon-tools パッケージの作り直しはまた後日。


2010-09-15(水) 今日も眠い

_ [debian] 続・ia32-libs 20100908 vs ia32-libs-gtk 20090804

ia32-libs 20100914 と ia32-libs-gtk 20100914 で解決。




2013-09-15(日) ばっさり

_ [debian] PRIME 関連パッケージの drop

ruby1.8 が drop されることになり、uim では uim-prime を提供している関係もあって調べてみた。

  • PRIME の upstream は 2005年で停滞している模様。
  • uim 以外に prime に依存しているのは scim-prime。upstream である SCIM IMEngine は 2008〜2009年で停滞している模様。
  • prime が依存しているのは libsuikyo-ruby1.8libsary-ruby1.8
  • suikyo の upstream は 2005年で停滞している模様。
  • sary の upstream は 2005年で停滞している模様。

以上のことから、PRIME 関連パッケージが ruby1.9/2.0 に追従していくには不安があるので、各パッケージのメンテナである Masahito Omoteさん、いくやさん、Yukiharu YABUKIさんと相談して、以上のパッケージをすべて drop することにした。

_ [debian] uim 1:1.8.6-3

uim-prime を drop した。

_ [debian] RM: scim-prime -- ROM; dead upstream, low popcon, no rdeps

#722998 に出した。

_ [debian] RM: prime, prime-dict -- ROM; depends ruby1.8, dead upstream, low popcon, no rdeps

#722999 に出した。

_ [debian] RM: suikyo -- ROM; depends ruby1.8, dead upstream, low popcon, no rdeps

#723000 に出した。

_ [debian] RM: sary, sary-ruby -- ROM; depends ruby1.8, dead upstream, low popcon, no rdeps

#723001 に出した。

_ [movie] 怪盗グルーの月泥棒

怪盗グルーの月泥棒 [Blu-ray]


2014-09-15(月) 帰還

_ [debian] mikutter: Crash in gtk

トレースだけ貼られても何ともしようがないので moreinfo > #761422


2015-09-15(火) まだだめっぽい

_ [misc] 蓄積

疲労が。


2016-09-15(木) 微妙

_ [movie] グランド・イリュージョン2 見破られたトリック*

グランド・イリュージョン 見破られたトリック [Blu-ray]




2003年
9月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E