«前の日(10-17) 最新 次の日(10-19)»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2003-10-18(土) 休日

_ [えふえふ] 戦(↑1) ナ(↑2)

CrawlNest でいろいろ。

_ [movie] ホーム・アローン

ホーム・アローン [DVD]


2004-10-18(月) じゃばじゃば

_ [debian] sun-j2sdk1.5 1.5.0, sun-j2re1.5 1.5.0

SUN J2SDK1.5 と SUN J2RE1.5 にしてみる。

http://z42.de/debian/ にあった j2se-package は、java-package の名前で official に入った模様。なので java-package の make-jpkg を利用する。が、java-package 0.14 は J2SDK1.5 正式版には対応していないようだ。#275870 に対応 patch があったのでそれを当てる。と、#266273 にも出ているように、途中でエラーが出た。

mkdir: cannot create directory `/etc/.java': Permission denied
        :

#268214 で処置中のようだ。ひとまず無視。

mkdir: cannot create directory `/usr/share/icons/HighContrast': Permission denied
        :
cp: cannot create regular file `/usr/share/pixmaps/sun-java.png': Permission denied
        :

アイコン関係、多分動作に支障はないと思うので無視。

jdk-1_5_0-linux-i586.bin: line 507: /usr/share/mime-info/java-archive.keys: Permission denied
        :
jdk-1_5_0-linux-i586.bin: line 519: /usr/share/application-registry/java-archive.applications: Permission denied
        :

GNOME 関係?使ってないし無視。

SUN J2RE でも同じようなエラーが出たが、こちらも無視。

さらっと使ってみたけど、動作に問題はなさそう。

_ [comp] J2RE 1.5 で日本語が豆腐

Java Applet とかの日本語が豆腐になる。見てみると、/usr/lib/j2sdk1.*-sun/jre/lib/font.properties.ja が存在せず、/usr/lib/j2sdk1.5-sun/jre/lib/fontconfig.*.bfc やら /usr/lib/j2sdk1.5-sun/jre/lib/fontconfig.*.properties.src やらとまるで変わっている。調べてみると、Font Configuration Files にはバイナリフォーマットの fontconfig.*.bfc については undocumented とか書いてあるし。テキストフォーマットの fontconfig.*.properties.src のほうも使えるようなので、こっちで。

探してみると、既に日本語用の fontconfig.properties を作成した人達が。

ところがどちらを使っても状況は改善されない。あれ?

それにしても、fontconfig って言うから Fontconfig を期待したんだけどなぁ。ってか Sunstsf ってのを開発してるんだっけ。

_ [research] Ruby/OpenSSL テスト

いろいろいじってみるけど、いまいちよくわからん。本質じゃないし、一応暗号化通信はされてるみたいだから今はこれでいいや。


2005-10-18(火) 風邪から復活

_ [debian] pkg-config 0.20-1

pkg-config --help が SEGV 問題は解決したようだ。

_ [debian] libtomoe-gtk 0.0.0.20051018-0vd1

CVS から引っ張ってきて作成。


2006-10-18(水) 英文よりテストケース

_ [debian] libmono-corlib1.0-cil, libmono-corlib2.0-cil, libmono-winforms1.0-cil, libmono-winforms2.0-cil 1.1.18-1vd1

いい加減 vd_mono_dirty-workaround-5.dpatch を当ててビルドするのがめんどくさくなってきたので、酔いにまかせて Bug 79692Bug 79693 に投げてみた。

Shift_JIS ではなく Shift-JIS だと蹴られる問題はアプリのバグなのでそちらに投げる。


2007-10-18(木) まだ寝にくい

_ [misc] 寝たりない

多分前回の連休からずっとかな。


2008-10-18(土) 久々

_ [debian] qemu 0.9.1+svn20081016-1 変

% qemu -hda /dev/null
qemu: fatal: Trying to execute code outside RAM or ROM at 0x000fe05b
        :

たったこれだけでも core 吐いて死んでしまう。0.9.1-7 なら OK。experimental のだししょうがないか。

_ [comp][amd64] qemu on amd64 に Debian i386 インストール

相当前に knoppix on qemu をやったけれど、今回は qemu 上で Debian をインストール。

まず qemu-img でディスクイメージを作成。

% qemu-img create qemu-hdd.img 5G
Formatting 'qemu-hdd.img', fmt=raw, size=5242880 kB

次に Debian-Installer を持ってきて起動。amd64 上の qemu で i386 の Debian をインストール。

% uname -a
Linux XXXXXXXX 2.6.26-1-amd64 #1 SMP Thu Oct 9 14:16:53 UTC 2008 x86_64 GNU/Linux
% qemu -m 512 -boot d -hda qemu-hdd.img -cdrom debian-LennyBeta2-i386-netinst.iso

さくさくインストールできた。インストール後は以下で起動。ホスト側の 10022/tcp からゲストの 22/tcp につながるようにしてる。

% qemu -m 512 -boot c -hda qemu-hdd.img -redir tcp:10022::22

ちゃんと i386。

% ssh -p 10022 localhost
        :
XXXXXXXX@qemu-i386:~$ uname -a
Linux qemu-i386 2.6.24-1-686 #1 SMP Thu May 8 02:16:39 UTC 2008 i686 GNU/Linux

_ [movie] ポセイドン

ポセイドン [DVD]



2010-10-18(月) 手抜き

_ [debian] 続々々・RC bug squashing

その後の動向。

新規作業。


2011-10-18(火) 特になし

_ [movie] 古畑任三郎 3rd season 最後の事件

古畑任三郎 3rd season 6 DVD


2012-10-18(木) どうかな

_ [debian] 続々々々・uim 1:1.8.1-3

piuparts でローカルの新しいパッケージのアップグレードテストをするときの仕組みを考えてみた。

まず、/tmp/debian/ ディレクトリ以下に作成した新しいパッケージを置く。

% ls -la /tmp/debian
合計 17148
drwxr-xr-x  4 dai  dai      980 10月 18 02:00 .
drwxrwxrwt 16 root root     480 10月 18 02:10 ..
-rw-r--r--  1 dai  dai    12996 10月 18 01:52 libuim-custom2_1.8.1-4_amd64.deb
-rw-r--r--  1 dai  dai   287084 10月 18 01:52 libuim-data_1.8.1-4_amd64.deb
-rw-r--r--  1 dai  dai   136774 10月 18 01:52 libuim-dev_1.8.1-4_amd64.deb
        :

ダミーのレポジトリを作る。

for i in main contrib non-free; do
        for j in sid squeeze; do
                k=/tmp/debian/dists/${j}/${i}/binary-amd64
                mkdir -p ${k}
                touch ${k}/Packages
                gzip ${k}/Packages
        done
done

新しいパッケージ用の Packages ファイルを生成する。

cd /tmp/debian
apt-ftparchive packages . | gzip -c >! ./dists/sid/main/binary-amd64/Packages.gz

これで piuparts を実行する。

sudo /bin/rm /tmp/libuim-data.log ; \
sudo piuparts \
        --skip-logrotatefiles-test \
        --warn-on-others \
        --warn-on-leftovers-after-purge \
        --no-eatmydata \
        -b /var/cache/pbuilder/base-squeeze.tgz \
        --list-installed-files \
        -l /tmp/libuim-data.log \
        --do-not-verify-signatures \
        -m http://ftp.jp.debian.org/debian \
        -m file:/tmp/debian \
        --bindmount /tmp/debian \
        -d squeeze \
        -d sid \
        --apt libuim-data=1:1.8.1-4

--do-not-verify-signatures : サインしていないレポジトリで停止してしまうことを防ぐ。

-m file:/tmp/debian --bindmonut /tmp/debian : chroot 内からレポジトリが見えるように。なお、/tmp/debian 以下を CWD とするプロセスがいた場合、kill されたうえに piuparts がエラーで終了することに注意。

本当はもっといいやりかたがあるような気がするけど...。

_ [debian] uim 1:1.8.1-4

mv_conffile は移動先にもファイルがないといけないようなので(類例: #665813)、touch して作ることにして対処。けど、直前で uim-module-manager で作成してるはずなんだけどな。今度は piuparts でローカルの新しいパッケージのアップグレードテストをしたので大丈夫のはず。

先走って 1.8.2 と 1.8.3 を upstream ブランチに入れて master ブランチにマージしてしまっていたので、debian/1%1.8.1-3 タグから debian/1%1.8.1 ブランチを分岐してそちらを更新した。

_ [movie] シザーハンズ

シザーハンズ [Blu-ray]


2013-10-18(金) 偏頭痛

_ [movie] ロード・オブ・ウォー

ロード・オブ・ウォー Blu-ray


2014-10-18(土) 遠征1日目

_ [movie] 沈黙の追撃

沈黙の追撃 Blu-ray


2015-10-18(日) 今日も眠い

_ [movie] プレステージ

プレステージ [Blu-ray]


2016-10-18(火) 遠征2日目

_ [movie] コンテイジョン

コンテイジョン [DVD]


2017-10-18(水) まいいか

_ [debian] 続・maintain several source packages ruby-gnome2 derived

そのままでいいじゃん?と言われたのでそのままで行くことにする。


2003年
10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E