«前の日(12-13) 最新 次の日(12-15)»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2003-12-14(日) これを機に研究再開するか

_ [えふえふ] −

ラスボス倒した。曲がいいね。燃える。


2004-12-14(火) やる気復活

_ [research] ブラッシュアップ

エラー関係を重点的に。

  • common: 全てのエラーコードをクラス化。
  • common: エラーコードとそれに対応する1行説明をハッシュ化。
  • C>N: エラーコードをきちんと N に返すように。
  • C>DB: 存在しないエントリを update しようとしたらこれまでは insert していたが、Not Found を返すように。
  • C>DB: エラーコードをきちんと返すように。
  • C: 例外処理を細かく。
  • C: エラーコードをきちんと返すように。

module に新しいメソッドを追加したとき module_function にそれを追加するのを忘れていてはまった。風呂入ってるときに module_function の存在を忘れていたことに気がついた。


2005-12-14(水) 電話完了

_ [comp] audacious + xmms-timidity

audacious に xmms-timidity (と libtimidity) を含めてみた。パッチはこれ > vd_audacious_timidity.patch.bz2

送付完了。

_ [debian] audacious 0.1.2+svn309-0vd1

SVN から引っ張ってきて vd_audacious_timidity.patch.bz2 を当てて作成。

_ [debian] sun-j2re1.5 1.5.0+update06, sun-j2sdk1.5 1.5.0+update06

make-jpkg で作成。

install 後は日本語が豆腐対処を忘れずに。

_ [debian] gtkspell 2.0.10-3vd1

aspell 0.60.4-1 で作成。

_ [debian] sylpheed 2.1.9-0vd1

作成。


2006-12-14(木) 寝不足か?

_ [vdr] 記事修正: "Kernel-version: all" is not allowed

寝惚けてたのか全然違う changelog.gz と bug ID を指してたので修正。



2008-12-14(日) ううむ

_ [audacious] 続々々・audacious の Add CD がない

ふと #497769 を見てみたら、Debian の audacious-play-files-from-command-line.patch が原因、とのこと。試しにこのパッチを外してみたら、確かに Add CD が出るようになった。まさか Debian のパッチのせいだったとは。changelog を見てみたら、

* debian/patches/audacious-play-files-from-command-line.patch: Make adding files from the command line work. Thanks Stefan Ott! (Closes: #491043)

[/usr/share/doc/audacious/changelog.Debian.gzより引用]

とある。#491043 の修正でエンバグしたということ? 確かにパッチを外したら外したでコマンドラインからファイル指定できなくなるな。


2009-12-14(月) 今日は休み

_ [misc] 初雪

寒すぎて具合が悪い。


2010-12-14(火) タイヤ替えてないぞ

_ [misc] 天気予報

明日はついに雪らしい。


2011-12-14(水) 寒すぎ

_ [movie] 警部補 古畑任三郎:さよなら、DJ, 最後のあいさつ, けいおん!!(第2期) 3, けいおん!!(第2期) 4

警部補 古畑任三郎 (4) [DVD](三谷幸喜) けいおん!!(第2期) 3 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray] けいおん!!(第2期) 4 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]



2013-12-14(土) 埋め込み

_ [vdr] 続・tdiary プラグインいくつか変?

ということだそうで、もうしばらく待ってみよう。

_ [debian] uim-gtk3: uim systray not appearing in gnome shell

#731672 は gnome-shell 3.8.4-5 で再現したので、uim/uim/issues/34 に転送した。

_ [movie] GOSICK-ゴシック- 第11巻

GOSICK-ゴシック-BD版 第11巻 [Blu-ray]


2014-12-14(日) 迫る厳冬

_ [movie] バットマン ビギンズ, ダークナイト

バットマン ビギンズ [Blu-ray] ダークナイト [Blu-ray]


2015-12-14(月) bye

_ [debian] remove gcc-4.9

linux 4.3.1-1 がきて、linux-compiler-gcc-5-x86 になったので、gcc-4.9 関連パッケージはすべて削除できるようになった。


2016-12-14(水) なんと

_ [debian] back to flashplugin-nonfree

pepperflashplugin-nonfree と browser-plugin-freshplayer-pepperflash に変えていたけど、新バージョンが提供されるようになったので flashplugin-nonfree に戻した。


2017-12-14(木) なるほど

_ [debian] grub2 submenu

kernel 4.13 を使う件で、起動時にデフォルトの 4.14 からサブメニューの 4.13 を選択するのがめんどくさいのでどうにかならないか調べてみた。

menuentry 'Debian GNU/Linux' 
submenu 'Advanced options for Debian GNU/Linux'
	menuentry 'Debian GNU/Linux, with Linux 4.14.0-1-amd64' 
	menuentry 'Debian GNU/Linux, with Linux 4.14.0-1-amd64 (recovery mode)' 
	menuentry 'Debian GNU/Linux, with Linux 4.13.0-1-amd64' 
	menuentry 'Debian GNU/Linux, with Linux 4.13.0-1-amd64 (recovery mode)' 
menuentry "Memory test (memtest86+)"

単純な menuentry の選択なら /etc/default/grub の GRUB_DEFAULT で指定できるけど submenu は指定できるんだろうか? 調べてみると、 ">" で階層を指定できるようだ。

というわけで GRUB_DEFAULT="1>2" と指定することでサブメニューの 4.13 の自動選択を実現できた。


2003年
12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E