«前の日(12-20) 最新 次の日(12-22)»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2003-12-21(日) 寒いなぁ

_ [comp] uim-xim 落ちた

core 吐いてくれた。ひとまず backtrace。追跡はまた後で。

#0  0x0804a42a in ProcXEvent(_XEvent*) (e=0xbffffad0) at main.cpp:269
#1  0x0804a4ca in xEventRead (fd=5, ev=1) at main.cpp:290
#2  0x0804a006 in main_loop() () at stl_tree.h:202
#3  0x0804a85c in main (argc=31457396, argv=0x1e00074) at main.cpp:430

_ [えふえふ] 白(→) 吟(→)

とにかくレベル上げのカンを取り戻しとかないと。


2004-12-21(火) ぼちぼち原稿作成始め

_ [debian] tdiary 2.0.0+2.1.0.20041221-0vd1

cvs ディレクトリ内に CVS から引っ張ってきた core plugin contrib theme があるとして、

#!/bin/sh

DATE=`date +%Y%m%d`
VERSION="2.0.0+2.1.0.${DATE}"

cp -a cvs/core tdiary-${VERSION}
cp -a cvs/plugin tdiary-${VERSION}/misc/
cp -a cvs/contrib tdiary-${VERSION}/
cp -a cvs/theme tdiary-${VERSION}/

find tdiary-${VERSION} -name CVS | xargs rm -rf
find tdiary-${VERSION} -name .cvsignore | xargs rm -f

tar cfz tdiary_${VERSION}.orig.tar.gz tdiary-${VERSION}

というスクリプトで tar ball を作成してみた。

2.0.0-1 の debian/ を そのまま持ってきたが、a/a_conf.rb はなくなっているので rules でのそれに関する処理を削除して作成。

_ [comp] tdiary 2.1.0.20041201 変

tdiary 2.0.0+2.1.0.20041221-0vd1 を入れてみた。

日記を書いて「登録」すると、

Plugin Error

Errors in plugins? Retry to Edit(2004-12-21) or Configure.

    SyntaxError
    compile error
    (erb):21: can't find string "PRE" anywhere before EOF
    (erb):2: syntax error 

なんてエラーが出る。プレビューだと出ない。エラーは出ているが実際には登録されていて、閲覧することもできるようだ。登録後のエラーを気にしなければ普通に使えてるようだけれど、何だろう。

_ [comp] Skippy を試す

内輪で話題になった Skippy を試してみる。Exposé をそれっぽく実現している、とのこと。Blackbox はサポート外と書かれているが、多分現在の release 版では NetWM に対応していないからだろう。current の 0.70.0beta2 では NetWM に対応しているので一応使える。

_ [research] mgp 作成

今年最後の発表会用の mgp を作成。途中 dia が暴走してえらい目にあったけど、とりあえず大枠は完成。


2005-12-21(水) /firefox/ 対応

_ [debian] flashplugin-nonfree 7.0.61-1vd1

update-flashplugin に /firefox/ を追加して作成。なお #342317 に報告されている。

_ [debian] java-package 0.27-0vd1,2

sun-j2{re,sdk}1.5/install に /firefox/ を追加して 1 作成。ちょっと修正して 2 作成。なお #341749 に報告されている。

_ [debian] realplay 10.0.6-0.1vd1

debian/links に /firefox/ を追加して作成。

_ [comp] Find As You Type の検索キャンセル時間

MozFx の Find As You Type の検索キャンセル時間が 5 秒と短かったので、about:config で accessibility.typeaheadfind.timeout を 60000 に設定した。


2006-12-21(木) 2年半ぶり

_ [debian] gzip 1.3.9-1 変

インストールできない。

Setting up gzip (1.3.9-1) ...
install-info(/usr/share/info/gzip.info): warning, ignoring confusing INFO-DIR-ENTRY in file.

No `START-INFO-DIR-ENTRY' and no `This file documents'.
install-info(/usr/share/info/gzip.info): unable to determine description for `dir' entry - giving up
dpkg: error processing gzip (--configure):
 subprocess post-installation script returned error exit status 1
Errors were encountered while processing:
 gzip

#403998#404036 に出てる。

_ [comp] VPN 実験再び

にやった VPN 実験だけど、再びやってみる機会が巡ってきたので挑戦。といっても、今回は PPTP サーバの構築は必要なくて PPTP クライアントの構築のみ。昔を思い出して情報収集。

まず、mppe が有効な pppd だけど、Debian の ppp は問題ない。

ppp (2.4.2+20030811-1) experimental; urgency=low

  * New CVS snapshot. (Closes: #171137)
    New features:
    - MPPE (Closes: #52913, #81511, #100665)
(略)
 -- Marco d'Itri <md●linux.it>  Sun, 24 Aug 2003 13:40:16 +0200

ii  ppp            2.4.4rel-4.1   Point-to-Point Protocol (PPP) daemon

PPTP クライアントは変わらず pptp-linux のようだ。

ii  pptp-linux     1.7.0-2        Point-to-Point Tunneling Protocol (PPTP) Cli

公式サイトを見てみると、

Linux kernel 2.6.15 has been released and includes the PPP MPPE encryption module, which implements the Microsoft Point-to-Point Encryption method as a PPP compressor/decompressor.

[PPTP Clientより引用]

ということで、kernel にも mppe パッチを当てる必要はなくなった。2.6.19.1 を

CONFIG_NET_IPGRE=m
CONFIG_PPP=m
CONFIG_PPP_FILTER=y
CONFIG_PPP_ASYNC=m
CONFIG_PPP_DEFLATE=m
CONFIG_PPP_BSDCOMP=m
CONFIG_PPP_MPPE=m

で作成。CONFIG_PPP_FILTER=y は以前は入れていなかったけど、

pppd[XXXXX]: kernel does not support PPP filtering

というログが出てたので入れておいた。

PPTP クライアントの設定は

を参考に。設定名は「pptptest」、ユーザは「PPTPUSER」、パスワードは「PPTPPASS」、PPTPサーバは「PPP.PPP.TTT.PPP」とする。てか P 多すぎ。

# cat /etc/ppp/options.pptp
debug
lock
noauth
noccp
user PPTPUSER

# cat /etc/ppp/chap-secrets
PPTPUSER PPTP PPTPPASS *
PPTP PPTPUSER PPTPPASS *

# cat /etc/ppp/peers/pptptest
pty "pptp PPP.PPP.TTT.PPP --nolaunchpppd"
name PPTPUSER
remotename PPTP
file /etc/ppp/options.pptp
ipparam pptptest

設定ができたら、root で pon pptptest を実行。syslog を見てると、

pppd 2.4.4 started by root, uid 0
using channel 1
Using interface ppp0
Connect: ppp0 <--> /dev/pts/5
anon log[main:pptp.c:267]: The synchronous pptp option is NOT activated 
anon log[ctrlp_rep:pptp_ctrl.c:251]: Sent control packet type is 1 'Start-Control-Connection-Request' 
anon log[ctrlp_disp:pptp_ctrl.c:738]: Received Start Control Connection Reply
anon log[ctrlp_disp:pptp_ctrl.c:772]: Client connection established.
sent [LCP ConfReq id=0x1 <asyncmap 0x0> <magic 0xAAAAAAAA> <pcomp> <accomp>]
anon log[ctrlp_rep:pptp_ctrl.c:251]: Sent control packet type is 7 'Outgoing-Call-Request' 
anon log[ctrlp_disp:pptp_ctrl.c:857]: Received Outgoing Call Reply.
anon log[ctrlp_disp:pptp_ctrl.c:896]: Outgoing call established (call ID 0, peer's call ID 0). 
rcvd [LCP ConfReq id=0x1 <asyncmap 0x0> <auth chap MS-v2> <magic 0xBBBBBBBB> <pcomp> <accomp>]
sent [LCP ConfAck id=0x1 <asyncmap 0x0> <auth chap MS-v2> <magic 0xBBBBBBBB> <pcomp> <accomp>]
rcvd [LCP ConfAck id=0x1 <asyncmap 0x0> <magic 0xAAAAAAAA> <pcomp> <accomp>]
sent [LCP EchoReq id=0x0 magic=0xAAAAAAAA]
rcvd [CHAP Challenge id=0x1 <XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX>, name = "XXXXXXXXXX.XXXXXXXXXX.XX.XX"]
sent [CHAP Response id=0x1 <XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX>, name = "PPTPUSER"]
rcvd [LCP EchoRep id=0x0 magic=0xBBBBBBBB]
rcvd [CHAP Success id=0x1 "S=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"]
CHAP authentication succeeded
sent [IPCP ConfReq id=0x1 <compress VJ 0f 01> <addr LLL.CCC.LLL.VDR>]
rcvd [IPCP ConfReq id=0x1 <addr RRR.MMM.TTT.GGG> <compress VJ 0f 01>]
sent [IPCP ConfAck id=0x1 <addr RRR.MMM.TTT.GGG> <compress VJ 0f 01>]
rcvd [CCP ConfReq id=0x1 <deflate 15> <deflate(old#) 15> <mppe +H -M +S -L -D -C>]
Unsupported protocol 'Compression Control Protocol' (0x80fd) received
sent [LCP ProtRej id=0x2 XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX]
rcvd [IPCP ConfNak id=0x1 <addr RRR.MMM.TTT.CCC>]
sent [IPCP ConfReq id=0x2 <compress VJ 0f 01> <addr RRR.MMM.TTT.CCC>]
rcvd [IPCP ConfAck id=0x2 <compress VJ 0f 01> <addr RRR.MMM.TTT.CCC>]
Cannot determine ethernet address for proxy ARP
local  IP address RRR.MMM.TTT.CCC
remote IP address RRR.MMM.TTT.GGG
Script /etc/ppp/ip-up started (pid XXXXX)
Script /etc/ppp/ip-up finished (pid XXXXX), status = 0x0

見にくいので debug 出力っぽいのを除くと

pppd 2.4.4 started by root, uid 0
using channel 1
Using interface ppp0
Connect: ppp0 <--> /dev/pts/5
CHAP authentication succeeded
Unsupported protocol 'Compression Control Protocol' (0x80fd) received
Cannot determine ethernet address for proxy ARP
local  IP address RRR.MMM.TTT.CCC
remote IP address RRR.MMM.TTT.GGG
Script /etc/ppp/ip-up started (pid XXXXX)
Script /etc/ppp/ip-up finished (pid XXXXX), status = 0x0

RRR.MMM.TTT.GGG から RRR.MMM.TTT.CCC を配ってもらってつながったぽい。ifconfig を見てみると

ppp0      Link encap:Point-to-Point Protocol  
          inet addr:RRR.MMM.TTT.CCC  P-t-P:RRR.MMM.TTT.GGG  Mask:255.255.255.255
          UP POINTOPOINT RUNNING NOARP MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:4 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:3 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:3 
          RX bytes:60 (60.0 b)  TX bytes:48 (48.0 b)

おおっと思ってたら、

anon log[logecho:pptp_ctrl.c:676]: Echo Reply received.
anon log[logecho:pptp_ctrl.c:676]: Echo Reply received.
last message repeated 2 times
anon log[pptp_handle_timer:pptp_ctrl.c:1049]: closing control connection due to missing echo reply
anon log[ctrlp_rep:pptp_ctrl.c:251]: Sent control packet type is 12 'Call-Clear-Request' 
anon log[pptp_conn_close:pptp_ctrl.c:430]: Closing PPTP connection
anon log[ctrlp_rep:pptp_ctrl.c:251]: Sent control packet type is 3 'Stop-Control-Connection-Request' 
anon log[call_callback:pptp_callmgr.c:78]: Closing connection (call state)
Script pptp PPP.PPP.TTT.PPP^I--nolaunchpppd finished (pid XXXXX), status = 0x0
Modem hangup
Connect time 6.0 minutes.
Sent 956072940 bytes, received 532 bytes.
Script /etc/ppp/ip-down started (pid XXXXX)
MPPE disabled
sent [LCP TermReq id=0x2 "MPPE disabled"]
Connection terminated.
Waiting for 1 child processes...
  script /etc/ppp/ip-down, pid XXXXX
Script /etc/ppp/ip-down finished (pid XXXXX), status = 0x0
Exit.

即行で切れた。ひとまず

Unsupported protocol 'Compression Control Protocol' (0x80fd) received

というログが出ていたので、/etc/ppp/options.pptp から noccp を勘で外してみるけど関係なかった。通信できてないのかな?と思ってたら、単にデフォルトゲートウェイを ppp0 に向けてないだけだった。

# route -n
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
RRR.MMM.TTT.GGG 0.0.0.0         255.255.255.255 UH    0      0        0 ppp0
LLL.CCC.LLL.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
0.0.0.0         LLL.CCC.LLL.GGG 0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0

ということで、LLL.CCC.LLL.GGG を削除して RRR.MMM.TTT.GGG をデフォルトルートにする。

# route del default gw LLL.CCC.LLL.GGG
# route add default gw RRR.MMM.TTT.GGG

# route -n
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
RRR.MMM.TTT.GGG 0.0.0.0         255.255.255.255 UH    0      0        0 ppp0
LLL.CCC.LLL.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
0.0.0.0         RRR.MMM.TTT.GGG 0.0.0.0         UG    0      0        0 ppp0

これで行けると思ったら、eth0 を通してた PPP.PPP.TTT.PPP との通信ができなくなって、接続断。一体何をしてるんだか...。ここは PPP.PPP.TTT.PPP へのスタティックルーティングを設定しておくのが正しい。

# route -n
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
RRR.MMM.TTT.GGG 0.0.0.0         255.255.255.255 UH    0      0        0 ppp0
LLL.CCC.LLL.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
0.0.0.0         LLL.CCC.LLL.GGG 0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0

# route add -net PPP.PPP.TTT.PPP netmask 255.255.255.255 gw LLL.CCC.LLL.GGG
# route del default gw LLL.CCC.LLL.GGG
# route add default gw RRR.MMM.TTT.GGG

# route -n
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
RRR.MMM.TTT.GGG 0.0.0.0         255.255.255.255 UH    0      0        0 ppp0
PPP.PPP.TTT.PPP LLL.CCC.LLL.GGG 255.255.255.255 UGH   0      0        0 eth0
LLL.CCC.LLL.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
0.0.0.0         RRR.MMM.TTT.GGG 0.0.0.0         UG    0      0        0 ppp0

これでようやく RRR.MMM.TTT.CCC としてネットワークに参加できた。もうちょっときれいにつなげられるようにしたいけど、それはまた後々。


2007-12-21(金) いろいろ記録

_ [vdr] tdiary 2.2.0-1

更新。my-sequel.rb をパッケージのものに取り替え。

他は特に問題なさそうだ。

_ [unicon] kernel-2.6.23-2.3.src.rpm @ turbolinux

久々にどこか参考にするとこないかなと拾ってきたら、うちのが入っててびっくり。

_ [comp] Tab Kit

Tab Kit。まだ Tab Mix Plus から乗り換えるには早いかな。


2008-12-21(日) あんま寝れてないな


2009-12-21(月) やらかした

_ [debian] w3m 0.5.2-2.1vd1 変

なんか migemo 検索がうまく動かない。以前は UTF-8 で動かすおかしい、ということがあったみたいだけど、もう対処されてるはず。> #336554

と、素の 0.5.2-2.1 で動かすと特に問題ないので、独自パッチが何か悪さしてるのか...。疑ってごめん > w3m, migemo & cmigemo

わかった。#336554 で最終的に migemo に修正が入ってるのに、w3m 側にそこに出てるパッチを当てたままのせいかな。ということで w3m からそのパッチを外してみたところ、まともに migemo が動作するようになった。ちゃんと BTS の進行具合も見ておかないといけないな。

_ [debian] linux-image-2.6.32-trunk-amd64 2.6.32-2

インストールしたら

Required firmware files may be missing                                  

This system is currently running Linux 2.6.31-1-amd64 and you are       
installing Linux 2.6.32-trunk-amd64.  In the new version some of the    
drivers used on this system may require additional firmware files:      

r8169: rtl8168d-2.fw, rtl8168d-1.fw                                     

Most firmware files are not included in the Debian system because no    
source code is available for them.  You may need to reconfigure the     
package manager to include the non-free section of the Debian archive   
before you can install these firmware files.                            

って出て、とにかく先に進むと

W: Possible missing firmware /lib/firmware/rtl8168d-2.fw for module r8169
W: Possible missing firmware /lib/firmware/rtl8168d-1.fw for module r8169

ってなった。もしかして通信できなくなる?と思ったけどそんなことはなかった。

05:00.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168B PCI Express Gigabit Ethernet controller (rev 02)
06:00.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168B PCI Express Gigabit Ethernet controller (rev 02)

r8169 Gigabit Ethernet driver 2.3LK-NAPI loaded
r8169 0000:05:00.0: PCI INT A -> GSI 16 (level, low) -> IRQ 16
r8169 0000:05:00.0: setting latency timer to 64
r8169 0000:05:00.0: irq 30 for MSI/MSI-X
eth0: RTL8168c/8111c at 0xffffc9000037e000, XX:XX:XX:XX:XX:XX, XID 1c2000c0 IRQ 30
r8169 Gigabit Ethernet driver 2.3LK-NAPI loaded
r8169 0000:06:00.0: PCI INT A -> GSI 17 (level, low) -> IRQ 17
r8169 0000:06:00.0: setting latency timer to 64
r8169 0000:06:00.0: irq 31 for MSI/MSI-X
eth1: RTL8168c/8111c at 0xffffc90004cbc000, XX:XX:XX:XX:XX:XX, XID 1c2000c0 IRQ 31

rtl8168d じゃないから関係ないのかな。


2010-12-21(火) 無理

_ [misc] 雨

皆既月食は見られず。



2012-12-21(金) 遠征2日目

_ [debian] 続々々々々・mikutter パッケージング

mikutter を Debian に収録するに際して DFSG に即したものか、即していないならどのような対応を行ったか、行う予定か、現状(r1089)の報告です。

発端として OSC Tokyo 2012 (2012/9/11) にて mikutter を Debian に収録しようという話になり、ライセンスに何か問題はないか、としぁさんIwamatsuさん と相談・調査を始めました。

まず、スキンデータ(core/skin/)に関しては本体のライセンスである GNU GPL v3 をそのまま適用すると原作者のコントロールが効かなくなってしまうため、スキンデータ(core/skin/)は別途 CC BY-SA-3.0 を適用するのがよいという結論になりました。CC BY-SA-3.0 は DFSG に矛盾せず Debian に収録が可能(The Big DFSG-compatible Licenses: CC BY-SA v3.0)で、なおかつ原作者のコントロール下に置くことができます。

さらにスキンデータ(core/skin/)全体に CC BY-SA-3.0 が適用できるのか詳細を確認したところ、

  • core/skin/data/loading.png
  • core/skin/data/notfound.png

については はちゅねミク そのままでした。これらには ピアプロ・キャラクター・ライセンス (PCL) が適用され、DFSG とは矛盾すると考えられたため、r1031 にて変更を行っていただきました (#517: 画像ロード中・画像読み込みエラーの時の画像を変更する)。

また、

  • core/skin/data/icon.png

は「初音ミク」ではなくオリジナルの「みくったーちゃん」とのことですが、厳密に PCL が適用されると考えた場合、DFSG と矛盾するため収録することができません。先頃 CC BY-NC-3.0 を適用することも可能となりましたが、「NC(非営利)」の部分が DFSG に矛盾するため、やはり収録することができません。(CC BY-NC-3.0 が適用されるのは公式イラストのみだったので修正: 弊社キャラクター公式イラストへのクリエイティブ・コモンズ・ライセンス付与につきまして: 2012/12/21 15:23)。よって、該当ファイル core/skin/data/icon.png の差し替えを行わなけば Debian には収録できません。こちらはどのように進めるべきか対応を検討中です。

次に、ライブラリ(core/lib/)に関しては、

なお、mikutter上で動作するプラグイン及び添付されている外部ライブラリ(core/lib以下の全て)、スキンファイル(core/skin以下の全て)については、このライセンスの適応対象外です。

[mikutter/READMEより引用]

とありましたが、ライブラリ(core/lib/)ディレクトリには本体のライブラリと外部ライブラリが混在して配置されていました。中にはライセンス・著作権者表記のないファイルがあり、README の表記に従うとライセンス・著作権者が不明なファイルが多数含まれる状態となっていました。そこで r1060 にて本体のライブラリ(core/lib/)から外部ライブラリを別ディレクトリに(vendor/)を分離し、README を修正していただきました (#534: 外部ライブラリをvendorディレクトリに分けた)。

なお、mikutter上で動作するプラグイン及び添付されている外部ライブラリ(vendor以下の全て)については、このライセンスの適応対象外です。

[mikutter/READMEより引用]

さらに、vendor/ 以下の外部ライブラリが、GNU GPL v3 である本体に同梱して配布可能かを確認しました。含まれている外部ライブラリは以下の通りです。

  • addressable
  • bsearch
  • hmac
  • json
  • memoize
  • oatuh
  • typed-array

addressable はファイル中に Apache License v2.0 が明示されています。Apache License v2.0 は GNU GPL v3 であれば矛盾しないとされているため(Apache License v2.0 and GPL Compatibility, GPL-Compatible Free Software Licenses: Apache License 2.0)、同梱に問題ありません。

bsearch および hmac はファイル中に Ruby's License が明示されています。Ruby's License は 2-Clause BSD License を選択することも可能であり、これは GNU GPL v3 とは矛盾しないため(GPL-Compatible Free Software Licenses: FreeBSD license)、同梱に問題ありません。

json はファイル中に記載がないため、これ単体で見た場合にライセンス・著作権者が不明なので問題があると考えており、対応を検討中です。なお、json/README には Ruby's License、GNU GPL v2 と記載があるため、ライセンス・著作権者が明示されれば同梱に問題ありません。

memoize もファイル中に記載がないため、これ単体で見た場合にライセンス・著作権者が不明なので問題があると考えており、対応を検討中です。なお、memoize-1.3.1.tar.bz2 中の README には Artistic License v2.0 と記載があり、これは GNU GPL v3 とは矛盾しないため(GPL-Compatible Free Software Licenses: Artistic License 2.0)、ライセンス・著作権者が明示されれば同梱に問題ありません。

oauth および typed-array もファイル中に記載がないため、これら単体で見た場合にライセンス・著作権者が不明なので問題があると考えており、対応を検討中です。なお、oauth/LICENSE および typed-array/LICENSE.txtMIT License (Expat License とも呼ぶ)であり、これは GNU GPL v3 とは矛盾しないため(GPL-Compatible Free Software Licenses: Expat License)、ライセンス・著作権者が明示されれば同梱に問題ありません。

まとめです。

  • core/skin/data/icon.png は DFSG に矛盾するため、Debian に収録する際には差し替える必要がある。
  • vendor/ を同梱するには json, memoize, oauth, typed-array は各ファイルもしくはディレクトリにてライセンス・著作権者の明示の必要がある。パッチ提出済(#534: 外部ライブラリをvendorディレクトリに分けた)。

以上が解決できれば ITP する予定です。現状は git.debian.org にて作業を行っています。


2013-12-21(土) 遠征1日目

_ [misc] 山奥

寒すぎ。



2015-12-21(月) なるほど

_ [debian] mikutter 3.2.11+dfsg-2

3.2.11 が segv する件display_requirements プラグインが入っていると再現しないとのことなので、外してみると確かに segv した。> ツイートをクリックするとセグフォで落ちる

修正が出ていたので、適用してアップロードした。> Revision c061b55c


2016-12-21(水) よし

_ [debian] 続・ruby-moneta 0.7.20-6

無事 testing に入って、残る RC bug は ruby-fog-rackspace の芋蔓



2003年
12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E