«前の日記(2003-10-29(水)) 最新 次の日記(2003-10-31(金))»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2003-10-30(木) やれやれ [長年日記]

_ [kip] /home 領域崩壊

出勤したら、/home が崩壊していた。こういうときのために対策は取ってある。

  • /home は RAID1
  • /home は毎朝、daily、weekly、monthly で差分 backup

復旧作業開始。

  1. RAID1 のどっちの HDD が崩壊したのか確認。
  2. 万が一に備えて data を backup。
  3. 新 RAID カードに新 HDDx2 をつないで RAID1 構築。
  4. data を元に戻す。

1 か 2 か。2 を外す。正解。RAID1 の片方の HDD だけが崩壊していたようだ。これなら差分/完全 backup から書き戻すという面倒な手順を踏まずに済む。

と、ここまではよかったが、RAID1 の構築の時点で、HDD が熱暴走を起こしてしまい、途中で停止。1時間で済むところを3時間浪費。

新 RAID カードは PROMISE の FastTrak TX2000 なのだが、これが kernel-2.4.22 では、array が見つからないと出て pdcraid を読み込むことができなかった。検索してみると、

https://listman.redhat.com/archives/ataraid-list/2003-September/msg00009.html

にある patch を当ててやることで回避できるようだ。これにたどりつくまで 2 時間くらい。

PROMISE IDE の計算方法を忘れていてそれでも時間浪費。I/O ポートアドレスの「ide2=(a),(b+2),IRQ ide3=(c),(d+2),IRQ」で OK。

旧 RAID1 の片肺から新 RAID1 に cp しているときに旧 RAID1 HDD が熱暴走。HDD に CPU 用のヒートシンクやらファンやらを取り付けて冷却しながら、cp の途中に sleep を挟みながらで移して 6 時間。やっと終わった。


2003年
10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E