最新

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2003-12-01(月) 気が向いて kernel update [長年日記]

_ [comp] kernel 2.4.23 おためし

kernel 2.4.23 にしてみた(rmap とか ck が出てないのでおためし)。当てた patch は

  • devfs-patch-v199.17.gz
  • longbeep-linux-2.4.0.patch
  • vd_kernel-2.4.21-tuner-ntscjp.patch
  • linux-2.4.23-i2c-2.8.1.patch
  • linux-2.4.23-ow1.diff
  • usagi-linux24-s20031124-2.4.23-rc3.diff.bz2
  • vd_unicon-kernel-core-20031125vd.patch
  • vd_unicon-kernel-patch-2.4-20031125vd.patch
  • vd_unicon-kernel-patch-common-20031125vd.patch
  • vd_unicon-kernel-fonts-20031122vd.patch.bz2

compile は問題なく終わる。また、追加 module deb は

  • alsa-modules 0.9.8-1
  • i2c 2.8.1-1
  • lm-sensors 2.8.0-2
  • nvidia-kernel 1.0.4496-10

問題ないようだ。

また、

Dec  1 12:03:26 XXXXXXXX kernel: addrconf: valid lifetime 2592000 is too long; adjusted to 2147482.

が出なくなった模様。USAGI が新しくなったからかな?

_ [comp] OOM killer って何だ?

2.4.23 で削除された OOM killer。ちょっと前にも LKML で議論があったようだが、こりゃ何だ? malloc(3) によると、

システムがメモリ不足状態になったとき、悪名高いメモリ不足解決器 (OOM killer) によって一つまたは複数のプロセスが削除される。

また、削除される process はランダムらしい。ほー。


2003-12-02(火) Wiki 検討中 [長年日記]

_ [debian] amrita 1.0.2-2vd0, hiki 0.4.2a-4vd0

Wiki を置いてみたくなったので、ちょっと探してみる。hiki というのがよさげっぽいので apt で入れてみようとするが、これは ruby 1.6 向けか。ということで ruby 1.8 向けに packaging し直した。hiki が依存している amrita も同様。

hiki は 0.5 系のほうがよさそうだな、ということで作り直すか。

_ [comp] ck testing for 2.4.23

ひっそりと置かれたようだ。でも表に出るまで待つか。rmap もまだだし。

_ [えふえふ] 吟(→)

Boyahda 重すぎ。


2003-12-03(水) 図を描こう [長年日記]

_ [debian] hiki 0.5+20031203-0vd2

作ってみた。なんか dpatch 形式ってよくわからなかったので適当に。そして作ったはいいが何に使おうか、Wiki。

Wiki って最初の段階で、何しようかあんまり考えてないから、いつも用意しただけで終わってるなぁ。どうしよう。

hiki.cgi が symlink だと動かないなぁ。tdiary 方式にいじくるか。

_ [research] 図を描く

これまで tgif で図を描いてたけどあんまりきれいな図にならないなぁ。試しに dia でも使ってみるかな。

お、結構きれいにできるもんだなぁ。

これって任意の場所に接続点ってつけられないのかな?ジグザグ線にはセグメントの追加削除は出るけど、接続点の追加削除が出ないなぁ。

_ [えふえふ] 吟(→)

Gustav で。もうちょっとで上がりそうなんだけど寝よう。


2003-12-04(木) kernel どうしようかね [長年日記]

_ [comp] 2.4.23-ck1

出たようだ。-ck は開発に時間が取れなくなったので終了らしい。うーん残念だ。一方、-aa は大部分が 2.4 に merge されており、2.4.23-aa1 が最後の 2.4-aa になる、とのこと。2.4 は近いうちに maintenance mode に入ることもあるし、2.6 へ行け...ということか?

ひとまず、rmap はないけれども入れてみることにする。先日のおためし版の tree に問題なく patch は当たった。compile も問題なし。

acpi=off とすると HyperThreading 効かなくなるのね。最初 1CPU しか見えなくて焦った。うーむ、GKrellm の CPU の波形が何やらおかしいなぁ、乱れてるというか。

_ [comp] valid lifetime 2592000 is too long 問題

また出るようになった。何だろう?これって USAGI じゃなくて、ck の何かの影響なのかなぁ。

あーなんかわかった気がする。

if (valid_lft >= 0x7FFFFFFF/HZ) {
        /* Avoid arithemtic overflow */
        if (net_ratelimit())
                ADBG1((KERN_DEBUG "addrconf: valid lifetime %u is too long; adjusted to %u.
",
                       valid_lft, 0x7FFFFFFF/HZ-1));
        valid_lft = 0x7FFFFFFF/HZ-1;
        if (prefered_lft > valid_lft)
                prefered_lft = valid_lft;
}

これは net/ipv6/addrconf.c の当該箇所なのだが、ck の Timer frequency (CONFIG_HZ) によって HZ は 100 から 1000 になっている。そのせいで問題が起こってるっぽい。もともとの 100 な HZ は USER_HZ に退避されてるみたいだから、置き換えればいいのかな。てことで、include/net/addrconf.h の最初のほうで、#define HZ USER_HZ してみた。よし、出なくなった。けど、これでいいんだろうか。

結局、2.4.23 おためし版に戻した。うーむ。

_ [debian] w3m 0.4.2+1.890-0vd0

-m17n を使いたかったので作った。

_ [research] cURL ruby binding あるかな?

探していると、unofficial debian packages にて deb になってるのを発見。入れてみた。

_ [debian] rsync 2.5.7-0vd0

rsync.gentoo.org が侵入されたのは 2.5.6 の穴を突かれたらしい。ということで作って入れ換えておく。

_ [えふえふ] 吟(↑1)

Boyahda でアップ。さああと1つだ。


2003-12-05(金) さようなら skkinput、こんにちは uim [長年日記]

_ [comp] patch-2.4.23-ck1-fix1

GKrellm の波形が乱れるのはバグだったようだ。ということで fix1 を当てて作り直してみる。うん、落ち着いた。

_ [comp] uim を使ってみる

ちょっと気が向いたので、uim を使ってみることにする(skkinput を使っているときに、HOME キーを押してしまってわけわかんない状況になることにいい加減嫌気が差していたというのもあるけど)。早速以下を install。

  • libuim0
  • uim-common
  • uim-xim

.xinitrc にて XMODIFIERS の設定と uim の起動を追加。

export XMODIFIERS="@im=uim-skk"
uim-xim &

.Xdefaults の *inputMethod: はもう不要なのかな。

さて X 起動。なんかおかしいな。uim-helper-server も入れないと駄目なのか。あと uim-gtk2.0 も入れておこう。お、MozFB やら xchat2 やらに小窓が出てきた。なんか小窓の位置が変? rxvt だと小窓自体出ないなぁ。GTK+2 アプリじゃないからしょうがないのかな。

そして変換ができないなぁ。/usr/share/uim/skk.scm を見てみると、skkdic を直で読んでるのか。ということでこの前作った skkdic を install。お、変換できるようになった。

_ [debian] LookupError: unknown encoding: EUC-JP 問題

apt-listchanges で LookupError: unknown encoding: EUC-JP とか出るのは、python2.3-japanese-codecs を入れることでおさまるようだ。

_ [えふえふ] 吟(→)

Gustav でかなり快適。でも先は長い。


2003-12-06(土) 週末は AA 戦 [長年日記]

_ [えふえふ] −

AA 戦行ってきた。今日は負けた。くそー。


2003-12-07(日) また来週頑張るか [長年日記]

_ [えふえふ] −

AA リベンジ成功。

_ [debian] fontconfig 2.2.1-13vd0

新しくなっていたので作り直し。


2003-12-08(月) ちょい寒かったので休み [長年日記]

_ [えふえふ] 吟(→)

Boyahda は相変わらず重い。


2003-12-09(火) タイヤ交換につき休み [長年日記]

_ [えふえふ] −

クエストとかミッションやったりとか。


2003-12-10(水) ついに夜に車のガラスが凍った [長年日記]

_ [debian] MozFB を deb で入れてみるテスト

これまで Mozilla や MozFB は /usr/local に入れていたが、deb で入れてみることにする。user profile に xpi を install する方法もあることだし。> Install Extensions Into Your Profile Directory

なんか融通効かないなぁ。中止。

_ [えふえふ] 忍(↑2)

目指せ二刀流。


2003-12-11(木) なんかだらけてるなぁ [長年日記]

_ [comp] uim-xim ちと調子悪い?

いつのまにか死んでるときがあるな。

_ [えふえふ] 忍(↑2)

二刀流達成。


2003-12-12(金) WikiWiki [長年日記]

_ [comp] Hiki で Wiki 初体験

いろいろいじくってみた。もともとあるサイトを Wiki ベースにするのって意外と楽かも?


2003-12-13(土) 着々と hiki 準備 [長年日記]

_ [comp] hiki と ViewCVS

hiki と cvs の連携について試してみた。

  1. まず、cvs レポジトリを作っておく。
  2. cvs.rb プラグインを入れる(このプラグインが commit 動作とかを行う。ログとかも自動)。
  3. hikiconf.rb で「$repos_root」でレポジトリを指定。

これで、更新ページや新規ページはどんどん cvs へと入っていく。

次に、ViewCVS を入れる。

  1. ./viewcvs-install を実行、適当なディレクトリに install。
  2. install 先の viewcvs.conf を編集。「cvs_roots」「default_root」「address」を設定。
  3. install 先の cgi/viewcvs.cgi cgi/query.cgi を適当なところに設置。

これで、hiki の履歴が ViewCVS で参照できる。

あとは、plugin/00default.rb で menu に

if( @page != nil )
  s = @page.escape.escapeHTML
  s.gsub!(/%/, '%25')
  menu << %Q!<a accesskey="v" href="viewcvs.cgi/#{s}">ViewCVS</a>!
end

してやれば OK (だと思う)。

参照にしたのは次の URI。


2003-12-14(日) これを機に研究再開するか [長年日記]

_ [えふえふ] −

ラスボス倒した。曲がいいね。燃える。


2003-12-15(月) 今日は出勤 [長年日記]

_ [debian] timidity と kaffe を hold

なんか remove されそうだったので hold。libesd0 周りっぽい。

kaffe のほうは #223956 かな。

_ [comp] nkf --overwrite

こんなオプションあったのか。知らなかった。

_ [debian] libnora-ruby 20021204-0vd0

tdiary の disp_referrer を使うために作ってみた。ところが nora なくてもそれなりに処理してくれるのね。んでもって disp_referrer はちょっと肌に合わなかった。ちぇ。

けど libnora-ruby を作る際に、ruby1.6/1.8 両方対応の deb 作成の方法を libtmail-ruby からパクってきて勉強になったからいいか。


2003-12-16(火) 雪降った [長年日記]

_ [misc] 寝すぎた

そしてまた寝る。


2003-12-17(水) 骨折り損したかも [長年日記]

_ [comp] vanadate をいじる

vanadate をいじってみた。

  • 特異魔法を簡略化。
  • -g オプションを新設。ruby/GTK+ で単純なデジタル時計を表示。
  • -t オプションを新設。term のタイトルバーに単純なデジタル時計を表示。

よく考えてみたら、-t って意味ないな...。fluxbox を使っているので、ruby/GTK+ モードをアイコン化すると、fluxbox ツールバーに格納されて時計代わりに。本当はツールバー自体に何とか表示させようと頑張っていたが、アイコン化って使ってないからこれで十分だなぁ。モノは これ


2003-12-18(木) 今日はいろいろ頑張った [長年日記]

_ [debian] ftp.jp.debian.org → ftp1.debian.or.jp

ftp.jp.debian.org の Packages が最近更新されてないみたいなので、最近立ち上がった ftp1.debian.or.jp を見るようにした。

_ [debian] uim 0.2.0-2vd0

uim-xim 導入時から気になっていたが、いつの間にか uim-xim が消えてることが多かった。coredumpsize 0 だったので、何がなにやらな状態。そして coredumpsize unlimited にすると、今度はなかなか落ちないんだよな。んでもってようやく core 落ちてきたと思ったら、debug symbol がなくて駄目。SIGSEGV であることはわかったけど。

ということで、rules で dh_strip をコメントアウトし、uim を build。早く落ちないかなー。

_ [debian] tdiary 1.5.6+20031216-0vd0

なんとなく新しくしてみた。

_ [debian] timidity と kaffe を hold その後

kaffe は #223956 が Close されたので OK。

timidity も問題の箇所は直ったようだ。

_ [comp] Ruby/GtkEmbedMoz メンテナンス停止

メンテナンス停止。 Ruby/GtkEmbedMoz-- をご利用下さい。

_ [comp] kernel 2.6.0 released

出ましたなぁ。UNICON 頑張るかね。

_ [unicon] UNICON for 2.6 再開

tl-unicon と kernel 2.6.0-test11 を一度確認してみた。お、日本語表示できたぞ。

手元の patch ともう一度よく見比べてみる。

  • fbcon_putc_tl の位置が違う。2.4 との共通 patch には含められなさそう。
  • drivers/char/vt.c および drivers/video/console/fbcon.c で linux/version.h を include しないと駄目。
  • drivers/video/unicon/xl_{fontmgr,hzfb}.c で linux/console_struct.h を include したら二重定義で駄目。
  • drivers/video/unicon/xl_hzfb.c で HzFbInit が 2.4 と 2.6 で全然違う。
  • drivers/video/unicon/xl_keymasks.h で linux/wrapper.h を include しない。もうない。

一応 compile は通るようになった。さてどうなるか...お、うまくいったぞ。

てことで、UNICON unofficial を更新しておいた。


2003-12-19(金) テストテスト [長年日記]

_ [comp] kernel 2.6.0 を試す

ひとまず UNICON は使えるようになったので、2.6.0 を試用することにする。自分自身はほとんど X 常用だから、実際のところ UNICON はなくても日常生活に問題はないんだけれど、まあこれも乗り掛かった船というやつで。

X 常用ということは、nvidia の driver を使うわけなのだが、NVIDIA Linux x86,x86-64,ia64 Driver PatchesnVidia + kernel 2.6 + Debian を参考に適用してみる。X を起動すると、nvidia のロゴは出るのだが、その後が真っ暗。一応生きていて X も上がってはいるようだが、真っ暗。これかな Inspiron 2650 Kernel 2.6 nvidia problem。そういや、nvidia-glx と nvidia-glx-dev で 2.6 と TLS のからみでいろいろあったっけ。こいつらを reinstall して TLS library を入れてみた。OK。

そしてお約束として CONFIG_DEVPTS_FS を y にするのを忘れていた。作り直して OK。

lm-sensors が動かないな。i2c-proc and kernel 2.6.0-test11 HOWTO によると、2.8.2 じゃないと駄目なのか。deb 作ってみようとちょっと拾ってきたが、そう簡単にはいかないようだ。保留。

bttv は AUTODETECT がうまく働かなかったので card=81 (GV-BCTV5/PCI) を指定してやった。ちゃんと映ったし音も入った。

なんか遅いと思ったら、DMA 有効になってなかった。作り直してみると、なんかすごいキビキビ動くようになったぞ。

こんなところかな。まあほぼ問題なく使えるんじゃないかなぁ。あとは世の中がどう動くかかな。


2003-12-20(土) さらにテスト [長年日記]

_ [comp] 続・kernel 2.6.0 を試す

なんか beep が鳴らないと思って調べてみると、CONFIG_INPUT_PCSPKR ってのがあるのか。y にする。

_ [えふえふ] ー

限界越えられんよ...。


2003-12-21(日) 寒いなぁ [長年日記]

_ [comp] uim-xim 落ちた

core 吐いてくれた。ひとまず backtrace。追跡はまた後で。

#0  0x0804a42a in ProcXEvent(_XEvent*) (e=0xbffffad0) at main.cpp:269
#1  0x0804a4ca in xEventRead (fd=5, ev=1) at main.cpp:290
#2  0x0804a006 in main_loop() () at stl_tree.h:202
#3  0x0804a85c in main (argc=31457396, argv=0x1e00074) at main.cpp:430

_ [えふえふ] 白(→) 吟(→)

とにかくレベル上げのカンを取り戻しとかないと。


2003-12-22(月) tdiary ごにょごにょ [長年日記]

_ [debian] uim 0.2.1-1vd0

新しいのが出たので、とりあえず debug/nostrip で作り直す。直っていればいいけど。

_ [comp] ruby cgi テストメモ

cgi.rb は REQUEST_METHOD を見て offline mode かどうかを判断している。

_ [debian] libapache2-mod-ruby 1.1.1-2vd0

このへん から libapache2-mod-ruby 1.1.1-2 をいただいてきて、今の apache2 用に作り直した。

_ [comp] mod_ruby を使ってみる

ということで前振りはここまでで、実際にやってみる。まず、

LoadModule ruby_module /usr/lib/apache2/modules/mod_ruby.so

として /etc/apache2/mods-available/mod_ruby.load を作成。次に

<IfModule mod_ruby.c>
  # for Apache::RubyRun
  RubyRequire apache/ruby-run

  <Files *.rb>
    SetHandler ruby-object
    RubyHandler Apache::RubyRun.instance
  </Files>
</IfModule>

として /etc/apache2/mods-available/mod_ruby.conf を作成。

htaccess の AddHandler cgi-script から .rb を除去。

あとは apache2 を restart で OK。ruby やら tdiary の update やらのついでにたびたび apache2 を restart しなきゃならない...ので、やっぱ使用中止。

_ [comp] pre.rb 変更 & emptDiary style にする

pre plugin を これ から これ に変更した。

最近気付いたが、行頭に < があるとセクション全体が整形の対象にならなくなるのね。いつも整形の対象としておきたいけど、それだと pre plugin が使えない。これなんとかならないかな。

ということで、emptDiary style を導入してみた。素晴しい。cache 削除とか、YYYYMM.td2 の Format を emptDiary に直さなきゃならないとか、いろいろはまったが...。ひとまずこれまでの日記を修正。

そして tdiary カテゴリを新設。

_ [えふえふ] 吟(↑1)

ついに 70 の大台に。


2003-12-23(火) このまま下界は雪降らなきゃいいが [長年日記]

_ [comp] uim-xim また落ち

#0  0x0804a42a in ProcXEvent(_XEvent*) (e=0xbffffad0) at main.cpp:269
#1  0x0804a4ca in xEventRead (fd=5, ev=1) at main.cpp:290
#2  0x0804a006 in main_loop() () at stl_tree.h:202
#3  0x0804a8bb in main (argc=31457330, argv=0x1e00032) at main.cpp:431

なんか、見てたら MozFB が落ちたときに巻き込まれてるようなそうでもないような...。

_ [えふえふ] 吟(→)

着実に。


2003-12-24(水) まぁ外は白くなかったな [長年日記]

_ [debian] tdiary 1.5.6-1

sid に 1.5.6 が入ったようだ。手元の版はそれに追随するかな。

_ [えふえふ] 吟(↑1)

限界突破。


2003-12-25(木) 今日も白くなかった [長年日記]

_ [debian] tdiary 1.5.6+20031223-0vd0

sid の tdiary 1.5.6-1 に追随。

_ [えふえふ] 吟(→)

昨日拾ったゲートパスで越えた場所でぼつぼつ。


2003-12-26(金) なんか降ってきたぞ [長年日記]

_ [えふえふ] 吟(→)

Kuftal とか RanpsTomb とか行ったことない場所で稼ぎ。


2003-12-27(土) 若干積雪 [長年日記]

_ [comp] キーボード壊れた?

m s l n が効きづらい。特に m は押しても反応しないことがある。

_ [えふえふ] 吟(↑1)

RoMaeve で何度か全滅したり撤退したりしながらも何とか 1 UP。


2003-12-28(日) 雨が冷たい [長年日記]

_ [えふえふ] 吟(→)

今日も着実。


2003-12-29(月) キーボード交換するかなあ [長年日記]

_ [えふえふ] 吟(→)

上がる直前で解散。ちぇ。


2003-12-30(火) でも買い換えには行ってない [長年日記]

_ [えふえふ] 吟(↑1)

ちょろっと稼いでアップ。


2003-12-31(水) よいお年を [長年日記]

_ [debian] uim 0.2.2-0vd1

新しいのが出ていたので作った。

さてこれが今年最後の作業になるかな。


2003年
12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E