最新

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2004-04-01(木) 新年度始まる [長年日記]

_ [comp] smokeping 設置

を参考に smokeping を設置してみた。

_ [kip] tftp 再構築ほぼ完了

/var mount 問題とりあえず解決。

  • /var を NFS で mount したい。
  • NFS mount するには、rpc.statd を起動しなければならない。
  • rpc.statd は /var/lib/nfs 以下に file を作成する。

何のことはない、rpc.statd が file を作成する場所を RAMDISK 上にしてしまえばよい。決め打ちのようなので、変更して再 compile。

./configure --with-statedir=/tmp/.var/nfs

で OK。

rpc.statd が起動したら、その直後に /var を NFS mount。これで後は問題なく起動した。

_ [debian] pdumpfs 0.8-0vd1

作成。

_ [kip] やっぱり palantir

palantir から camserv にしてみたけど、妙にちらつきが激しいんでやっぱり palantir に戻した。

_ [debian] unicon-utils 3.0.4-20010924-0vd1

Userland の deb package を作成。

参考にした deb

  • portmap
  • nfs-utils

ポイント

  • /etc/default/unicon-utils (conffiles, unicon-utils.default, dh_installdebconf)
  • /etc/init.d/unicon-utils (init.d, dh_installinit)

_ [comp] kernel 2.6.4-rc3-mm4

今日も出た。

bttv0: skipped frame. no signal? high irq latency? [main=37077000,o_vbi=37077018,o_field=1b7ed000,rc=1b7ed01c]

というのが syslog に大量に出てうるさいので、makes-bttv-quiet.patch を当てる。

_ [debian] mozilla-firefox-locale-ja 0.8-0vd1

mozilla-firefox-locale-fr を s/fr-FR/ja-JP/、s/FR/JP/、s/fr/ja/、s/googlefr/GoogleJapan/ あたりで作成。JLP は まっちゃんの Mozilla 用 JLP をいただいてきた。

_ [comp] v4lctl メモ

  • v4lctl setchannel XX ... チャンネル設定
  • v4lctl setattr "audio mode" XXXXX ... 音声切替


2004-04-02(金) lm-sensors タイトルつけ忘れ [長年日記]

_ [debian] uim 0.3.3-1vd1

sync with 0.3.3-1

最近 Moz に巻き込まれて落ちることがなくなった気がする。

_ [debian] lm-sensors 2.8.5-4vd1

CVS 20040402 で作成。

何種類かの kernel-patch 作るようになってたけど、2.4.25 のみ作るようにした。多分使わないと思うけど。


2004-04-03(土) 雨で花見不可 [長年日記]

_ [comp] ノート冷却台購入

NP-101 を買ってきた。静かだし、底が熱くなることがなくなった。


2004-04-04(日) 040404 リリース [長年日記]

_ [unicon] 2.6.5-20040404

作成

_ [comp] kernel 2.6.5-aa1

2.6.5 出た。Linus は1週間お休みするので毎日 compile したければ -mm を使おう、とのこと。ひとまず -aa で遊んでみることにする。

make-kpkg modules_image が #241897 で失敗したが、そこで上げられている対処で回避。

_ [debian] w3m 0.5-6vd1

imlib2。


2004-04-05(月) 小中は始業式か [長年日記]

_ [debian] mplayer 1.0-pre3cvs20040404-0.0vd1

何故か orig.tar.gz しか置かれていなかったので、前回作成した diff.gz を当てて作成。

_ [comp] kernel 2.6.5-aa3

-mm1 が出て、さらに -mc1 というのが新設されたけど、ひとまず -aa で行こう。

#241897 は kernel-package 8.085 で fix された模様。


2004-04-06(火) 明日は健康診断 [長年日記]

_ [debian] mplayer 1.0-pre3cvs20040404-0.0vd2

今日見たら dsc と diff.gz があったので、それで作成。GTK+2 に関する修正、今度は -j 4 ではなく -j 3 になっていたがそれでも削除。

_ [debian] lm-sensors 2.8.6-0vd1

作成。前回同様、kernel-patch は 2.4.25 用のみ。


2004-04-07(水) 明日は入学式 [長年日記]

_ [debian] uim 0.3.4.1-0vd1, 0.3.4.2-0vd1

0.3.4 が出ていたので作ろうと思ったら 0.3.4.1 が出た。[Anthy-dev 681] [Anthy-dev 690] [Anthy-dev 699] は取り込まれていたので外した。

健康診断から戻ってきたら 0.3.4.2 が出ていたのでさらに作成。

_ [debian] hiki 0.6.3-0vd1

security fix のようだ。作成。

_ [kip] tftp client で rpc.statd 落ちる

gethostbyname に失敗しているので /etc/hosts に entry を追加。

portmap を上げる前に rpc.statd を上げていた。順番変更。

_ [unicon] GB user さんとの対話

ここのところ GB user さんからの質問メールをよくもらう。中身は英語なんだけど、結構大変。

_ [misc] 健康診断 tips

超ローカルネタ。

  • 早く来すぎても、用紙を配る人や測定者がいなくて無駄足になる。
  • 早く来すぎると、用紙を配る人が慣れていなくて、なかなかもらえない。
  • レントゲン車は真っ先に並べ。最後まで長蛇の列。
  • 内科検診と血圧測定は似た場所にあるが、列に惑わされるな。内科検診のほうが列は短い。
  • 血圧測定は下手な人に当たると恐ろしく待たされる。各自で計測してくるべし。
  • 検尿はすぐ終わるので後回しでもよい。
  • 視力測定と眼科検診の列に惑わされるな。視力測定した後でないと眼科検診は受けられない。
  • 身長、体重は自己測定なので、各自で計測してくるべし。


2004-04-08(木) 風邪だがいろいろ [長年日記]

_ [debian] xft2 2.1.2-6vd2

Akito patch が更新されていたので作成。

_ [debian] fontconfig 2.2.2-2vd1

Akito patch を当て直して作成。

_ [comp] vlc skins2

vlc が立ち上がらないので、error をよく見ていると、

Couldn't gzopen /home/XXXXXXXX/.vlc/skins2/default/theme.xml
[00000207] skins2 interface debug: Using skin file: /home/XXXXXXXX/.vlc/skins2/default/theme.xml
[00000207] skins2 interface error: Failed to open /home/XXXXXXXX/.vlc/skins2/default/theme.xml for parsing
[00000207] skins2 interface error: Failed to parse /home/XXXXXXXX/.vlc/skins2/default/theme.xml

と出ていたので、skins2 というのを探してみたが、これって package に入ってないのかな? tarball を持ってきて、

% cp -a vlc-0.7.1/modules/gui/skins2/theme/ ~/.vlc/skins2/default/

とした。この後 vlc を起動してみると GUI が出てきたけど、command line で操作したいときはどうなるんだろ?

_ [debian] gs-esp で縦書きが変

article9.ps で、括弧や句読点の表示が縦書きになってない。cmap-adobe-japan1 で standard だけでなく optional と extra にもチェックを入れたら直った。

_ [debian] rxvt-unicode 2.7-0vd1

作成。相変わらず xim が効かない。care されてなさそうだけど tracker を見てみたら、failed to create input context with miniChinput というのが出ていた。

_ [debian] autoconf と automake

autoconf2.13 を削除。2.59 にした。

automake の alternative は automake1.8 にした。というか、automake1.[467] は削除。

_ [debian] beep-media-player 0.9.6.1+cvs20040322-0vd1

CVS HEAD を持ってきたら

checking for glib-2.0 >= 2.4.0 gtk+-2.0 >= 2.4.0 gthread-2.0 pango... 
Requested 'glib-2.0 >= 2.4.0' but version of GLib is 2.2.3
configure: error: Cannot find glib2/gtk2/pango

と言い出したので中止。20040325 の tarball を持ってきたけどこれも駄目。commit log を見ると、20040324 の時点で gtk/glib 2.4 のようなので、20040322 ならよさそうだ。ということで持ってきて作成。

gkrellmms で Main Window が消せない問題とかがあったけれど、解消されているようでいい感じ。


2004-04-09(金) 風邪治った [長年日記]

_ [comp] kernel 2.6.5-aa5

LaVie も 2.6 にすることにして、CPUFreq、ACPI いろいろ、有効にして作成。

_ [comp] LaVie RX LR700/8 音鳴らないその後

kernel 2.6.5 (ALSA 1.0.4rc2) にしたら、鳴るようになった。

_ [debian] rxvt-unicode 2.8-0vd1

作成。

何か既視感あると思ったら、作者は PGCC の人?

_ [debian] libltdl3 1.5.4-1 で slapd 上がらない問題

slapd を restart したら、上がってこない。log にはこんなのが。

slapd[XXXXX]: lt_dlopenext failed: (back_ldbm) file not found 
slapd[XXXXX]: /etc/ldap/slapd.conf: line 4: failed to load or initialize module back_ldbm 

master だったので急いで調べると、#242380 をはじめとしていろいろ見つかった。最終的な問題は slapd ではなくて libtool のほうで #242161 か。ということで示されている patch 当て & autoconf 後、debuild したけど駄目だなぁ。とりあえず libltdl3 を 1.5.2-1 に戻して hold しておく。

_ [debian] GNU Zebra → GNU Quagga

sid に zebra がないなぁと思っていたら、quagga というものに取って代わられていたのか。ということで更新しておこう。設定ファイルは全てそのまま流用できるようだ。


2004-04-10(土) IPv6 ネットワーク調整作業 [長年日記]

_ [debian] ifupdown 0.6.4-4.7 inet6 指定きかない

IPv6 router がのきなみおかしなことになっているから何だろうと思ったら、ifup のせい #242867 だった。ひとまず inet6 指定をしているマシンについては 0.6.4-4.6 に戻して hold。

昨日の libltdl3 1.5.4-1 といい、reboot すると盛大に壊れてるものによく当たるなぁ。

_ [debian] GNU Quagga → GNU Zebra

しばらく動かしてたけど、挙動がおかしいのでやっぱ戻す。


2004-04-11(日) 全力疾走 [長年日記]

_ [misc] 日本語キーボードだとコードが書けない

us/pc101 じゃないとコードの書けない体になっているようだ。

_ [comp] xmms-openspc bmp(GTK+2) 対応

xmms-openspc を bmp(GTK+2) に対応してみた。ほとんどが bmp 対応部分で、GTK+2 な箇所は

-GTK_WINDOW_DIALOG
+GTK_WINDOW_TOPLEVEL

くらい。patch はこれ > vd_bmp_xmms-openspc-0.0.3.patch

floating point exception 問題 fix patch も含んでいる。それにしても 1年前なのか。

_ [debian] xmms-openspc 0.0.3-0vd1, 0vd2

ついでに deb も作成。floating point exception 問題 fix patch を当て忘れていて、2.6.5-aa5 だと盛大に刺さったので 0vd2 作成。

bmp-openspc とかにしたほうがよかったかな。

_ [comp] xmms-openspc 0.4.0rc0 bmp(GTK+2) 対応

もしかしたらと思って探してみたら、CVS を発見。CVS からの引っ張り方はこちらを参考に。

CVS 版では floating point exception 問題 fix patch の原因となっていた部分はファイルごとなくなっているようだ。さらにlibopenspc を外に持っている模様。ということで OpenSPC snapshot を頂いてくる。

0.0.3 から CVS 版の差分 + GTK+2 対応版のブツはこれ > vd_bmp_xmms-openspc-0.0.3+0.0.4rc0.patch

_ [debian] xmms-openspc 0.0.3-0vd3 & openspc 0.3.99.0.20030109-0vd1

xmms-openspc 0.4.0rc0 と、それに必要な libopenspc。

_ [debian] ifupdown 0.6.4-4.8

#242867 が close されたようだ。ということで hold 解除。

_ [debian] xmms-festalon 0.2.4-1vd1

bmp対応。s/xmms/bmp/g だけで OK。

_ [comp] VPN 実験

手が出せない位置のほげほげがほげほげなんで下準備のみ。

server/client 共通

  • mppe が有効な pppd を入れる。(Debian なら ppp 2.4.2+20040202-1 で OK?)
  • http://public.planetmirror.com/pub/mppe/ より kernel patch の取得。linux-2.4.21-openssl-0.9.6b-mppe.patch.gz / linux-2.6.0-test9-openssl-0.9.6b-mppe.patch.gz
  • CONFIG_PPP{,_ASYNC,_DEFLATE,_BSDCOMP,_MPPE} および CONFIG_NET_IPGRE を有効にして kernel 再構築。
  • /etc/modutils/aliases に次のエントリを追加し、update-modules。(Debian 以外なら /etc/modules.conf で、書くエントリもっとたくさん)

alias ppp-compress-18 ppp_mppe
alias tty-ldisc-13 n_hdlc

PPTP server

  • pptpd を install。(pptpd 1.1.4.0b4-1)
  • /etc/pptpd.conf の localip と remoteip を設定。
  • /etc/ppp/pptpd-options の name、domain、ms-dns、ms-wins を設定。
  • /etc/ppp/chap-secrets の設定。
  • TCP 1723 ポートと GRE 47 を開ける。
  • pptpd を起動。

PPTP client

  • pptp-linux を install。(pptp-linux 1.3.1-1)
  • /etc/ppp/options の「auth」をコメントアウト、「noauth」を追加。(see: VTun - FAQ)
  • pptp-command で設定 & 実行。

参考

pptp-command の設定がどうもうまくいかない。


2004-04-12(月) VPN 進行中 [長年日記]

_ [debian] audacity 1.2.0-3vd1

s/wx-config/wxgtk2-2.4-config/g で作成。

_ [debian] uim 0.3.4.2-1vd1

official に追従。

_ [debian] xmame 0.81.1-0vd1

作成。

_ [comp] 続・VPN 実験

kernel 2.4.25 に当てたのは linux-2.4.21-openssl-0.9.6b-mppe.patch.gz ではなく、kernel-patch-mppe に入っている linux-2.4.20-openssl-0.9.6b-mppe.patch だった。そしてこれについては #194497 というのが出ていた。pptp-linux はまだよくわからないので保留、主な用途になるであろう WinXP から接続にいったら、なるほど確かに、サーバのほうのログに

pppd[XXXXX]: kernel does not support PPP filtering
kernel: compress rejected: opt_len=22,o[0]=12,o[1]=6
pppd[XXXXX]: MPPE required, but kernel has no support.

とか出ている。ひとまず、BTS に上げられている patch を試してみることにする。kernel compile 完了。さあ実験。お、つながったぞ。でも、つながっただけで通信はできない状態。これはおいおい究明。

なお、MPPE patch の upstream は今はこっちらしい。 > MPPE/MPPC kernel module for Linux

BTS に上げられている情報から推測するに、2.6.0-test9 用の patch も古いってことかな。2.6 からつなぎにいったときにも、クライアントのほうで

pppd[XXXXX]: kernel does not support PPP filtering
pppd[XXXXX]: MPPE required, but kernel has no support.
kernel: compress rejected: opt_len=22,o[0]=12,o[1]=6
pppd[XXXXX]: Connection terminated.

サーバのほうで

pppd[XXXXX]: rcvd [LCP TermReq id=0x2 "MPPE required but not available"]
pppd[XXXXX]: LCP terminated by peer (MPPE required but not available)

とか出てるし。って本家に書いてあるや...。作り直さないと。さらに、pptp-command より pptp-php-gtk のほうがよさげな感じかも?


2004-04-13(火) 明日は講座配属日 [長年日記]

_ [comp] 続々・VPN 実験

とりあえず本家から ppp-2.4.2_cvs20040216-linux-mppe.tar.gz を頂いてきて、

  • arcfour.[ch] sha1.[ch] ppp_mppe_compress.c → drivers/net/
  • linux-2.6.2-include.patch
  • linux-2.6.2-make.patch
  • linux-2.6.2-pad.patch

を導入した kernel 2.6.5 + pptp-php-gtk で試してみると、つながったぞ。通信できてないけど。

_ [debian] libltdl3 1.5.6-1

#242161 が close された。slapd のほうもきちんと動くようだ。

_ [debian] openldap2 2.1.29-1

slapd が IPv6 有効だと ESTABLISHED しまくる問題が解消されているかどうか実験。

大丈夫っぽい?

_ [comp] irc-sixamo を試す

ちょっと触ってみただけ。


2004-04-14(水) 講座配属日 [長年日記]

_ [debian] apt ftp proxy

/etc/apt/apt.conf の Acquire::ftp::Proxy は効かなくて、環境変数 ftp_proxy なら効果があった。効かないのは何でだろう?

_ [comp] LaVie RX LR700/8 音鳴らない CLOSE

ということで close された。


2004-04-15(木) 2.4.26 進行 [長年日記]

_ [comp] kernel 2.4.26

出たようだ。

i2c patch ってもう出ないのかな? i2c in kernel 2.4 の後に進展がないってことは出ないのかも。 (i2c の version が lm-sensors と同じ 2.8.6 だと思い込んでたのでこれは間違い)

多分使わないだろうと思っていた kernel-2.4.25-lm-sensors-2.8.6.patch.gz を当てる。

Owl は 2.4.26 対応版が出ていないので 2.4.25 を使う。arch/i386/defconfig が rej するだけなので無視して続行。

2.4.25-rmap15l は盛大に rej するので保留。というか、本家がつながらない。

_ [comp] atheros うまく動かない

DHCP でもらえたりもらえなかったりする。何だろう?

_ [comp] iptables 設定間違い

/etc/init.d/iptables はあるけど /etc/rc?.d/[KS]??iptables はもうなくなってて、/etc/network/if-up.d/ の下に置いてたんだった。それ忘れてて /etc/init.d/iptables save したのが有効にならないとかしばらく悩んだ。


2004-04-16(金) 特に問題もなく平和 [長年日記]

_ [debian] madwifi 20040416-0vd1, 0vd2

apt-get.org で検索したら ISG.EE Debian Packages というページを発見。そこから madwifi の diff.gz を頂いてきて作成。

そのまま tar.gz 入れ換えただけじゃ駄目か。madwifi-modules.d/rules で s/KERNEL_VERSION/KERNELRELEASE/ 及び s/KERNEL_PATH/KERNELPATH/ しとかないと。ということで 0vd2。

_ [debian] ogle-gui 0.9.2-2vd1

configure に --enable-gtk2 を追加し libgtk1.2-dev libglade0-dev の代わりに libgtk2.0-dev libglade2-dev に依存したら、途中で libglade-xgettext がない、と停止。探してみたら、#234084 にある patch を当てればよさそうだ。ということで作成。


2004-04-17(土) ひさびさ休息 [長年日記]

_ [debian] skkdic 20040417-0vd1

以前からの patch に加えて、

 こんとく /懇篤/
+こんとら /魂斗羅/
 こんとん /混沌/渾沌/

を当てて作成。


2004-04-18(日) 今日も休日 [長年日記]

_ [debian] mozilla-firefox-locale-ja

Debian official に入ったようだ。

_ [debian] w3m 0.5-7vd1

毎度の imlib2 依存。

_ [comp] LaVie RX LR700/8 音鳴らない さらにその後

ALSA 1.0.4 (kernel 2.4.26) でも鳴ってる。


2004-04-19(月) ユーザが増え出すとボロが [長年日記]

_ [debian] skkdic 20040417-0vd2

-おれ /折れ/俺/
+おれ /俺/折れ/

ore patch。

_ [comp] kernel 2.4.26 用新 patch

2.4.26 用の Owl patch が出ていた。2.4.25 用と diff を取ってみたが、機能の変更はないようだ。2.4.26 用の i2c patch も同様に、rej された部分の修正のみのようだ。

2.4.26 用の rmap が出るまで、前回作った kernel のままでいいかな。

_ [kip] ipfilter 設定

いろいろ間違っててボロが出ているっぽい……。

_ [kip] backup server 復活

ようやく復活。

_ [comp] OpenLDAP メモ

エントリ追加

ldapadd -x -D 'cn=admin,dc=foo' -W -f bar.ldif

エントリ削除

ldapdelete -x -D 'cn=admin,dc=foo' -W "uid=bar,ou=People,dc=foo"


2004-04-20(火) 研究用 deb [長年日記]

_ [kip] 五月雨 xmame IgnorePath 設定

広告入るようになったかな。

  - URI: http://x.mame.net/news-info.html
    Title: xmame
    IgnorePath: /html/body/noscript/a/text()

_ [debian] xmms-timidity 0.0.1-0vd1

bmp 対応。patch はこれ

_ [debian] ruby-chasen 1.1-0vd4

libchasen.a を static link していたが、dynamic link するように extconf.rb を変更した。

-$objs.push "/tmp/chasen1.51/lib/libchasen.a"
+#$objs.push "/usr/lib/libchasen.a"
+$libs = ' -lchasen -lstdc++'


2004-04-21(水) マルチキャスト実験 [長年日記]

_ [comp] vlc メモ

送信

vlc /dev/dvd --sout udp://224.0.0.1 --ttl 12
vlc /mnt/dvd --sout udp://224.0.0.1 --ttl 12
vlc dancemonkeyboy.mpg --sout udp://224.0.0.1 --ttl 12

受信

vlc udp://@224.0.0.1
vlc rtp://@224.0.0.1

_ [comp] dvdbackup

探していたら、DVD-Create a framework for DVD-Video creation の中の dvdbackup というものを見つけた。コマンドラインで操作できるのでいい感じ。

DVD 全体のバックアップはこんな感じ。

dvdbackup -M -i/dev/dvd -o/tmp

タイトル要求される場合はこちら。

dvdbackup -M -i/dev/dvd -o/tmp -n DVD_VIDEO_TITLE

_ [rime] む RDF 書き出し

「む」を RDF に書き出せるようにしてみた。

また時間が取れなくなってきたような気がするんで、既存のボットのプラグイン作成に切り替えるかなぁ。


2004-04-22(木) IPv6 さらに進行 [長年日記]

_ [comp] snmp / mrtg IPv6

まず MRTG IPv6 には libio-socket-inet6-perl とか libsocket6-perl が必要みたい。cfgmaker は --enable--ipv6 ってつけてやればいいみたい。

cfgmaker --enable-ipv6 XXXXXXXX@XXXXXXXX

出力には

EnableIPv6: yes

というのが追加されてた。

で、肝心の snmpd のほうは、

あたりを参考にやってみたけど、うまく動かないなぁ。com2sec6 を追加し、/etc/default/snmpd で

#SNMPDOPTS='-Lsd -Lf /dev/null -p /var/run/snmpd.pid'
#SNMPDOPTS='-Lf /dev/null -p /var/run/snmpd.pid'
SNMPDOPTS='-Lf /dev/null -p /var/run/snmpd.pid udp6:161 udp:161'

として IPv4 / IPv6 両方で listen するようになったけど、受け付けてくれない。

…libwrap のせいだった。

_ [comp] SmokePing IPv6

こちらも libio-socket-inet6-perl とか libsocket6-perl を入れないと駄目みたい。

+ FPing6 

binary = /usr/bin/fping6

fping6 の項目を追加して、

 menu = IPv6
 title = IPv6
+probe = FPing6
 host = ipv6

fping6 で調べたいホストについて、probe を追加でいいのかな。


2004-04-23(金) 今日は発表だった [長年日記]

_ [comp] replacecjkfonts

mgp2ps → ps2pdf した pdf がややきたないので、replacecjkfonts に通してみた。Debian GNU/Linux のある生活。 にある deb を頂いてきて利用。

適用前

適用後

_ [debian] mplayer 1:1.0-pre3cvs20040422-0.0vd1

毎度の GTK+2 対応。

_ [comp] HTTPS transparent proxy 負け

ということらしいんで、HTTP だけじゃなく HTTPS も transparent proxy できないかと思って調べてみたけれど、

squid can't (of course) look into the HTTPS connection, therefore it cant transparently proxy it.

[transparent proxy on http and httpsより引用]

ということでできないようだ。講座の private 環境はどうしたもんかな。ひとまず素通すしかないかな。

_ [comp] Reudy をいじる

人工無能ロイディ が最近うちのチャネルに現れたので、rime と干渉しないようにいろいろ調整した。


2004-04-24(土) ちと早めの GW の集い [長年日記]

_ [debian] openmsx 0.3.4-0vd2

Makefile.in の install-data-hook をいじって、/usr/share 以下にファイルがばらまかれていたのを /usr/share/openmsx 以下に収まるようにした。


2004-04-25(日) GW 休み? [長年日記]

_ [misc] 休日

ゲームばっかして過ごす。


2004-04-26(月) さらに IPv6 化 [長年日記]

_ [debian] gkrellmms 2.1.17-1vd1

beep-media-player 対応。と思ったら、きちんと動いてない。

/usr/lib/gkrellm2/plugins/gkrellmms.so
	Error: /usr/lib/gkrellm2/plugins/gkrellmms.so: undefined symbol: beep_remote_jump_to_time

思いっ切り余計な場所を置換してしまったっぽい。作り直さねば。

_ [debian] tcp-wrappers 7.6.dbs-2

だいぶ昔に本家の IPv6 対応が腐ってるから USAGI CVS から引っ張ってきていた tcp-wrappers だが、ようやく事情が変わった模様。きちんと動作するようになった。

_ [comp] 続・snmp IPv6

前回 libwrap のせいということで調べてみたが、log を見ると、

Connection from [::1]:32782 REFUSED

と出ている。ちょっと待てよ。libwrap ってこんな形式受け付けたっけ? ということで、ざっとテストプログラムを書いてみる。

#include <stdio.h>
#include <tcpd.h>

int main( void ) {
  char addr_string[] = "[::1]:32782";

  if( hosts_ctl( "snmpd", STRING_UNKNOWN, addr_string, STRING_UNKNOWN ) ) {
    fprintf( stdout, "%s granted\n", addr_string );
  } else {
    fprintf( stdout, "%s refused\n", addr_string );
  }

  return 0;
}

結果は refused。[::1] も駄目で、::1 なら通った。そういうことか。ということでパッチをでっち上げ。 > vd_net-snmp-5.1.1_ipv6-libwrap-fix.patch

これで snmpd: ALL なんてことをしなくてもよくなるはず。

_ [debian] net-snmp 5.1.1-2vd1

で、vd_net-snmp-5.1.1_ipv6-libwrap-fix.patch を当てて作成。


2004-04-27(火) ぼつぼつ作成 [長年日記]

_ [debian] gkrellmms 2.1.17-1vd2

sed -i -e 's/xmms\/xmmsctrl/beep\/beepctrl/g' *.c *.h と限定して作り直し。

_ [debian] sylpheed 0.9.10-1vd1

中身は GTK+2 だけど official に追従。


2004-04-28(水) 今日は飲み会 [長年日記]

_ [comp] postfix + amavis-ng + clamav

Postfixの運用・管理 第3回: ウィルス対策 を参考に、free なウィルスメールスキャナを入れてみることにした。

amavis-ng の挙動がおかしいので BTS に当たってみると、そのものである #223774 を発見。/etc/amavis-ng/amavis.conf にて

-mail-transfer-agent = SMTP
+mail-transfer-agent = SMTP2

/etc/init.d/amavis-ng にて

-grep -q '^ *mail-transfer-agent *= *\(SMTP\|PMilter\|Milter\)$' \
+grep -q '^ *mail-transfer-agent *= *\(SMTP\|SMTP2\|PMilter\|Milter\)$' \

と修正。amavis.conf の [SMTP] を [SMTP2] にする必要はなかった。

また、postfix で 127.0.0.1 からの localhost 接続を受け付けるようにしないと、amavisd からの接続が relay とみなされてしまった。

_ [comp] mencoder で録画

#!/bin/sh

channel=${1}
length=${2}

date=`/bin/date +%Y-%m-%y-%H:%M:%S`

if [ "x${channel}" = "x" ]; then
        exit
fi
if [ "x${length}" = "x" ]; then
        length=01:00:00
fi

/usr/bin/mencoder tv://${channel} -tv \
        chanlist=japan-bcast:driver=v4l2:width=800:height=600:norm=NTSC:device=/dev/video0:alsa \
        -ovc lavc -lavcopts vcodec=mpeg4:vbitrate=1600 \
        -fps 29.97 \
        -oac mp3lame -lameopts cbr:br=64 \
        -endpos ${length} \
        -o /var/tmp/${channel}-${date}.avi

こんな感じ。2時間撮って、1.6G か。


2004-04-29(木) 飲み会明け休み [長年日記]

_ [unicon] 注意書き追加

UNICON im について聞かれてもわかりませんよ...という注意書きを追加しといた。

_ [えふえふ] 白(↑1)

久々に上げてみた。


2004-04-30(金) 俺がポリシー [長年日記]

_ [rime] 続・quit/part の捨て台詞捕捉できず

修正しきれてなくて、webirc の nick list が更新できなくなっていた。

_ [debian] w3m 0.5.1-1vd1

毎度の imlib2。

_ [comp] LaVie RX LR700/8 で lm-sensors 動かない

Centrino (855PM, ICH4-M): 82801DBM w/o LPC Bridge/SMBus? から始まるスレッド。for 2.4 CVS では動くようになるのかな。2.6 についてはちょっと追ってみないと。

_ [comp] SnortSnarf の出力が変

<A HREF="http://www.securityfocus.com/bid/9382][Xref => 
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2004-00045" 
target=siginfo>[BUGTRAQ]</A>

こんなふうに壊れてる。


2004年
4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E