最新

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2004-10-01(金) 明日は停電 [長年日記]

_ [research] 報告会

いろいろ意見も頂いた。

_ [えふえふ] 戦(↑1)

一段落。


2004-10-02(土) 今日は停電 [長年日記]

_ [misc] 休日

報告会終わったので小休止。


2004-10-03(日) 寒い時期になってきた [長年日記]

_ [debian] udev 0.031-2vd1

devfs に干渉しないようにする patch を当てて作成。

_ [debian] xdvik-ja 22.84.3-j1.21-2vd1

s/kochi/sazanami/g して作成。


2004-10-04(月) だらけ気味 [長年日記]

_ [debian] udev 0.032-2vd1

devfs に干渉しないようにする patch を当てて作成。


2004-10-05(火) だらけ続行中 [長年日記]

_ [misc] 休養

なんかやる気が出ない。


2004-10-06(水) 慣らし運転 [長年日記]

_ [debian] mozilla-firefox 0.10.1+1.0PR-1vd1

1.0PR がきていたので、vd_bugzilla-jp_bug-1476_attachment-1656_for-mozfx-0.9.3.patch を当てて作成。

なんか 0.9.3 に比べてもっさり感があるような。

_ [research] 遷移図修正

なんか同じ遷移線を2つ描いてたので、片方を削除。


2004-10-07(木) いきなりトップギア [長年日記]

_ [comp] MozFx 0.10.1 GNOME/GConf 調査

日記みたいな何かの 2004年 10月 3日 (日) にて、MozFF GNOME/GConf 調査 について触れられているのを発見。ああ、そんなのもあったっけ。すっかり忘れていた。ということで再度調査。変更点は大幅に増えている。

  1. ソースツリーのトップで grep -ir gnome * 及び grep -ir gconf * してひとまず怪しそうなファイルをピックアップ。
  2. ファイルを一つずつチェック。@gnome.org のようなメールアドレスや gConfig... のような無関係なものにもマッチしているので、そのようなものをまず除去。単なるテキストファイルも見なかったことにしておく。
    • Makefile.in

      ifdef MOZ_ENABLE_GTK2
      tier_9_dirs    += toolkit/components/gnome
      endif
      

      コメントアウト。

    • accessible/src/atk/nsAppRootAccessible.cpp

      どうしようもない?

    • allmakefiles.sh

      MAKEFILES_gnome="
          toolkit/Makefile
          toolkit/components/Makefile
          toolkit/components/gnome/Makefile
      "
      

      gnomevfs ) MAKEFILES_extensions="$MAKEFILES_extensions
             extensions/gnomevfs/Makefile
             " ;;
      

      if test -n "$MOZ_ENABLE_GTK2"; then
          add_makefiles "$MAKEFILES_gnome"
      fi
      

      コメントアウト。

    • browser/components/build/Makefile.in

      ifeq ($(MOZ_WIDGET_TOOLKIT), gtk2)
      EXTRA_DSO_LIBS += gkgfx
      endif
      

      ifneq (,$(filter windows mac gtk2, $(MOZ_WIDGET_TOOLKIT)))
      SHARED_LIBRARY_LIBS += $(DIST)/lib/$(LIB_PREFIX)shellservice_s.$(LIB_SUFFIX)
      endif
      

      コメントアウト。2つ目をコメントアウトしておかないと、存在しない libshellservice_s.a をリンクしようとして失敗する。

    • browser/components/build/nsModule.cpp

      先頭に #undef MOZ_WIDGET_GTK2 追加。

    • browser/components/shell/src/Makefile.in

      else
      ifeq ($(MOZ_WIDGET_TOOLKIT), gtk2)
      CPPSRCS = nsGNOMEShellService.cpp
      REQUIRES += mozgnome
      endif
      

      コメントアウト。これで browser/components/shell/src/nsGNOMEShellService.{cpp,h} の対処も OK。結果的に libshellservice_s.a は作成されなくなる。

    • browser/config/mozconfig

      --enable-extensions から gnomevfs を削除。

    • browser/installer/unix/packages-static

      bin/components/libmozgnome.so
      bin/components/mozgnome.xpt
      bin/components/libnkgnomevfs.so
      

      コメントアウト。

    • embedding/browser/gtk/tests/Makefile.in

      ifdef ENABLE_GNOME
      ifdef ENABLE_TESTS
      CPPSRCS        += TestGtkEmbedMDI.cpp
      endif
      endif
      

      ifdef ENABLE_GNOME
      CXXFLAGS        += `gnome-config --cflags gnomeui`
      EXTRA_LIBS      += `gnome-config --libs gnomeui`
      endif
      

      コメントアウト。これで embedding/browser/gtk/tests/TestGtkEmbedMDI.cpp の対処も OK。

    • extensions/gnomevfs/{Makefile.in,nsGnomeVFSProtocolHandler.cpp}

      configure で --disable-gnomevfs にするので手を出さなくていいはず。

    • extensions/pref/Makefile.in

      ifdef MOZ_ENABLE_GTK2
      DIRS           += system-pref
      endif
      

      コメントアウト。

    • extensions/pref/system-pref/src/Makefile.in

      ifdef MOZ_ENABLE_GTK2
      DIRS            = gconf
      endif
      

      ifdef MOZ_ENABLE_GTK2
      INCLUDES        += \
                      -I$(srcdir)/gconf \
                      $(NULL)
      endif
      

      コメントアウト。これで extensions/pref/system-pref/src/{gconf/gconf_pref_list.inc,gconf/nsSystemPrefService.cpp,gconf/nsSystemPrefService.h,nsSystemPref.h} の対処も OK。

    • netwerk/base/src/nsIOService.cpp

      #ifdef MOZ_X11 〜 #endif をまるごとコメントアウト。

    • toolkit/components/gnome/{Makefile.in,nsGConfService.cpp,nsGConfService.h,nsGnomeModule.cpp}

      allmakefiles.sh あたりで無効にしたので OK?

    • toolkit/components/gnome/{nsGnomeVFSService.cpp,nsGnomeVFSService.h,nsIGConfService.idl,nsIGnomeVFSService.idl}

      configure で --disable-gnomevfs にするので手を出さなくていいはず。

    • toolkit/themes/Makefile.in

      ifneq (,$(filter gtk2,$(MOZ_WIDGET_TOOLKIT)))
      DIRS    += gnomestripe
      endif
      

      コメントアウト。

    • uriloader/exthandler/Makefile.in

      ifeq ($(MOZ_WIDGET_TOOLKIT),gtk2)
      OSHELPER        += nsGNOMERegistry.cpp
      endif
      

      コメントアウト。これで uriloader/exthandler/unix/nsGNOMERegistry.cpp の対処も OK。

    • uriloader/exthandler/unix/{nsGNOMERegistry.h,nsOSHelperAppService.cpp}

      先頭に #undef MOZ_WIDGET_GTK2 追加。

    • widget/src/gtk2/nsWindow.{cpp,h}

      #ifdef ACCESSIBILITY の直前に #undef ACCESSIBILITY 追加。

    • xpinstall/packager/packages-unix

      bin/components/libnkgnomevfs.so
      

      コメントアウト。

  3. build & check

gconfd-2 も動かなくなって、MozFx 自体もきちんと動いている様子だ。ついでにパッチにしてみた。ものはこれ。もちろん無保証。

_ [debian] mozilla-firefox 0.10.1+1.0PR-1vd2

ということで vd_bugzilla-jp_bug-1476_attachment-1656_for-mozfx-0.9.3.patchvd_mozfx-0.10.1_without-gnome-and-gconf.patch を当てて作成。

_ [comp] net-snmp IPv6 addr_string fix

[ 942155 ] IPv6 addr_string fix に報告したのをすっかり忘れていたけど、commit されたようだ。README に恥ずかしいエントリで載っちゃったよ。

_ [research] in/out-plug いじり

ちょっと手直しとか。

STDIN.gets で食うか STDIN.readlines で食うか考えたけど、EOF じゃなくて空行でデータの終わりとしたいから STDIN.gets か。

空行まで食ってから out に渡すか、逐一 out に渡して out で空行までと処理するか。いろいろやったが後者の手でいこう。


2004-10-08(金) ゼミ日 [長年日記]

_ [comp] atheros 勝利

ようやく LaVie LR700/8 の atheros を実験する環境に持っていけたので実験。

# iwconfig ath0 essid XXXXXXXX
# dhclient3 ath0

# iwconfig ath0 essid XXXXXXXX key s:XXXXXXXX
# ifconfig ath0 XXX.XXX.XXX.XXX

の2パターンで導通を確認。

_ [research] パーツを B4 に任せる

一部パーツを B4 に任せてみることにした。


2004-10-09(土) [長年日記]

_ [comp] GKrellM-VanaClock

作成中。

_ [えふえふ] 戦(↑1)

ちょっと上げ。


2004-10-10(日) デスクトップ系いろいろ [長年日記]

_ [comp] ~/.fonts/

/etc/fonts/fonts.conf で

<dir>~/.fonts</dir>

と指定されてるから ~/.fonts/ にフォントファイル置いて fc-cache すれば読んでくれるのかな。

_ [comp] flash plugin fonts

Kochi を削除して Sazanami を入れたはいいものの、flash plugin は Kochi 決め打ちなの忘れてた。どうなるんだろ、これ。

_ [comp] uim 0.4.4.1 変

-export XMODIFIERS="@im=uim-skk"
+export XMODIFIERS="@im=uim"

-export GTK_IM_MODULE=uim-skk
+export GTK_IM_MODULE=uim

と変更し、~/.uim に

(define default-im-name 'skk)

と追加することで動作確認。GKrellUIM も変更なしで動作するようだ。

ん?何か uim-xim が CPU 100% だなぁ。それに gettext が効かなくなってるアプリもあるし。いろいろ危険ぽいので 0.4.3-1vd1 に戻す。


2004-10-11(月) 一応休み [長年日記]

_ [comp] 続・GKrellM-VanaClock

単純に時刻とかを並べただけだと縦に幅取ってしょうがない。何か考えないと。

_ [comp] 続・uim 0.4.4.1 変

gettext が効かなくなってるアプリとしては、sylpheed-gtk2 を確認。


2004-10-12(火) uim 0.4.4.x を追う [長年日記]

_ [debian] uim 0.4.4.2-0vd1,0vd2

0.4.4.1-2.diff.gz を r1468 に適用して 0.4.4.2-0vd1 を作成してみた。gettext がおかしくなる問題は直っているみたいだけれど、uim-xim が相変わらず CPU 100% になるなぁ。と思ったら、必要なファイルがパッケージに含められていなかった。

  • uim-xim

    • /usr/bin/uim-candwin-gtk

  • uim-gtk2.0

    • /usr/bin/uim-helper-toolbar-gtk
    • /usr/bin/uim-helper-toolbar-gtk-systray
    • /usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/uim.mo

  • uim-utils

    • /usr/bin/uim-input-pad-ja ?

  • uim-common

    • /usr/share/uim/icons/alphabet_a.png ?

uim-input-pad-ja と alphabet_a.png をどれに含めるか迷ったけど適当に。

r1470 から 0.4.4.2-0vd2 を作成。ひとまず落ち着いて使えているようだ。GKrellUIM の動作も問題なし。

_ [comp] MozFx theme Okhotska

Mozilla を使っていたころに愛用していたテーマ Lo-Fi for Moz より。Okhotska を試してみる。すっきりしていていい感じ。

_ [research] in/out-plug 仕様案

メモしておいた。

in/out の通信はステートレスで、HTTP っぽいプロトコルをでっち上げて行う。タイムアウトや再送についてもいろいろ決めなければ。

_ [えふえふ] 戦(↑1)

また装備が面倒なことになってきた。


2004-10-13(水) どこでもノート利用 [長年日記]

_ [debian] net-snmp 5.1.2-6vd1

[ 942155 ] IPv6 addr_string fix はまだ入っていないので、vd_net-snmp-5.1.1_ipv6-libwrap-fix.patch を当てて作成。

_ [debian] AP ごとの無線 LAN の設定

アクセスポイント毎の無線LANの設定10.8 魔法のようなネットワーク設定 を参考にやってみる。アクセスポイント毎の無線LANの設定 に示されている map-wlan スクリプトに若干手を加える。かなり決め打ちかついい加減。

  • 有線でも使っているので、eth0 が UP していれば WIRED を返す。
  • iwlist ath0 scanning で
    Interface doesn't support scanning : Invalid argument
    となってしまう。調べてみると ath0 を UP しておかないと駄目なようだ。
  • AP が見つからなかったら NOAP を返す。

#!/usr/bin/ruby

# http://shugo.net/jit/20040101.html#p02

#
result = `/sbin/ifconfig eth0 | grep "inet addr"`
if( result != '' )
  puts('WIRED')
  exit
end
`/sbin/ifconfig ath0 up`
#

iface = ARGV.shift
result = `iwlist #{iface} scanning`

#
if( result =~ /No scan results/ )
  puts('NOAP')
  exit
end
#

while line = gets
  essid, name = line.split

  if /ESSID:"#{Regexp.quote(essid)}"/ =~ result
    puts(name)
    exit
  end
end

で、/etc/network/interfaces にエントリを追加。

auto ath0
mapping ath0
        script  /usr/local/sbin/shugo-map-wlan.rb
        map     XXXXXXXXXX     ath0-XXXXX
        map     YYYYYYYYYY     ath0-YYYYY

iface ath0-XXXXX inet static
        wireless_essid  XXXXXXXXXX
        wireless_key    s:XXXXXXXXXX
        address         XXX.XXX.XXX.XXX
        netmask         XXX.XXX.XXX.XXX
        broadcast       XXX.XXX.XXX.XXX
        gateway         XXX.XXX.XXX.XXX

iface ath0-YYYYY inet dhcp
        wireless_essid  YYYYYYYYYY

WIRED と NOAP が返ってきたときは何もしない。

ひとまず有線の状態ではきちんと動作した。

無線の状態でテスト。eth0 が UP しているかどうかの調べ方がまずかった。UP フラグがあるかどうかではなく、inet addr が振られているかどうかを調べるように変更。ついでに負荷実験をしてみた。数 G のファイルを流してみたが、kernel が刺さったりすることはなく普通に使えた。


2004-10-14(木) 詰まった [長年日記]

_ [debian] mplayer 1:1.0-pre5-0.6vd1

mplayer1.0pre5-gtk2-20040730.patch.bz2 を当てて作成。0.6 では xmms support を有効にしてあったけど、手元では beep-media-player に移行してしまっているので無効にしておく。

_ [debian] uim 1:0.4.4.2-0vd3

SVN r1482 で作成。

_ [research] パイプ

A→|→B みたく一方通行だから、B で起きたエラーを A に戻せないな。どうしよう。

シグナルでも使うか?

_ [えふえふ] 戦(↑1)

装備を競売に投げて、また別の装備を競売から落として...。


2004-10-15(金) 方針転換とか [長年日記]

_ [research] プロトコル

システム構成図を眺めながら、プロトコルを考える。

HTTP みたいなステートレス、行指向ってことでいいかなぁ。ひとまず HTTP の RFC あたり見てプロトコル仕様書をでっち上げるかな。

_ [research] drbunix

druby は UNIX domain socket も扱えるのか。

_ [research] プロセス間通信再考

パイプは諦めて、全てのプロセスは druby で結ぶことにするかなぁ。

あーやっぱ駄目だ。結局のところ、TCP socket と UNIX domain socket を使った低レベル通信でやるしかないかなぁ。

_ [research] Ruby/OpenSSL を試す

druby を使わないことにしたのに伴い drbssl も使えなくなったので、素の Ruby/OpenSSL を試す。example の echo_svr と echo_cli を見てみる。これをいじってやればひとまずネットワーク越しの通信は何とかなるかな。

_ [debian] uim 0.4.5-0vd1

0.4.5-beta1 から作成。

_ [comp] atheros 変

一度 Windows で叩いてやらないと、ap を探してくれない。不便だ。

_ [comp] Ricoh IPSiO NX410 cups 設定

プリンタの動作報告 によると、Ricoh IPSiO NX410 の PPD は RPDL III か RPDL IV らしいので、

Device : LPD/LPR Host or Printer
DeviceURI : lpd://XXXXXXXX/lp
Driver : Ricoh RPDL IV Laser Printer Foomatic/rpdl (recommended)

として設定。

_ [comp] Error: default argument given

このへんsaliency が GCC 3.2 や GCC 3.3 でコンパイルできない件だけど、Makefile とか見て予想するに GCC 3.0.x では OK だったっぽい。GCC 3.0.x とか GCC 3.1 でコンパイルしてみればいいんだけど、手元にはもうバイナリがないので、それに言及してる文がないかさらっと探してみたら発見。

keep the default argument in the header file only.

[gcc-3.1 problemより引用]

GCC 3.1 で変更が加えられていた様子。


2004-10-16(土) 家でも無線 LAN 敷くかね [長年日記]

_ [comp] 続・atheros 変

Windows で叩いてやっても機能しないことがある。んじゃ別の問題か?


2004-10-17(日) 休日恒例 [長年日記]

_ [misc] だらだら

過ごす。


2004-10-18(月) じゃばじゃば [長年日記]

_ [debian] sun-j2sdk1.5 1.5.0, sun-j2re1.5 1.5.0

SUN J2SDK1.5 と SUN J2RE1.5 にしてみる。

http://z42.de/debian/ にあった j2se-package は、java-package の名前で official に入った模様。なので java-package の make-jpkg を利用する。が、java-package 0.14 は J2SDK1.5 正式版には対応していないようだ。#275870 に対応 patch があったのでそれを当てる。と、#266273 にも出ているように、途中でエラーが出た。

mkdir: cannot create directory `/etc/.java': Permission denied
        :

#268214 で処置中のようだ。ひとまず無視。

mkdir: cannot create directory `/usr/share/icons/HighContrast': Permission denied
        :
cp: cannot create regular file `/usr/share/pixmaps/sun-java.png': Permission denied
        :

アイコン関係、多分動作に支障はないと思うので無視。

jdk-1_5_0-linux-i586.bin: line 507: /usr/share/mime-info/java-archive.keys: Permission denied
        :
jdk-1_5_0-linux-i586.bin: line 519: /usr/share/application-registry/java-archive.applications: Permission denied
        :

GNOME 関係?使ってないし無視。

SUN J2RE でも同じようなエラーが出たが、こちらも無視。

さらっと使ってみたけど、動作に問題はなさそう。

_ [comp] J2RE 1.5 で日本語が豆腐

Java Applet とかの日本語が豆腐になる。見てみると、/usr/lib/j2sdk1.*-sun/jre/lib/font.properties.ja が存在せず、/usr/lib/j2sdk1.5-sun/jre/lib/fontconfig.*.bfc やら /usr/lib/j2sdk1.5-sun/jre/lib/fontconfig.*.properties.src やらとまるで変わっている。調べてみると、Font Configuration Files にはバイナリフォーマットの fontconfig.*.bfc については undocumented とか書いてあるし。テキストフォーマットの fontconfig.*.properties.src のほうも使えるようなので、こっちで。

探してみると、既に日本語用の fontconfig.properties を作成した人達が。

ところがどちらを使っても状況は改善されない。あれ?

それにしても、fontconfig って言うから Fontconfig を期待したんだけどなぁ。ってか Sunstsf ってのを開発してるんだっけ。

_ [research] Ruby/OpenSSL テスト

いろいろいじってみるけど、いまいちよくわからん。本質じゃないし、一応暗号化通信はされてるみたいだから今はこれでいいや。


2004-10-19(火) 久々の kernel [長年日記]

_ [debian] 続・J2RE 1.5 で日本語が豆腐

MozFx を再起動しても、X を再起動しても状況が変わらなかったけれど、reboot したらきちんと日本語が表示されるようになった。変なプロセスが残ってないかとか確認したんだけどなぁ。

# cd /usr/lib/j2sdk1.5-sun/jre/lib
# mkdir FONTCONFIG
# mv fontconfig* FONTCONFIG
# cp .../vd_j2sdk1.5-sun_fontconfig.properties fontconfig.properties

vd_j2sdk1.5-sun_fontconfig.properties Mozilla用Javaアプレットプラグインの豆腐 からいただいてきた fontconfig.properties の kochi を sazanami に置き換えたもの。

_ [debian] gkrellm 2.2.4-1

gkrellm 2.2.4-1 + uim 0.4.5-beta1 で GKrellUIM の動作を確認。

_ [unicon] unicon 2.6.9-20041019

作成

  • drivers/video/console/fbcon.h から con2fb_map が消え去っていたので再度追加。
  • drivers/video/unicon/{xl_keyhooks,xl_keymasks,xl_unikey}.c で linux/fb.h を include。

こんなところかな。一応動いているようだし、これでいいのかな。

_ [comp] kernel 2.6.9

e100 を使ってるからいいっちゃいいんだけど、drivers/net/eepro100.c のコンパイルで大量の警告が出てびびる。

vd_kernel-2.4.21-tuner-ntscjp.patch はやっと取り込まれたようだ。

nvidia driver が

nvidia: Unknown symbol __VMALLOC_RESERVE

と言ってきて modprobe できない。探してみると、Patched nVidia Linux display driver の修正を適用すればいいのかな。ってか patch 形式じゃなくてそのままだし。ひとまず patch を作成。動作 OK。

madwifi がコンパイルできない、と思ったらまた何故か CONFIG_NET_RADIO=n になってるし。kernel からコンパイルやり直し。コンパイル、動作ともに OK。

fglrx は修正なしでコンパイル、動作ともに OK。

_ [research] M-pretend, N

プログラム M のふりをするプログラムを作成。処理をしているふうに見えて sleep してるだけで、出力だけはもっともらしく。かなりいんちき。

N にもちょっと手をつける。


2004-10-20(水) 超大型台風通過 [長年日記]

_ [debian] uim 0.4.5-0vd2

0.4.5 正式版で作成。

gkrellm 2.2.4-1 とで GKrellUIM の動作を確認。

_ [gkrelluim] 0.0.2

GKrellMMSgkrellm2-demosaLLtraX-Clock2 を参考にして、uim-im-switcher を起動するボタンをつけてみた。こんな感じ

GKrellUIM のページはこちら

_ [debian] sylpheed-claws-gtk2 0.9.12cvs114.1-1vd1

ちょっと sylpheed-claws に興味がわいたので入れてみる。experimental に入ってたのは experimental な GTK+2 に依存してたので、unstable な GTK+2 上で作成。

で、ちょっと使ってみる。なんか sylpheed-gtk2 のときにも似たようなことがあったけど、「マルチバイト英数字を ASCII 文字で表示する (日本語のみ)」にチェックが入ってるとクラッシュした。それ以外は普通に使える。

_ [えふえふ] 戦(↑1)

台風接近中だったけど。


2004-10-21(木) 台風一過 [長年日記]

_ [misc] 台風被害

自分ちでは、

  • 雨といが崩壊
  • 庭の木が倒壊

といった程度の被害。車でちょっとドライブしてきたところ、

  • 街路樹や庭の木など、木が根本から倒れる、折れる。
  • 石塀が倒れる。
  • 看板が剥がれる、土台ごと倒れる、根本で折れる、傾く。
  • 信号が横にちょっと曲がる。
  • バス停が倒れる、根本で折れる。
  • 標識が傾く、根本で折れる。
  • カーブミラーが崩壊、傾く。
  • プレハブ小屋が崩壊、傾く。
  • シャッターが崩壊。
  • 自動ドアが崩壊。

などの被害が見られた。

_ [debian] uim 0.4.5-1vd1

official の 0.4.5-1 だと uim-im-switcher の gettext が効いてないなぁ。と思ったら uim-applet-gnome に uim.mo が入ってた。uim-common に uim.mo を含めるようにして作成。

_ [debian] sylpheed-gtk2 0.9.99-0vd1

CVS から 0.9.99-20041010 を引っ張ってきて作成。やっぱりこっちのほうがいいや。

新フィルタリング機能の説明はこれかな。 > [sylpheed-jp:02730] Sylpheed 0.9.99 coming soon

_ [debian] openmsx 0.5.0-0vd1

作成。

_ [comp] referer-antibot 項目追加

Yahoo! Slurp

を追加。

_ [research] N, N>C

N と、N 側の C をちょっと作る。


2004-10-22(金) よくある話 [長年日記]

_ [comp] 続々・atheros 変

様々な状況の iwconfig ath0 の結果を保存して比較することにした。

こういうときに限ってあっさりつながってしまってデータが取れない。

_ [comp] gettext+autoconf

を見て勉強。gettext 単体だとそれほど難しくないけど、これを autoconf に任せようとすると途端に複雑になるような...。

_ [misc] comp→prog

ついつい comp に入れてしまっていたエントリを prog に移す。

_ [えふえふ] 戦(↑1)

また競売から買って競売に投げての繰り返し。


2004-10-23(土) 揺れすぎ [長年日記]

_ [misc] 地震

かなり揺れたが、こちらでは大きな被害はなかった。

_ [debian] fontconfig 2.2.3-2vd1

akito patch 3種を当てて作成。

_ [debian] udev 0.040-1vd1

devfs に干渉しないようにする patch を当てて作成。


2004-10-24(日) 休日なんだけど [長年日記]

_ [misc] だらだら

地震にびびりながら過ごす。


2004-10-25(月) 今日はいろいろ [長年日記]

_ [debian] sylpheed-gtk2 0.9.99-0vd2

20041024 版で作成。

_ [comp] kernel 2.6.9 で LaVie の電源切れない

kernel 2.6.9 にしてから LaVie の電源が切れない。halt するとシステムは落ちるが電源が切れずに BIOS のほうに戻ってしまう。調べてみると、

The solution is to disable APIC and IO-APIC support. The reason why it now has problems is the black-list with the Inspiron on it was removed.

[PROBLEM: shutdown fails with 2.6.9-rc3より引用]

ということらしい。Pentium4 HT, Pentium!!! SMP, Pentiuim-M を1つの kernel で動かしてるけど、別々にしたほうがいいかなぁ。

_ [research] プロトコル書き始め

HTTP を参考にいろいろ検討してみる。

_ [えふえふ] 戦(↑1)

しばらく主力となる武器買い揃え。


2004-10-26(火) kernel はまり [長年日記]

_ [comp] 続・kernel 2.6.9 で LaVie の電源切れない

Pentium4 HT, Pentium!!! SMP, Pentiuim-M を別々にしてみて、APIC を無効にしたけど halt しても reboot するだけで電源が落ちないな。別の問題?

解決策は出てないけどこっちを追うのが適切かなぁ。> shutdown -h causes laptop to reboot since kernel 2.6.9, poweroff does reboot on Gericom laptop

_ [debian] CONFIG_LOCALVERSION 未対応

CONFIG_LOCALVERSION を指定して kernel を作ったら、追加 module は CONFIG_LOCALVERSION のついてない directory に入ってしまった。3つとも作り直しだなぁ。

_ [えふえふ] 戦(↑1)

珍しく買い換えなし。


2004-10-27(水) 余震で目が覚めた [長年日記]

_ [comp] mozilla の history.dat の内容を知る

メモ。> Global History

_ [debian] mozilla-firefox 0.10.1+1.0PR-4vd1

unstable に降りてきたようだ。mozilla-firefox-gnome-support というのが追加されている模様。libmozgnome.so libnkgnomevfs.so mozgnome.xpt の3つを含んでいるようだ。

vd_bugzilla-jp_bug-1476_attachment-1656_for-mozfx-0.9.3.patchvd_mozfx-0.10.1_without-gnome-and-gconf.patch を当て、--disable-gnomevfs して作成。もちろん mozilla-firefox-gnome-support は作成しない。

_ [debian] ipadic 2.6.3-2vd1

「○○さん」という意味での「○○サソ」「○○さそ」を Suffix.dic に追加。すごい特殊用途なんだけど、Reudy がうまいこと学習してくれないので。

_ [comp] zsh メモ

ここ とか ここ で言ってる zsh でできて csh(tcsh) でできないことってグローバルエイリアスのことかな。一応メモ。

alias -g hogehoge='XXX.XXX.XXX.XXX'

プロセス置換。./foo.rb と ./bar.rb の出力の diff を取る。

diff -u <(./foo.rb) <(./bar.rb)

_ [comp] 続々・kernel 2.6.9 で LaVie の電源切れない

今は 2.6.9-rc* を順々にコンパイルして試すとかして追い切れないので、LaVie のほうは 2.6.8.1 に戻す。

_ [research] N と N>C 作成

N と N>C 間のプロトコルがだいたい固まったので作成。N>C 部分はモジュールにして、C を確定させたほうがよさそう。

C から N>C 部分をモジュールとして分離した。MODULE 触るの久々すぎて、module_function :hogehoge を忘れていた。


2004-10-28(木) ひさびさに PostgreSQL [長年日記]

_ [debian] suphp 0.5.2-3vd1

kip 用に --disable-checkpath して作成。

_ [comp] HDD 取り外し

使ってなかった DPTA-372050 (31L9056) の中身(Slackware)を削除して取り外し。かなり静かになった。で、スピーカの音量がだいぶ大きかったことに気付いた。

Slack 削除する前に一度起動して供養してやればよかったかなぁ。

_ [comp] highlight プラグイン有効化

してみた。

_ [comp] PostgreSQL いじる

研究用に PostgreSQL をいじる。encoding は UNICODE、locale は C で。

と、Debian の 7.4.6-1 default 設定だと、pgsql-ruby から接続したら

FATAL:  IDENT authentication failed for user "XXXXXXXX"

となってしまった。/etc/postgresql/pg_hba.conf を見ると、METHOD が ident sameuser になっていた。local でのテストなので trust に変更しといてもいいけど、identd を入れることにしてみる。b g m o p といろいろあるみたいだけど、ここは suggest されているし pidentd を入れておく。

DATETYPE 型を使おうとしたら、

ERROR:  type "datetime" does not exist

あれっ? 調べてみると、

7.0 より以前の PostgreSQL バージョンからのアップグレードを確実にするために datetime (timestamp と同じ)と timespan (interval と同じ)も認めています。現在これらのデータ型は timestamp とinterval への暗黙的な翻訳が制限されており、次の PostgreSQL のリリース(たぶん 7.3)では削除されるでしょう。

[PostgreSQL 7.2.3 ユーザガイド - 3.5. 日付/時刻データ型より引用]

そうだったのか。ということで DATETIME 型の代わりに TIMESTAMP 型を用いることにする。

_ [debian] postgresql 7.4.6-1 変

/etc/init.d/posgresql restart もしくは stop が効かない。#278573#278574 かな。ひとまず

-        $PG_CTL stop -s -w -m fast
+        su - postgres -c "$PG_CTL stop -s -w -m fast"

してみた。

_ [research] C>DB 作成

C と DB を接続する C>DB の作成を開始。これまでも pgsql-ruby を使ったプログラムは卒論、修論、お遊びと書いてきているので楽勝。スキーマについては現状は必要最低限で。


2004-10-29(金) MozFx な日 [長年日記]

_ [debian] mozilla-firefox 0.10.1+1.0PR-5vd1

vd_bugzilla-jp_bug-1476_attachment-1656_for-mozfx-0.9.3.patchvd_mozfx-0.10.1_without-gnome-and-gconf.patch を当て、GNOME を外して作成。

_ [debian] mozilla-firefox 0.10.1+1.0RC1-0vd1

1.0RC1 で作成してみた。

_ [comp] 708090-lite for 1.0RC1

1.0RC1 用の 708090-lite がなかったので、手直ししてみる。jar を展開し、install.rdf で

         <em:minVersion>0.9</em:minVersion>
-        <em:maxVersion>0.10</em:maxVersion>
+        <em:maxVersion>1.0+</em:maxVersion>

としてみた。で、できた jar を

<a href="javascript:void(InstallTrigger.installChrome(InstallTrigger.SKIN,
'708090-lite_1.48.MODIFIED.jar','708090-lite MODIFIED'))">install</a>

という html ファイルを準備し、install。

使えているようだ。

_ [research] C>DB、システム共通モジュール

C>DB のメソッドをいろいろ追加、その過程でシステム全体で共通して使う定数とかメソッドをモジュール化。


2004-10-30(土) ちょっと一息 [長年日記]

_ [debian] fontconfig 2.2.3-3vd1

akito patch 3種を当てて作成。

_ [debian] mozilla-firefox 0.99+1.0RC1-1vd1

1.0RC1 が unstable に入ってきた。

vd_bugzilla-jp_bug-1476_attachment-1656_for-mozfx-0.9.3.patchvd_mozfx-0.10.1_without-gnome-and-gconf.patch を当て、GNOME を外して作成。

_ [debian] postgresql 7.4.6-2

/etc/init.d/posgresql restart もしくは stop が効かない #278573#278574 の件は、start-stop-daemon でさばくように修正されたようだ。


2004-10-31(日) システム構築間に合わず [長年日記]

_ [debian] mozilla-firefox 0.99+1.0RC1-2vd1

vd_bugzilla-jp_bug-1476_attachment-1656_for-mozfx-0.9.3.patchvd_mozfx-0.10.1_without-gnome-and-gconf.patch を当て、GNOME を外して作成。

_ [debian] udev 0.042-1vd1

devfs に干渉しないようにする patch を当てて作成。

_ [debian] util-linux 2.12b-1vd1

util-linux-2.11z-CITI_NFS4_ALL.patch を当てて作成。一箇所 rej されたので手パッチ。

_ [research] ruby postgres とデーモン化

リクエストごとに PGconn.connect → PGconn.exec でリクエスト処理 → PGconn.close とするのは無駄っぽいので、最初に PGconn.connect してそれを子のスレッドで使い回そうとしたら、PGconn.exec したときに

server closed the connection unexpectedly
This probably means the server terminated abnormally
before or while processing the request.

って返ってきてリクエストを受け取ってくれない。netstat -atn してみたら、

127.0.0.1:5432 127.0.0.1:XXXX FIN_WAIT2
127.0.0.1:XXXX 127.0.0.1:5432 CLOSE_WAIT

接続が確立してないし。

よく調べてみると、デーモン化するときに fork() してるけど、fork() したときに接続が切れてる。ということで、fork() した後に PGconn.connect するようにしたら、期待通りの動きをするようになった。冷静に考えれば、そっか。

_ [research] M→N→C→DB

ひとまず単純な流れを作れた。

_ [research] N 作り直し

N を作り直し。これまでは M の1処理→N の1処理、というつくりだったけれど、M の連続処理→N の連続処理、という方向で作りかえる。また、多種の M に対応できるようにした。

まだやり足りないところがあるけど、今日はここまで。


2004年
10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E