最新

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2004-11-01(月) テスト体制まであとちょっと [長年日記]

_ [debian] util-linux 2.12h-2vd1

パッチを vd_util-linux-2.12h-CITI_NFS4_ALL.patch に作り直して作成。

_ [debian] mozilla-firefox 0.99+1.0RC1-2vd2

日記@韜晦する朴念仁 の「Gtk+2版Mozillaで候補ウィンドウが左上に貼り付く問題」を解消するパッチ mozilla-composition-pos.diff を当てて作成。見栄えがかなりよくなった。

_ [research] メソッド切り替え

もっと簡単にできないものかな。

#!/usr/bin/ruby

module M_A
  def m_a( s )
    p "a - #{s}"
  end
end

module M_B
  def m_b( s )
    p "b - #{s}"
  end
end

include M_A
include M_B

def m_s( i )
  m = { 1 => :m_a, 2 => :m_b }
  m[ i ]
end

t = m_s( 1 )
Object.new.send( t, 's' )

t = m_s( 2 )
Object.new.send( t, 's' )

_ [research] M-pretend 調整

もうちょっと出力がもっともらしくなるように調整。

_ [research] N さらに作り直し

昨日、多種の M に対応できるようにしたが、処理のたびにどの M かを確認してそれぞれのメソッドに値を渡すようになっていた。今日、メソッド切り替えができるようになったので、まず最初にどの M かを確認してメソッドを選択し、あとはその選択されたメソッドをずっと使うようにした。

あと、N-mod-pretend を M-pretend の変更に追従させた。


2004-11-02(火) 明日祝日だったのか [長年日記]

_ [debian] ffmpeg 1:cvs-20041031-0.0vd3

mplayer を再コンパイルしていたら、ffmpeg/dsputil.h がないとエラーが出たので調べてみると、以前のパッケージでは install されていたのに、いつの間にか外されていた。ということで追加して作成。

_ [debian] mplayer 1:1.0-pre5-0.6vd2,3

vd_bmp_mplayer.patch を当てて bmp 対応にして作成。もうちょっと綺麗なパッチにできそうだけど。してみた。> vd_bmp_mplayer.patch

bmp のプラグインを使って、midi、spc、nsf とか再生できた。面白い。

_ [debian] sylpheed-gtk2 0.9.99+1.0.0beta1-0vd1

CVS から引っ張ってきて作成。

_ [research] M-pretend さらに調整

動かしっぱなしにできるようにループするオプションつけたり、動作間隔を固定するオプションつけたり。

_ [research] N またはまり

while( s = STDIN.gets() )

はだめで、

loop do
  s = STDIN.gets()

は OK。なんか同じこと前にもはまったっけ。テストシステム構築まではもう少し詰めないと駄目だなぁ。

_ [えふえふ] 戦(↑1)

明日祝日なので。


2004-11-03(水) 地味に進まず [長年日記]

_ [debian] mozilla-firefox 0.99+1.0RC1-3vd1,2

vd_bugzilla-jp_bug-1476_attachment-1656_for-mozfx-0.9.3.patchvd_mozfx-0.10.1_without-gnome-and-gconf.patchmozilla-composition-pos.diff を当て、GNOME を外して作成。

新しい mozilla の preedit パッチ mozilla-1.8a5-gtk2-composition-fix.diff を当てて vd2 作成。MozFx でも特に問題なく当たるし、動作も問題ないみたい。

_ [comp] 708090-lite 1.49

出たようだ。1.0RC1 に正式に対応。

_ [research] N 修正

loop do
  s = STDIN.gets()
  if( s == nil )
    break
  end

終了条件の追加を忘れてた。

_ [えふえふ] 戦(↑1)

もうちょい。


2004-11-04(木) だるいが続ける [長年日記]

_ [debian] util-linux 2.12h-3vd1

vd_util-linux-2.12h-CITI_NFS4_ALL.patch を当てて作成。

_ [comp] syslogd に -- MARK -- を記録させなくする

syslogd -m 0

で起動する。

_ [comp] 続々・kernel 2.6.9 で LaVie の電源切れない

ACPI の問題っぽい。

2.6.9-rc1 : Weirdness after shutdown - ACPI or Suspend bug? によると、2.6.9-rc1 の時点でもうおかしくなっていたようだ。ACPI4Linux を当たってみると、gericom notebook reboots instead of poweroffLaptop does not halt or reboot anymore あたりで poweroff no longer switch off the machine but reboots が示されている。もうしばらく様子を見てみよう。

こっちも。 > shutdown -h now causes a reboot instead of shutdown

_ [research] C>DB メソッド続々追加

テーブルを HTML に吐き出すメソッドを追加し、それ関係の SQL 文発行メソッドをいろいろ追加。

テーブルに変更があったら、HTML 生成メソッド呼び出すようにすればいいかな。そういう構成にしたら、U って不要なプログラムかもしれないなぁ。要検討。


2004-11-05(金) 引き続きだるい [長年日記]

_ [debian] mplayer 1:1.0-pre5-0.8vd1

mplayer1.0pre5-gtk2-20040730.patch.bz2vd_bmp_mplayer.patch を当て、GTK+2 化して作成。

_ [debian] vorbis-tools 1.0.1-1vd1

libcurl3 で作成。

_ [debian] xine-ui 0.99.1-1vd1

libcurl3 で作成。

_ [debian] sun-java3d 1.3.2-build7-0vd1

展開して出てきた lib/ を /usr/lib/j2sdk1.5-sun/jre に突っ込んだだけのパッケージ。

_ [debian] sun-jai 1.1.2-0vd1

これも出てきた lib/ を /usr/lib/j2sdk1.5-sun/jre に突っ込んだだけのパッケージ。

_ [comp] Project Looking Glass を試す

Looking Glassを動かしてみる - 3Dデスクトップって?Welcome to the Wonderland of Project Looking Glass を参考に、Looking Glass を試してみる。sun-java3d、sun-jai を入れ、実行。Pen3 1GHz Dual じゃちょっと重すぎ、Pen4 2.4GHz HT でも重いけど、すごさは伝わった。まだまだ不安定すぎるけど。

_ [movie] フィフスエレメント

フィフス・エレメント [DVD]


2004-11-06(土) だるさ継続中 [長年日記]

_ [misc] レクリエーション

参加表明した手前参加したけど、だるくてだるくてしょうがなかった。もっと体調がよければ楽しめたんだろうけどなぁ。


2004-11-07(日) 少し回復 [長年日記]

_ [debian] portmap upgrade で autofs 変

昨日あたりから autofs が変。でも autofs それ自体や、nfs-*、kernel もいじってないし。最近いじった怪しいのといったら、portmap 5-4 → 5-5 かな。#279930 これっぽい。バグではなくって、-i オプションで指定してやらないといけないのかな。

クライアントおよびサーバの /etc/default/portmap で

OPTIONS="-i XXX.XXX.XXX."

と指定してみたら問題なくなった。

_ [えふえふ] 戦(↑1)

頑張ってみた。


2004-11-08(月) 回復したので再開 [長年日記]

_ [comp] 続々々・kernel 2.6.9 で LaVie の電源切れない

poweroff no longer switch off the machine but reboots に patch が出ていたので当ててみた。お、きちんと電源切れるようになった。

_ [debian] uim 1:0.4.5+r1576-1vd1

uim-common に uim.mo を含め、GNOME を外して作成。

_ [debian] 続・portmap upgrade で autofs 変

-i OPTION をつけないという手もあるかな。

_ [research] C>DB メソッド追加と修正

事あるごとに SQL 文を発行していたけど、最初に一気に取得して使い回すようにした。これだと SQL サーバへの query は最初の1回で済むけど、そのぶんテーブルを抱えることになる。やっぱ事あるごとに query したほうがいいのかなぁ。

もったいないのでひとまず両方のメソッドを残しておくことにする。


2004-11-09(火) 順番が逆 [長年日記]

_ [debian] xdvik-ja 22.84.5-j1.21-1vd1

s/kochi/sazanami/g して作成。

_ [debian] ffmpeg 1:cvs-20041031-0.1vd1

dsputil.h を -dev に含めて作成。libavcodec2 の代わりに libavcodeccvs に依存するようにしたのは changelog に書かれていたけど、patches/05_version.dpatch を更新したのは書かれてなかった。

_ [research] プロトコル仕様書を書く

RFC1945 (HTTP/1.0) を参考に、日本語でプロトコル仕様書を書く。

かなりいい加減。でも今回は珍しく、仕様書を書いてからコードを作ってる(部分的とは言え)。次はクライアントとサーバの仕様書を書かないと...。


2004-11-10(水) さらに調整 [長年日記]

_ [debian] apache2 2.0.52-2vd1

[Patch] Allow SuexecUserGroup in <Directory> を当てて作成。

_ [research] C,C>DB,N>C 更新

テスト環境に持っていけるように、まずコア部分である C をがりがり更新。例外捕捉部をたくさん追加したり、ロギング部分の可読性とか調整。open したけど close してなくてファイルサイズが 0 のままで内容が書き込まれてなかったりとか、M-pretend の使い方とか忘れたりしてたのはご愛嬌。

今はテストだから DB に何か変化があったときに1枚の HTML ファイルにテーブルを整形して書き出ししてるけど、実際に使うときには eruby とか php とかで動的に DB→HTML させたい気もする。

_ [えふえふ] モ(↑2)

研究頑張ったんでこっちも。


2004-11-11(木) テスト環境準備 [長年日記]

_ [debian] apache2 2.0.52-3vd1

[Patch] Allow SuexecUserGroup in <Directory> を当てて作成。

_ [debian] portmap upgrade で autofs 変その後

portmap 5-5 で導入され -i OPTION だが、導入時に localhost のみに bind するように黙ってデフォルトで設定してしまったため、各地や BTS で騒ぎに。で、5-6 で debconf でそういうデフォルト設定にしたことのお知らせが出るようになった。けれど結局、5-7 にて localhost のみに bind するようなデフォルト設定はコメントアウトされたようだ。

_ [research] apache2+PostgreSQL 始動

実験用に自前の apache2 を上げる。ついでに PostgreSQL も。DB 移動のやり方忘れてたのでメモ。

postgres@old$ pg_dumpall > pg.dumpall.20041111

postgres@new$ psql -f pg.dumpall.20041111 template1

これで DB テーブルをいちいち HTML ファイルに吐き出さなくても、CGI とかで参照できるようになった。というか DB が頻繁に更新される使い方になると予想される状態で、更新をトリガーに 1ファイルの書き換えをするってのがナンセンス。絶対衝突するよなこれ。見たいときに生成って形でいいよなぁ。

何も web 上から見なくても、モニタする単独アプリ作るとかいろいろ考えはあるけど、本質じゃないのでメモ程度に。

_ [research] C>DB>CGI, C>DB

DB 表示 CGI を作成。それ用に C>DB をちょっと修正。


2004-11-12(金) やっとテスト [長年日記]

_ [comp] Tabbrowser Extensions 1.11.2004111201

Firefox 1.0でタブのメニューから「他のタブをすべて閉じる」を消せない問題を修正(一部の古いバージョンのMozilla/Firefoxで問題が起こるかもしれないので、問題が起こった場合は教えて下さい)

[Tabbrowser Extensionsより引用]

これバグだったのかな。てっきり古い設定がどこかに残ってるとか、設定が悪いのかと思ってた。

_ [debian] mozilla-firefox 1.0-2vd1

official に追従。

今気付いたけど、拡張を上書きアップグレードできないような。

_ [debian] rxvt-unicode 4.0+CVS20041003-1

unstable の rxvt-unicode-ml 3.9-3 はまともに使えないので、experimental の rxvt-unicode-ml 4.0+CVS20041003-1 を使ってみた。お、XIM (手元では uim-xim 1:0.4.5+r1576-1vd1) がきちんと使えるようになってるみたい。

urxvt -fg white -bg black -fn "a14,xft:mikachan:size=14"

再掲だけど、こんな感じでしばらく使ってみることにする。

_ [comp] vim で赤が見辛い

highlight       Constant                ctermfg=red
highlight       Statement               ctermfg=red

を ~/.vimrc に追加。

_ [research] 全部修正

テスト環境に持っていったら、思いのほか盛大に壊れていたので全部修正。

  • 存在しないレコードを update しようとしたら、insert するように。
  • 自分で作ったプロトコル仕様を誤解してコーディングしていたので修正。
  • 実際の使用を想定していろいろオプションを追加。
  • += じゃなくて << を使ってはまる。

などなど。直して動かしてみたところ、ひとまずいい感じに動いてる気がする。

_ [えふえふ] モ(↑1)

今日は少なめ。


2004-11-13(土) 休み [長年日記]

_ [comp] urxvt で scrollTtyOutput が効かない

効いてないなぁ。仕方ないので -si オプションを付ける。

_ [debian] MozFx で拡張が上書きアップグレードできない

A heavily patched extension manager has been introduced this release by Mike Hommey. It is designed to work around the deficiencies in the upstream's current offering. Unfortunately, the registration process for extension and locale packages has now changed in an incompatible way. The packages will install correctly but won't actually be registered with Firefox. Maintainers are aware of the issue and are working on new packages that will work with this new mechanism. Please do not file bugs on this issue.

[/usr/share/doc/mozilla-firefox/NEWS.Debian.gzより引用]

よくわからんけど、1.0-1 からのこれの関係かなぁ。


2004-11-14(日) 今日も休み [長年日記]

_ [debian] ffmpeg 2:20041113-0.0vd1

dsputil.h を -dev に含めて作成。

_ [えふえふ] モ(↑3)

休みはいいねえ。


2004-11-15(月) 次のステップ [長年日記]

_ [research] N>wget, N>ftpmirror 作成

先のテストがだいたいうまく行ったので、先に進むことにする。

wget および ftpmirror の出力を捕捉する N モジュールの作成を開始。うーん、モジュール名を出力から読み込むんじゃなくて、N で指定するようにしたほうがいいかな。

_ [research] N 仕様変更

M の出力のパースを最低限にするために、モジュール名を出力から読み込むんじゃなくて N で指定するように、仕様を変更。それに伴って、関連するプログラムも全て修正。

_ [research] モジュール→パッケージ

ftpmirror での呼称はパッケージか。モジュールという呼称もまぎらわしいので、全部パッケージに変更。

_ [えふえふ] 忍(↑1)

軽くやっておく。


2004-11-16(火) そろそろ詰め [長年日記]

_ [comp] Tracking 追加

ToDo プラグインを流用して、今追っているバグとかをリストするようにしてみた。

_ [comp] LaVie RX LR700/8 で温度チェック

lm-sensors は動かないけど、ACPI なら温度がチェックできるようだ。ということで ACPI で見ることにした。

_ [debian] xmame 0.88-0vd1

0.86-3 を流用してビルドしようとしたら、xgl の時点で失敗した。調べたみたら、 xgl は x11 に統合されたようだ。 > [Xmame] question and possible compilation error

ビルドはできたけど、何かうまいこと動いてないような。

_ [comp] mplayer で WMVA 再生

Win で録画したムービーを再生しようとしたら、現状ではできないっぽい。ひとまずメモ代わり。 > [MPlayer-users] WMVA again - some progress

_ [research] N さらに仕様変更

出力のパースについて、stateful にした。

_ [research] N>ftpmirror 一応完成

ネットワークエラーが出ないことが前提だが、一応完成。ネットワークエラーが出た場合の処理は、実際にネットワーク上で動かしてログを取って作成するつもり。


2004-11-17(水) テストテスト [長年日記]

_ [research] N>ftpmirror→C テスト

実際の環境でのテストを開始。

なんとなく動いてるっぽい。

_ [comp] favicon.ico

めも。

 <link rel="shortcut icon" href="favicon.ico">

gimp と convert で作ったら壊れた ico が出てきたので、FavIcon from Pics で変換。


2004-11-18(木) トンネル遊び [長年日記]

_ [comp] httptunnel で遊ぶ

serv% hts -F localhost:XXXXX YYYYY

clnt% htc -F ZZZZZ serv:YYYYY
clnt% telnet clnt ZZZZZ

  1. serv:XXXXX は clnt からは fw に阻まれて接続できないが、serv:YYYYY であれば OK。
  2. serv で httptunnel server を起動。
  3. clnt で httptunnel client を起動。
  4. httptunnel を通して clnt から serv:XXXXX を利用可能に。

_ [comp] Zebedee で遊ぶ

上記と同じ状況で、serv で

#!/usr/bin/zebedee -f
server true
serverport YYYYY
redirect XXXXX
target localhost

を、clnt で

#!/usr/bin/zebedee -f
server false
serverhost serv
serverport YYYYY
tunnel ZZZZZ:localhost:XXXXX

を実行。Zebedee を通して clnt から serv:XXXXX を利用可能に。

_ [research] C>DB 変更

実際にデータ取ってみたら、出力するテーブルが巨大すぎたので何とか小さくする。

_ [research] N 再考

これまでは N>foo とか N>bar とかだったけど、foo>N とか bar>N にしたほうが見通しいいんじゃないかと思ってきた。

_ [research] N>ftpmirror ちょっと修正

modified も成功にしたのと、ServerName の最後に余計な . を削除するようにした。


2004-11-19(金) 調子乗らず [長年日記]

_ [misc] だるだる

あんまり体調よくなかった。



2004-11-21(日) VDR.JP 始動 [長年日記]

_ [vdr] vdr.jp に移転

移転しました。何か不具合があったらお知らせ下さい。

_ [debian] udev 0.046-1vd1

devfs に干渉しないようにする patch を当てて作成。

_ [debian] fontconfig 2.2.3-4vd1

akito patch 3種を当てて作成。


2004-11-22(月) タイトルも入れ忘れてた(2008/08/08) [長年日記]

_ [debian] ircd-irc2 2.10.3p7-1vd2,3,4

zlib version mismatch とか出るのが気になったので rebuild して vd2。

debian/maint/config.h で #undef USE_IAUTH として vd3 作成。

debian/maint/config.h で #define ACCEPTTIMEOUT 10 として vd4 作成。

_ [debian] snortsnarf 021111.1-3vd1

RFS: Snortsnarf, Securitysage and PostPHPix で出ていた snortsnarf 021111.1-3 を調整して作成。

_ [debian] Debian MozFx で拡張を上書きアップグレードできない

#282143 で報告されていた。

_ [comp] pre plugin 入れ忘れ

pre plugin を入れ忘れていたので追加。


2004-11-23(火) 休み [長年日記]

_ [misc] だらだら

過ごす。


2004-11-24(水) こまごま [長年日記]

_ [comp] RewriteRule ちょっと変更

unicon.htmlgkrelluim.html を参照したとき、リンク元が長々表示されて見栄えが悪いので、

-RewriteRule     unicon.html     19700101.html
-RewriteRule     gkrelluim.html  19700201.html
+RewriteRule     unicon.html     197001.html
+RewriteRule     gkrelluim.html  197002.html

としてみた。

_ [comp] mod_ruby 負け

suEXEC とは一緒に使えないのか。

_ [comp] FastCGI 化

tDiaryをFastCGI化 を真似してみた。

IPv6 接続かどうか表示するプラグインがエラー起こしたけど、IPv6 な環境じゃなくなったし、もう外しておこう。

_ [research] C バグ発見

先日から行っているテストでバグを発見した。

(EMERG) C_SERVER::m_run - C_DB::m_update - FATAL:  terminating connection due to administrator command
server closed the connection unexpectedly
        This probably means the server terminated abnormally
        before or while processing the request.
        :
(EMERG) C_SERVER::m_run - C_DB::m_update - no connection to the server

DB 更新時に何らかの原因で PostgreSQL との接続が切れてしまったようだ。administrator command ってことは、止めたのかな?時間を調べてみたけど、そのときには止めたり再起動したりはしてないけどなぁ。

それはおいといて、C で接続が切られたときには再接続するようにしないと駄目だな。

_ [research] subversion で管理

ようやく subversion で管理することに。

% svnadmin create /XXXXX/SVN/repo
% svn import -m 'initial import' . file:///XXXXX/SVN/repo


2004-11-25(木) 実地でわかるバグ [長年日記]

_ [research] swatch で監視

警告がログに出てもそれに気付かないんじゃしょうがないので、swatch を入れてみた。

watchfor        /EMERG/,/ALERT/,/CRIT/,/ERR/,/WARN/
        mail=XXXXX

このような swatchrc を作って、

% swatch -c swatchrc -t c.log

で監視。

_ [research] 続・C バグ発見

N、C、DB 間が正常な場合の動作を単純化すると、

  1. N から C へ接続、データ送信。
  2. C は N からのデータを DB に送信。
  3. C は N には返事をして、N との接続を閉じる。
  4. N は返事を受け取ったら終了。

こんな感じ。で、追ってみたところ、

  1. C←→DB 間が切れる。
  2. N から C へ接続、データ送信。
  3. C は N からのデータを DB に送ろうとするが、DB との接続が切れているので例外発生。
  4. ここで C は N に返事をしないし、接続を閉じていないので、N は待ち続ける。

例外発生したときに N と接続しっぱなしなのが問題か。あと例外捕捉の範囲をもうちょっと狭めてみるかな。

N との接続を閉じるタイミングを変えてみた。あと、C は例外が起きるか HUP を受け取ったら DB と再接続するようにした。

_ [research] フラグ追加

暫定的に「変更なし」フラグを追加。

_ [research] K 作成

コンセプトとしての K 作成。

_ [えふえふ] 忍(↑1)

息抜き。


2004-11-26(金) だるい [長年日記]

_ [misc] 休み

体調不良につき寝てた。


2004-11-27(土) 自前サーバなので広告挿入 [長年日記]

_ [debian] udev 0.046-3vd1

devfs に干渉しないようにする patch を当てて作成。

_ [vdr] Amazon ライブリンク設定

設定してみた。サーバ運営資金の足しになればいいなぁ。

_ [えふえふ] 忍(↑1)

つらい。


2004-11-28(日) 休み [長年日記]

_ [えふえふ] 忍(↑1)

今日はらくちん。


2004-11-29(月) 再開 [長年日記]

_ [debian] udev 0.046-4vd1

devfs に干渉しないようにする patch を当てて作成。

_ [research] N モジュール化

作り直し。

_ [えふえふ] 忍(↑1)

楽だったり大変だったり。


2004-11-30(火) 整理 [長年日記]

_ [research] 共通モジュール修正

$OPT_N が true の場合、ログをファイルではなく STDOUT に吐き出すように変更。

_ [research] N モジュール化完了、ftpmirror>N

前に言ってたことをようやく完了。だいぶ見通しがよくなった。

また、N オプションと n オプションの意味と役割がごっちゃになっていたので整理。C に送った際の応答についての処理を追加。エラーが返ってきたときは N が再送するようにしたが、さらに C→DB の処理の際のエラーは C で DB に再送するべきか?

で、ftpmirror 用の N を作成。

_ [research] C 変更

フォアグラウンドで動かす際にログをファイルではなく STDOUT に吐き出すように変更。

_ [research] C>DB 変更

N への応答をログに落とすようにした。また、エラーがあった場合はここでも DB との接続をリセット。

_ [えふえふ] 忍(↑1)

さくっと。


2004年
11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E