最新

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2005-10-01(土) 保留だらけ [長年日記]

_ [vdr] vdr.jp 2005/10/02(日)12:00-24:00 停止予告

2005/10/02(日) 12:00-24:00、整備のため vdr.jp を停止します。

_ [debian] shadow 1:4.0.12-2 変

reboot 後に startx したら not found になって何だろうと探してみたら、/etc/login.defs の ENV_PATH がセットされなくなっていた。BTS を見てもどれが原因かよくわからないので、~/.zshrc に PATH を追加して、本格対応は保留。

_ [debian] pam 0.79-2 変

0.79-1 から 0.79-2 にしたら、cron が /var/log/syslog に

XXX XX XX:XX:XX XXXXXXX CRON[XXXXX]: Critical error - immediate abort

等と残して動かなくなってしまった。cron がきちんと動いていないと困るマシンなので、0.79-1 に戻し、本格対応は保留。

_ [debian] gcc-4.0 4.0.2-1 変

4.0.1-9 から 4.0.2-1 にしたところ、何故か DDNS設定(とそれの改良版)が動作しなくなり、set-ddns.sh が大量にたまっていた。いろいろコマンドを組み合わせていてどれが原因なのかよくわからないので、4.0.1-9 に戻し、本格対応は保留。

_ [えふえふ] 狩(↑1)

ちょっとした時間にささっと。


2005-10-02(日) 久々の長期メンテナンス [長年日記]

_ [vdr] vdr.jp 2005/10/02(日)23:00 復旧

2005/10/02(日)20:00 ごろから断続的につながったりつながらなかったりしていましたが、2005/10/02(日)23:00 ごろ復旧しました。

_ [movie] トゥームレイダー

トゥームレイダー [DVD]


2005-10-03(月) 復帰翌日 [長年日記]

_ [debian] sysvinit 2.86.ds1-4

bootlogd が上がらない問題が fix された。> #327865

_ [debian] shadow 1:4.0.12-6

/etc/login.defs の ENV_PATH がセットされなくなっていた問題だけれど、#330803 に報告されていて、1:4.0.12-6 で fix されたようだ。

_ [debian] pam 0.79-2, gcc-4.0 4.0.2-1 変 その後

昨日の整備後は発生しなくなった。原因がよくわからん。

_ [debian] tdiary 2.1.3.20051002-0vd1

CVS から引っ張ってきて vd_tdiary_rast-search_html-anchor.diff を当てて作成。

_ [comp] 続々々々・MozFx を追う

しばらく見てなかったので再確認。



2005-10-05(水) 他方面の調査 [長年日記]

_ [comp] tomoe と scim の調査

ちょっと調査。

_ [debian] tomoe 0.2.1-0vd1

作成。

_ [debian] uim-tomoe-gtk 0.1.1-4vd1

作成。

_ [debian] libtomoe-gtk 0.0.0.20051005-0vd1

CVS から引っ張ってきて作成。

_ [debian] scim-tomoe 0.1.0+cvs20051005-0vd1

CVS から引っ張ってきて作成。


2005-10-06(木) 本命を作成 [長年日記]

_ [debian] mozilla-firefox 1.4.99+1.5beta1.dfsg-5vd1

Bugzilla ORG 255990patch v3 (alt)vd_mozilla-firefox-1.5beta1_without-gnome-and-gconf.patch を当てて作成。

_ [debian] uim 1:0.5.0.1+svn1820-0vd1

SVN から引っ張ってきて作成。

_ [debian] skkdic 20051006-0vd1

ひさびさに CVS から引っ張ってきて作成。

_ [debian] madwifi 1:20051006-0vd1

CVS から引っ張ってきて ATH_RATE を ath_rate/onoe にして作成。

_ [debian] hibernate 1.12-0vd1

Software Suspend 2.2-rc8 が出ていたので見てみたら、hibernate が 1.12 以上でないとだめらしいので作成。

と思ったら swsusp2 2.2-rc8 は kernel 2.6.14-rc3 向けで kernel 2.6.13.3 には当たらなかった。

_ [debian] uim-tomoe-gtk 0.1.1+cvs20051006-0vd1

CVS から引っ張ってきて作成。

_ [debian] pam 0.79-2 変 その後

先日の cron が pam 0.79-2 で変になった問題だけど、今見てみたら #330965 というそのものがあった。手元では影響はなかったけど、cron 以外にも ssh や login がおかしくなったりしていた模様。


2005-10-07(金) 冷房で頭痛 [長年日記]

_ [debian] gstreamer0.9 0.9.3-0vd1

debian/ を svn.debian.org の pkg-gstreamer から引っ張ってきて作成。

_ [debian] taglib 1.4-1vd1

libtag1-dev に taglib.pc を含めて作成。

_ [comp] bmpx 0.12-RC4 を試す

experimental の gtk+2.0 2.8.3-1、pango1.0 1.10.0-2、dbus 0.50-1、手元で作った gstreamer0.9 0.9.3-0vd1、taglib 1.4-1vd1、他 unstable のものをいろいろ投入して一応コンパイルは通った。

_ [debian] sylpheed 2.1.3-0vd1

作成。


2005-10-08(土) ちょっと復活 [長年日記]

_ [debian] libcairo 1.0.0-3vd1

昨日 gtk2.0 2.8.3-1 を入れたけど、GTK+2 アプリでボールドが出なくなった。GTK+ 2.8 の問題かと思ったら、レンダリングエンジンに使っている cairo のほうの問題らしい。

いろいろ調べてみたけど、libcairo 1.0.0-3 の 02-no-ft-glyphslot-embolden.patch を外してやればいいようだ。そのようにして作成。


2005-10-09(日) newaliases も忘れる [長年日記]

_ [debian] mplayer 1:1.0-pre7cvs20051008-0.0

ようやく GTK+2 対応パッチが本家 CVS に取り込まれたようだ。

_ [debian] mozilla-firefox 1.4.99+1.5beta2.dfsg-1vd1

GTK+2.8 だと Thread: How to build your own firefox rpm from source と同じ症状(最後の firefox-bin のリンクで libgfx_gtk.a(nsFontMetricsXft.o) で undefined reference が大量)が出てビルドできなかった。そのスレッドを読み進めていくと Bugzilla ORG 305185 のパッチを当てればよいとのこと。そのスレッドでは当てても変わらなかったとも書かれているけど、autoconf してない気がする。なお autoconf は 2.13 を使わなければならないようだ。

結果、Bugzilla ORG 255990patch v3 (alt)vd_mozilla-firefox-1.5beta1_without-gnome-and-gconf.patchBugzilla ORG 305185gtk2.8 patch (#2) を当て、autoconf2.13 して作成。

_ [vdr] /etc/aliases

更新してなかった。確認したところ、重要なメールは落としていなかった模様。

_ [movie] スピード

スピード [DVD]


2005-10-10(月) 妙にだるい [長年日記]

_ [debian] ttmkfdir 3.0.9-4

ttmkfdir が SEGV る件は、3.0.9-4 で fix されたようだ。


2005-10-11(火) 1か月経ったか [長年日記]

_ [comp] po.vim

emacs で言うところの po-mode のような、vim で PO を編集するためのプラグイン。Debian では vim-scripts に収録されているのでそれを apt-get install し、

% mkdir -p ~/.vim/after/ftplugin
% ln -s /usr/share/vim-scripts/ftplugin/po.vim ~/.vim/after/ftplugin/

~/.vimrc にトランスレータとランゲージチーム情報をセット。

" for po.vim
let g:po_translator="YOUR NAME <E-MAIL at ADDRESS>"
let g:po_lang_team="LANGUAGE TEAM <E-MAIL at ADDRESS or HOME PAGE>"

これで PO の編集がだいぶ楽になった。

_ [debian] 続・cdbs を試す

configure にオプションを追加してやるときは、debian/rules で

DEB_CONFIGURE_USER_FLAGS=--enable-XXX --disable-YYY

のようにする。

_ [debian] libtomoe-gtk 0.0.0.20051011-0vd1

CVS から引っ張ってきて作成。


2005-10-12(水) ABI change [長年日記]

_ [debian] uim 1:0.5.0.1+svn1836-0vd1

SVN から引っ張ってきて作成。

_ [debian] libtomoe-gtk 0.0.0.20051012-0vd1

CVS から引っ張ってきて作成。

_ [debian] uim-tomoe-gtk 0.1.1+cvs20051006-0vd2

libtomoe-gtk 0.0.0.20051012-0vd1 で作成。


2005-10-13(木) だるい [長年日記]

_ [misc] 停滞

あまり進まず。

_ [movie] リーサル・ウェポン3

リーサル・ウェポン3 [DVD]


2005-10-14(金) だるさ継続 [長年日記]

_ [debian] libtomoe-gtk 0.0.0.20051014-0vd1

CVS から引っ張ってきて作成。



2005-10-16(日) まる1日休み [長年日記]

_ [misc] 休み

1日外に出なかったけど、備蓄食料が大したものがなかったので余計によくなかったかも。


2005-10-17(月) 風邪気味 [長年日記]

_ [debian] libtomoe-gtk 0.0.0.20051017-0vd1

CVS から引っ張ってきて作成。

_ [comp] rxvt-unicode 変

×(記号のバツ)の文字幅がおかしい。一見いわゆる全角で表示されているように見えるけれど、実際にはいわゆる半角で、その次の文字に重なってしまう。

他にもこのような現象が起きる文字は多いようだけれど、バツはよく使うので目立つしかなり不便。


2005-10-18(火) 風邪から復活 [長年日記]

_ [debian] pkg-config 0.20-1

pkg-config --help が SEGV 問題は解決したようだ。

_ [debian] libtomoe-gtk 0.0.0.20051018-0vd1

CVS から引っ張ってきて作成。


2005-10-19(水) いろいろ見回る [長年日記]

_ [debian] kernel source/modules 用 debian/rules

fuse-source が参考になった。

_ [comp] BMP 終了、BMPx へ

Beep Media Player が 0.9.7.1 のリリースを最後に開発終了し、BMPx の開発に注力するとのこと。中身が完全に変わってしまっているので、移行するにはかなりの手間になりそうだ。

_ [debian] sylpheed 2.1.4-0vd1

作成。


2005-10-20(木) いろいろ作成 [長年日記]

_ [debian] fontconfig 2.3.2-1.1vd1

akito patch の fontconfig-2.2.1-AppleRoman-DynaFont.patch と fontconfig-2.2.1-Bold-conf.patch を当てて作成。

_ [debian] freenx 0.4.4+0.4.5-3vd1, nx 1.4.92+1.5.0-4vd1

Kanotix からパッケージを頂いてきて作成。

_ [debian] gst-plugins-base0.9 0.9.3-0vd1,2,3

debian/ を svn.debian.org の pkg-gstreamer から引っ張ってきて、Patch for upgrade to gst-0.9.2 を当て、gconf2 と gnomecvs2 関係を取り除いて 0vd1 作成。

ogg が鳴らないのでおかしいと思って調べてみると、パッケージに含まれていなかった。ogg の他にも漏れがあったのでそれらも含めて 0vd2 作成。

もう存在しない gst-register-0.9 を debian/*.postinst から抜いておくのを忘れてた。また、rtp が抜けていたのでこれも含めて 0vd3 作成。

_ [debian] gst-plugins-{good,ugly,bad}0.9 0.9.3-0vd1

作成。

_ [comp] gstreamer を試す

gst-launch にいろいろ渡してやると鳴らせるようだが、gst-launch-ext を使うとよきにはからってくれるようだ。

% gst-launch-ext-0.9 XXXXXXXX.ogg
        :
Running command-line
gst-launch-0.9 filesrc location="XXXXXXXX.ogg" ! oggdemux ! vorbisdec ! audioconvert ! osssink
        :

ところが(これを試した時点では) OSS がないのでこのままでは鳴らない。そこで ~/.gst に

AUDIOSINK = alsasink

と書いてやると ALSA で鳴らしてくれる。

% gst-launch-ext-0.9 XXXXXXXX.ogg
        :
Running command-line
gst-launch-0.9 filesrc location="XXXXXXXX.ogg" ! oggdemux ! vorbisdec ! audioconvert ! alsasink
        :

もちろん bmpx でも鳴ってくれた。

また、日本語での情報は GStreamer概要 がある。

_ [debian] bmpx 0.11+0.12RC11-0vd1

作成。

_ [debian] module-assistant (m-a) メモ

% KMAINT="XXXX XXXX" KEMAIL="XXXX@XXXX" SIGNCHANGES=1 fakeroot module-assistant -t build XXXXXXXX

SIGNCHANGES=1 は *.changes を生成させるため。

_ [comp] tdiary + ruby 1.8.3 == [BUG] unknown node type 0

tdiary でたまに Internal Server Error に遭遇するので、apache2 のログを見てみた。

/usr/lib/ruby/1.8/date/format.rb:598: [BUG] unknown node type 0, referer: http://vdr.jp/d/
ruby 1.8.3 (2005-09-21) [i486-linux], referer: http://vdr.jp/d/                 
, referer: http://vdr.jp/d/
Premature end of script headers: index.rb, referer: http://vdr.jp/d/

探してみると、ruby 1.8.3でのSegmentation fault回避策 のようだ。Debian の BTS では #330008 らしい。明日あたり sid に入る ruby1.8 では直っていそうだ。


2005-10-21(金) 今日もいろいろ [長年日記]

_ [debian] subversion 1.2.3dfsg1-2vd1

-D_LARGEFILE_SOURCE -D_FILE_OFFSET_BITS=64 が有効な libapr0 2.0.54-5vd1 で作成。

_ [debian] tdiary 2.1.3.20051020-0vd1

CVS から引っ張ってきて vd_tdiary_rast-search_html-anchor.diff を当てて作成。

_ [debian] bmpx 0.11+0.12RC12-0vd1

作成。日本語 po が入った。

_ [debian] tetex-bin 3.0-10 変

tetex-bin だけ upgrade に失敗する。なんか以前も似たようなことがあった。一旦 tetex-bin を削除して入れ直してやると問題なくなった。また、dvipdfmxdvipsk-ja を設定し直し。

_ [debian] svn-buildpackage

めも。

% svn-inject -o XXXXXXXX.dsc svn+ssh://XXXXXXXX/XXXX/XXXX

% svn co svn+ssh://XXXXXXXX/XXXX/XXXX
% cd .../.../trunk
% svn-buildpackage -uc -us -sa -rfakeroot

_ [vdr] tdiary リンク元キャッシュクリア

最近、リンク元表示で「Google検索のキャッシュ」が検索に分類されないという状態が続いていたので、リンク元キャッシュをクリアしてみた。見てみたところ、分類がきちんとされるようになった。


2005-10-22(土) きちんと観てなかったけど [長年日記]

_ [movie] 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! [DVD]


2005-10-23(日) 寒くなってきた [長年日記]

_ [misc] 休み

だらだら過ごす。


2005-10-24(月) また風邪気味 [長年日記]

_ [debian] apache2 2.0.55-2vd1

-D_LARGEFILE_SOURCE -D_FILE_OFFSET_BITS=64 を有効にし、[Patch] Allow SuexecUserGroup in <Directory> をちょっと修正した vd_apache2-2.0.55_Allow-SuexecUserGroup_in_Directory.patch を当てて作成。

_ [debian] tetex-bin 3.0-10.1 変

またおかしい。これっぽい。> #335303

_ [comp] vim で最終行に勝手に改行をつけない

~/.vimrc に

" 最終行に勝手に改行をつけない
set binary noeol

を追加。

_ [comp] 続・rxvt-unicode 変

探していると、いくつか手掛かりが見つかった。

手元でおかしくなる文字リスト。

§167 (0x00a7) U+00A7section
°176 (0x00b0) U+00B0degree
±177 (0x00b1) U+00B1plusminus
´180 (0x00b4) U+00B4acute
182 (0x00b6) U+00B6paragraph
×215 (0x00d7) U+00D7multiply
÷247 (0x00f7) U+00F7divide

これらは Latin-1 Supplement (128 (0x0080) U+0080 - 255 (0x00ff) U+00FF) に属している文字。

_ [comp] mrxvt を試す

これまた rxvt 派生の mrxvt を試してみる。

% mrxvt-cjk -g 80x23 -ht -km eucjp -mcc -si -fg white -bg black \
-xft -xftaa -xftfn "Luxi Mono" -xftsz 8 -xftfm "Sazanami Gothic" -xftmsz 9

「×問題」に関しては、mrxvt は問題ないようだ。

xftfn と xftfm を両方 Sazanami Gothic にしたら表示が変。rxvt-unicode でも起きたことあるけど、どうやって解決したっけなぁ。

_ [debian] mrxvt 0.4.1-3vd1

--enable-xft を CFG_mrxvt-cjk に追加して作成。


2005-10-25(火) たくさんいんちき [長年日記]

_ [debian] apache2 2.0.55-3vd1

-D_LARGEFILE_SOURCE -D_FILE_OFFSET_BITS=64 を有効にし、vd_apache2-2.0.55_Allow-SuexecUserGroup_in_Directory.patch を当てて作成。

_ [debian] sylpheed 2.1.4-0vd2

SVN 674 を持ってきて作成。ドラッグアンドドロップが効くようになった。

_ [debian] gtk+2.0 2.8.6-0vd1

作成。

_ [debian] Release.gpg 再び

ATI Linux driver packages for Debian を対処。

_ [debian] 続・tetex-bin 3.0-10.1 変

よくわからないので結局一旦 tetex-bin や tetex-base を purge して入れ直し。また dvipdfmxdvipsk-ja を設定し直し。

_ [debian] rxvt-unicode 5.7-1vd1

ひとまず Latin-1 Supplement を倍の幅とする手抜きなインチキパッチ vd_rxvt-unicode_latin1-supplement_double-width_encoding-jp.patch をでっち上げて、これを当てて作成。一応「×問題」は解決。


2005-10-26(水) Audacious が本命? [長年日記]

_ [comp] bmpx の dbus で遊ぶ

bmpx が dbus でリモートコントロールできるようになっているということで、遊んでみる。

DBus Interface の Setting up a connection with BmpSystemControl - DBus C API のコードと Doing an RPC (Remote Procedure Call) - DBus C API のコードをくっつけてやればひとまずコンパイルは通る。

が、動かない。dbus-daemon は動いているんだけどなぁ。調べてみるとこれだけでは足りなくて、ユーザ側でも dbus-daemon を動かさなければならないようだ。確かに動いてる dbus-daemon には --system というオプションつき。ユーザ側で dbus-daemon を動かすには dbus-launch というコマンドを使えばいいようだ。調べてみると ssh-agent っぽい感じ。~/.xinitrc を以下のように変更。

-exec /usr/bin/ssh-agent blackbox
+exec /usr/bin/dbus-launch --exit-with-session /usr/bin/ssh-agent blackbox

ここまで準備して先程のサンプルを動かしてみる。が、今のプレイリストだと URI が取れても面白くないので src/system-control.xml を参考に、GetCurrentUri を GetCurrentTitle に変更。これで動かしてみると、

** Message: Current Title is: '[Default] 1. (Unknown Artist) - (Unknown Album) - XXXXXXXX.ogg'

おお、取れてるぞ。

examples/dbus-c/ の下にもいろいろコードがあった。

_ [comp] Audacious Player

beep-media-player 0.9.7.1 の後を引き継ぐ形で Audacious Player の開発が始まった。

BMPx はまだまだ実験的なものなのでどうなることかと思っていたけど、しばらくは安心かも。

_ [えふえふ] 狩(↑1)

経験値アイテムで上げ。


2005-10-27(木) Audacious にスイッチ [長年日記]

_ [debian] rxvt-unicode 5.8-1vd1

インチキパッチ vd_rxvt-unicode_latin1-supplement_double-width_encoding-jp.patch を当てて作成。

ひとまず作者に報告メールを投げてみた。

_ [comp] xmodmap 設定

半角/全角キーを「`」「~」に変更。

keycode 49 = grave asciitilde

_ [comp] LO-FI Theme for Firefox 0.8 beta

久々に出ていた

_ [comp] madwifi.org

sf.net から madwifi.org に移転していた。レポジトリも移転。

_ [comp] bmp-festalon 0.5.5 と bmp-sexyspc 0.4.0 併用で SEGV る問題

ちょっと前の問題だけど、調べてみたら両者で関数名がバッティングしていた。これが原因のようだ。ひとまず static をつけてみた。

_ [debian] festalon 0.5.5-0vd2

vd_bmp-festalon-0.5.5_static-fix.patch を当てて作成。

_ [debian] sexyspc 0.4.0-0vd2

vd_bmp-sexyspc-0.4.0_static-fix.patch を当てて作成。

_ [debian] audacious 0.0+svn48-0vd1

beep-media-player の diff.gz を使い、システムのlibfaad2 と libmp4 を使うパッチ vd_audacious_use-system-libfaad2-and-libmp4.patch を当てて作成。いい感じで使える。

_ [debian] gkrellmms 2.1.22-1vd2

vd_gkrellmms-2.1.22_audacious.patch を当てて audacious 対応にして作成。


2005-10-28(金) 明日の準備 [長年日記]

_ [debian] audacious 0.0+svn56-0vd1, 0.0+svn57-0vd1

SVN から引っ張ってきて作成。

また、ja.po を update して投げておいた。

_ [debian] festalon 0.5.5-0vd3

vd_audacious_festalon-0.5.5.patch を当てて audacious 対応、static をつけただけではなく関数名も変更した vd_audacious-festalon-0.5.5_static-fix.patch を当てて作成。

_ [debian] sexyspc 0.4.0-0vd3

vd_audacious_sexyspc-0.4.0.patch を当てて audacious 対応、static をつけただけではなく関数名も変更した vd_audacious-sexyspc-0.4.0_static-fix.patch を当てて作成。

_ [debian] xmms-wma 1.0.5-0vd2

vd_audacious_xmms-wma-1.0.5.patch を当てて audacious 対応にして作成。

_ [debian] libtimidity 0.1.0-0vd1

作成。

_ [debian] xmms-timidity 0.1-0vd1

vd_audacious_xmms-timidity-0.1.patch を当てて audacious 対応にして作成。

_ [movie] ペイバック

ペイバック [DVD]


2005-10-29(土) [長年日記]

_ [unicon] 20051029-2.6.14

drivers/char/vt.c の complement_pos 周りをすり合わせて作成。

_ [gkrelluim] 0.0.6

  • config.h を使うように変更。
  • gettext 化。
  • gkrelluim.c のライセンス文面を GPL に変更。

uim-helper.c、gkrelluim.c ともにそれぞれ由来となった uim、GKrellM のライセンスに設定し直し。

GKrellUIM のページはこちら


2005-10-30(日) ブラック最高 [長年日記]

_ [comp] audacious の ja.po

取り込まれた

_ [debian] rast 0.3.1-0vd2

libmecab0c2 0.80-2.1 で作成。

_ [debian] libdb4.3-ruby 0.5.6-1vd1

rast 0.3.1-0vd2 を入れたら

error: DB_VERSION_MISMATCH: Database environment version mismatch

で動かなくなってしまった。rast-db-convert を試してみるけど、

/usr/lib/ruby/1.8/i486-linux/bdb43.so:  (NotImplementedError)
BDB needs compatible versions of libdb & db.h
	you have db.h version 4.3.28 and libdb version 4.3.29

今度はこんなエラーが。ということで、libdb4.3-ruby を libdb4.3 4.3.29-1 で作成。rast-db-convert の

    if get_metadata_version(db_name) > OLD_METADATA_VERSION
      puts(" is newer database.  Nothing to do.")
      next
    end

をコメントアウトして無理矢理コンバート。これで rast 復活。

コンバートしなくてもよかった気もしなくもないけど、もう再現できない。


2005-10-31(月) 引き継ぎか [長年日記]

_ [debian] sylpheed 2.1.5-0vd1

作成。

_ [debian] audacious 0.1+svn80-0vd1

SVN から引っ張ってきて作成。

_ [debian] mutt-j 1.5.6-1vd2

slang1-utf8 が libslang1-utf8 に変更されていたので、それに合わせて作成。

_ [debian] gs-esp 7.07.1-9 → 8+8.15rc4.dfsg.1-2.1

ひとまず何もせずに日本語横書きはできた。ただ、

% gs-esp article9.ps

ではなくて、

% gs-esp -sDEVICE=x11alpha article9.ps

としないと表示されなかったのにははまった。また、cmap-adobe-japan1 で3つともチェックでも縦書きは駄目。

_ [comp] Ruby/GtkEmbedMoz その後

かなり前に終了していた Ruby/GtkEmbedMoz だけれど、Ruby-GNOME2-0.14.0 にマージされていたようだ。自分が作ったのが元になってるのかはわからないけど。ってかなってないと思うけど。

_ [vdr] @nifty Outbound Port25 Blocking 対策

迷惑メール対策強化を目的とし、「25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)」への対応に着手 とのことで、@niftyのOutbound Port25 Blocking対策 と同様の対策を /etc/postfix/main.cf に入れておいた。

-relayhost = 
+relayhost = [smtp.nifty.com]

手元でも「relayhost = smtp.nifty.com」とかっこなしで記述したら mail.nifty.com に接続しようとして Timeout になるのを確認。


2005年
10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E