最新

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2005-11-01(火) 追っ掛け [長年日記]

_ [debian] audacious 0.1+svn90-0vd1

SVN から引っ張ってきて作成。



2005-11-03(木) 祝日 [長年日記]

_ [えふえふ] 召(↑9), 狩(↑1)

休みを満喫。


2005-11-04(金) 飛び石はだるい [長年日記]

_ [debian] audacious 0.1+svn116-0vd1

Game_Music_Emu をベースにした Console music decoder engine が利用できるようになった。Console というのはゲーム専用機という意味らしい。これがあると audacious-festalon や audacious-sexyspc を追加で入れる必要はなくなるのかな。

試してみると、spc は鳴るけど nsf は鳴らない。ってかまだ spc 以外を読めるように実装されてないっぽい。

_ [debian] tdiary 2.1.3.20051103-0vd1

CVS から引っ張ってきて vd_tdiary_rast-search_html-anchor.diff を当てて作成。


2005-11-05(土) やはり翌日が休みは良い [長年日記]

_ [えふえふ] 召(↑5)

近郊で上げ。



2005-11-07(月) 料理失敗したか [長年日記]

_ [misc] ダウン

体調不良で日が昇っているうちは寝ていた。


2005-11-08(火) 改行と SEGV [長年日記]

_ [debian] madwifi-ng 0.9.0+svn1310-0vd1

debian/ を svn.debian.org の pkg-madwifi から取ってきて作成。

_ [debian] zsh 4.2.5-23vd1

zsh 用 euc-jp patch を当てて作成。

_ [debian] tetex-bin 変・解決

TeX 関係のパッケージのインストール、例えば texinfo が

/usr/bin/fmtutil: line 363: /texconfig/tcfmgr: No such file or directory
fmtutil-sys: config file `fmtutil.cnf' not found.

となって失敗する。fmtutil-sys を調べてみると、

kpsewhich -var-value TEXMFSYSVAR
kpsewhich -var-value TEXMFSYSCONFIG

が SEGV っている。さらに kpsewhich を調べてみると、kpsewhich --help でも SEGV ってしまっている。SEGV はどちらの場合も kpse_cnf_get で起きているようだ。

ソースを取ってきて gdb やら printf を挟んだりやらしてさらに追ってみると、texmf.cnf におかしなエントリが入っていることが判明。

%% READ /usr/share/doc/dvipdfmx/README.Debian for details:↵
% CMAPINPUTS = .;/usr/share/fonts/cmap/adobe-gb1//;/usr/share/fonts/cmap/adobe-cns1//;/usr/share/fonts/cmap/gs-cjk-resource//↵
CMAPINPUTS = .;/usr/share/fonts/cmap/adobe-japan1//;/usr/share/fonts/cmap/adobe-↵
cns1//;/usr/share/fonts/cmap/gs-cjk-resource//↵

行の途中で改行が入っていたため、そこでパースに失敗して SEGV ってしまっていたようだ。大本になった /etc/texmf/texmf.d/50dvipdfmx.cnf を修正して update-texmf。kpsewhich は SEGV しなくなり、TeX 関係のパッケージのインストールも失敗しなくなった。

そもそもどこで 50dvipdfmx.cnf がおかしくなったのか調べてみたら、「dvipdfmx で日本語 DVI ファイルが変換できない」のエントリで既に途中に改行が混入していて、それをコピペしたせいかもしれない。

_ [comp] suspend2 2.2-rc9 (swapfile+swapwriter / swappartition+swapwriter)

kernel 2.6.14 対応の suspend2 が出たので早速試してみる。コンパイル、インストール、起動は問題なかったので、電源ボタンを押してサスペンドさせてみると、

Freezing processes
You need some storage available to be able to suspend.

と、すぐ戻ってきてしまう。何か変だと思って見てみたら、swap が有効になっていなかった。swapon してから電源ボタンを押したら、きちんとサスペンドした。復帰も問題ない。

_ [debian] sylpheed 2.1.6-0vd1

作成。

_ [comp] vim 6.4 の syntax/css.vim 変

vim 6.4 で html ファイルを編集しようとしたら、

/usr/share/vim/vim64/syntax/css.vim の処理中にエラーが検出されました:
行   41:
E16: 無効な範囲です
E475: 無効な引数です: cssIdentifier "#[A-Za-zÀ-ÿ_@][A-Za-zÀ-ÿ0-9_@-]*"
続けるにはENTERを押すかコマンドを入力してください

と出た。どこかで見たことあると思って探してみると、AZURE Diary 2005.10.28 にあった。うちでは「性悪」と化けずに表示されていたので違うかと思ったけど同じ件のようだ。

/usr/share/vim/vim64/syntax/css.vim を

-syn match cssIdentifier "#[A-Za-zÀ-ÿ_@][A-Za-zÀ-ÿ0-9_@-]*"
+syn match cssIdentifier "#[A-Za-z_@][A-Za-z0-9_@-]*"

として ISO-8859-1 latin-1 部分を削った。

_ [comp] pre 中で実体参照を表示させたい

ここでは pre プラグインに emptDiaryスタイル で示されている pre プラグインを使っているけど、

 <%= pre<<PRE, false
 &#192;-&#255;&#8629;
 PRE
 %>

のように false をつけてやると

 À-ÿ↵

のように実体参照などをエスケープさせずに表示できることにさっき気付いた。

_ [えふえふ] 召(↑1)

ちょっとで上がるところだったのでちょっとやっておく。


2005-11-09(水) これは便利 [長年日記]

_ [debian] xchat 2.6.0-0vd1

momonga の ja.po を頂いてきて作成。

_ [comp] screen を使ってみる

screenのススメScreenを使う を参考に、screen を使ってみる。

_ [えふえふ] 召(↑1),狩(↑1)

軽く上げ。


2005-11-10(木) UNICON 改造に向けて [長年日記]

_ [debian] uim 1:0.5.0.1+svn2112-0vd1

SVN から引っ張ってきて作成。

_ [debian] audacious 0.1+svn135-0vd1

SVN から引っ張ってきて作成。

_ [comp] 続・kernel 2.6 module で遊ぼう

Makefile を準備し、ocrtest.c と ocwtest.cReadWriteFile.c をコンパイルしてみた。2.6 向けにちょっと修正する必要があったけれど、だいたい思い通りの動きをさせることができた。

_ [comp] 勝手にコメント/インデントをやめさせる

~/.vim/after/ftplugin/c.vim として以下を記述。

" 勝手にコメントをやめさせる
set formatoptions-=or
" 勝手にインデントをやめさせる
set noautoindent
set nocindent

_ [comp] screen エスケープキャラクタ設定

screenのススメに倣って ^Z にしていたけど、suspend しにくいので ^X に変更した。

-escape ^z^z
+escape ^x^x

_ [えふえふ] 召(↑2)

経験値増加アイテムは便利。


2005-11-11(金) 2か月経ったか [長年日記]

_ [comp] 続々・ kernel 2.6 module で遊ぼう

w3m の inflate.ccrypto/deflate.cReadWriteFile.c を組み合わせ、gzip されたファイルを読み込んで gunzip して書き出すモジュールを作ってみた。ポイントとしては、

  • inflateInit2 では windowBits を +32 すると gzip ヘッダを読み飛ばしてくれるようだけど、zlib_inflateInit2 ではやってくれない?ようなので、arch/ppc/boot/openfirmware/common.c の gunzip() を参考に読み飛ばしを追加。
  • zstream.zalloc zstream.zfree zstream.opaque の代わりに zstream.workspace を使う必要がある。

他には、変数の確保の仕方とか kmalloc とかよくわかってなくて、モジュールを読み込んだ瞬間 kernel ごと刺さったりとか。早めに QEMU 使えばよかった


2005-11-12(土) 寝る前は大丈夫だったのに [長年日記]

_ [debian] mozilla-firefox 1.4.99+1.5rc2.dfsg-1vd1

Bugzilla ORG 255990patch v3 (alt)vd_mozilla-firefox-1.5beta1_without-gnome-and-gconf.patchBugzilla ORG 305185gtk2.8 patch (#2) を当て、autoconf2.13 して作成。

_ [えふえふ] 召(↑2)

地道に上げ。


2005-11-13(日) 起きたらだるだる [長年日記]

_ [misc] 風邪

熱あるみたいだけど体温計がないのでどれだけかわからず。


2005-11-14(月) 熱は下ったみたいだけど [長年日記]

_ [misc] 休み

寝る。


2005-11-15(火) ちょっと復活 [長年日記]

_ [debian] uim 1:0.5.0.1+svn2147-0vd1

SVN から引っ張ってきて作成。

uim-skk に dynamic completion という機能が追加されたので早速使ってみる。これは便利。

_ [debian] audacious 0.1+svn196-0vd1

SVN から引っ張ってきて作成。

mpg321 プラグインがおかしかったのが直っていた。また、wma プラグイン、lirc プラグインが新しく入った。gstreamer プラグインの作成予定もあるようだ。


2005-11-16(水) 再ダウン1日目 [長年日記]

_ [misc] やっぱり駄目

夜になって右耳の奥がズキズキと痛み、全然眠れなかった。喉も右側のほうが痛いので、これが影響しているんだろうか。さらに、右耳だけ聞こえる音が調子っ外れになってる。朝になって慌てて病院に直行。診察では喉にいた風邪菌が繁殖して耳のほうに行ったとのこと。薬を処方してもらい、大人しく寝る。


2005-11-17(木) 再ダウン2日目 [長年日記]

_ [misc] 今日も休み

まだ耳が変。両方で聞こえ方が違うせいか、頭痛がする。


2005-11-18(金) 再ダウン3日目 [長年日記]

_ [misc] 今日も

逆の耳までおかしくなってきた。


2005-11-19(土) 再ダウン4日目 [長年日記]

_ [misc] まだ変

週明け病院かなぁ。


2005-11-20(日) 再ダウン5日目 [長年日記]

_ [misc] まだまだ変

ちょっとは楽になった気がするけど。


2005-11-21(月) 再ダウン6日目 [長年日記]

_ [misc] 耳鼻科行き

風邪が原因で炎症が起こっているそうだ。1週間くらいで治るとのこと。


2005-11-22(火) 再ダウン7日目 [長年日記]

_ [misc] 今度は咳

耳が安心になった途端に咳がよく出るようになってきた。


2005-11-23(水) そろそろ復活か [長年日記]

_ [debian] audacious 0.1+svn246-0vd1

SVN から引っ張ってきて作成。

wma プラグインが利用できるようになったけど、きちんと再生できない。Console music decoder engine は NSF と GBM が再生できるようになった。

_ [debian] uim 1:0.5.0.1+svn2244-0vd1

SVN から引っ張ってきて作成。


2005-11-24(木) 明日より始動 [長年日記]

_ [movie] 007 ゴールデン・アイ

007 ゴールデン・アイ [DVD]


2005-11-25(金) 始動 [長年日記]

_ [debian] mozilla-firefox 1.4.99+1.5rc3.dfsg-1vd1

Bugzilla ORG 255990patch v3 (alt)vd_mozilla-firefox-1.5beta1_without-gnome-and-gconf.patchBugzilla ORG 305185gtk2.8 patch (#2) を当て、autoconf2.13 して作成。

_ [debian] sylpheed 2.1.7-0vd1

作成。

_ [debian] tdiary 2.1.3.20051124-0vd1

CVS から引っ張ってきて作成。

rast-search.rb 実行時にプラグインの選択を引き継ぐようにしたとのことで、vd_tdiary_rast-search_html-anchor.diff は不要になった。

_ [comp] zlib メモ

Z_FINISH は処理を1回の呼び出しで完了させるので、バッファサイズを越えたものを処理させると Z_BUF_ERROR が起こる。この場合、Z_FINISH の代わりに Z_SYNC_FLUSH を使う。


2005-11-26(土) そして休み [長年日記]

_ [debian] libcairo 1.0.2-2vd1

02-no-ft-glyphslot-embolden.patch を外して作成。


2005-11-27(日) 別の風邪引いたか [長年日記]

_ [misc] まだ喉痛い

がらがらする。


2005-11-28(月) なんとか進行 [長年日記]

_ [debian] audacious 0.1.1+svn268-0vd1

SVN から引っ張ってきて作成。また、ja.po を更新して送付しておいた。

_ [debian] zsh 4.2.5-24vd1

zsh 用 euc-jp patch を当てて作成。

_ [debian] uim 1:0.5.0.1+svn2269-0vd1

trunk を引っ張ってきて作成。

_ [debian] psemu-input-padjoy 0.8.2-1vd1

GTK+2 対応にして作成。変更箇所は

  • s/gtk-config/pkg-config gtk+-x11-2.0/ src/Makefile
  • s/GTK_WINDOW_DIALOG/GTK_WINDOW_TOPLEVEL/ src/cfg.c

の2箇所。

_ [debian] psemu-sound-peops 1.7-1vd1

GTK+2 対応にして作成。変更箇所は

  • s/gtk-config/pkg-config gtk+-x11-2.0/ src/spucfg-0.1df/src/Makefile

のみ。


2005-11-29(火) 無理だった [長年日記]

_ [misc] また風邪

前の風邪が治り切らないうちにまた別の風邪引いたっぽい。


2005-11-30(水) 身体が痛い [長年日記]

_ [misc] 風邪継続

布団から起きられず。


2005年
11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E