最新

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2006-12-01(金) ようやく [長年日記]

_ [unicon] 20061201-2.6.19

昨日の版では linux/config.h を include しないようにしただけだけど、これだとまずそうなので linux/autoconf.h を include するようにした。

_ [debian] kernel-patch-vd-unicon 0.0.0.20061201-0vd1

作成。ついでに lintian を黙らせた。

_ [debian] mentors

mentors.debian.net にアカウント作った。

きちんと読んでおくこと。


2006-12-02(土) 自分のじゃないけど [長年日記]

_ [comp] PS3 ブラウザの User-Agent

Mozilla/5.0 (PLAYSTATION 3; 1.00)


2006-12-03(日) 様子見 [長年日記]

_ [comp] 続々・audacious + --enable-chardet + taglib

Can't display MP3 tag in japanese(SJIS) として livna の Bugzilla に登録された。さらに Red Hat の bugzilla にも multi-language support bug が登録された。

一方、taglib-devel のほうは作者からの返事待ちかな。


2006-12-04(月) 寒い [長年日記]

_ [misc] 雪が降りそう

嫌な季節になった。


2006-12-05(火) 予報外れ続け [長年日記]

_ [misc] 昨日は降らず

今日も降らなかった。


2006-12-06(水) cdbs嫌いが多いらしい [長年日記]

_ [debian] 続々・mentors

Debian Sponsoring Guidelines - 1.1 Definitions より、

I do not insist on that you intend to join the Debian project someday.

not とあるんだけど、そのうち。

I do not insist on that you have a OpenPGP key signed by a Debian Developer.

サインしてもらったカギは失効してる。もったいないことしたな。またどこかでサインしてもらわないと。

I do insist on that you are capable and willing to maintain the package for the future.

どれを upload 対象にしようか只今選定中。

I do insist on that you have a OpenPGP key uploaded to a public key server and sign your packages with it.

カギは subkeys.pgp.net に送信済。

I do insist on that you have read the Debian Policy Manual, Debian Developer's Reference, and the Debian New Maintainers' Guide.

読んだ。見直しやっとかないと。

I do insist on that you are subscribed to debian-devel-announce mailing list (very low traffic).

入った

次に、Introduction for maintainers より、

You can upload your package to this server (through special tools like 'dupload' or 'dput')

使ったことある dput を再度インストール。~/.dput.cf 設定完了。


2006-12-07(木) 1年越し [長年日記]

_ [debian] dvi2ps 3.2j-14

最近使ってないので -F jisfonts オプションをいちいち付けずに済む変更は止めにして alias に指定することにした。

3.2j-13vd1 は削除。

_ [debian] rxvt-unicode 8.0-0vd2

CVS が更新されたので見てみると、問題のマクロ定義が修正されてた。ということで早速 CVS 先端と取ってきて試してみると、×問題が解決されていた。

ということで作成。次回 8.1 は自前で作成する必要はなさそうだ。



2006-12-09(土) HDD まだ欲しいな [長年日記]

_ [debian] xchat 2.6.8-0.3vd1

作成。

_ [debian] 続々々・mentors

mentors-ml を見てると、pbuilder tested とかよく見るので pbuilder とは何ぞやと調べてみる。クリーンなビルド環境を構築できるツールとか。

root で

# pbuilder create

ビルド環境を構築し、また root で

# pbuilder build XXXXXXXXX.dsc

これでクリーンな環境でビルドテストできる。

user-mode-linux を使えば一般ユーザでも一連の作業ができるようだ。


2006-12-10(日) 疲れが取れん [長年日記]

_ [misc] 休み

よく寝た。


2006-12-11(月) ついにフリーズか [長年日記]

_ [debian] 続々々々・mentors

Opinions on CDBS amongst sponsors から始まるスレッド、これはタイムリー。ブラックボックスだからというのが理由だと思ってたけど、やっぱりそうだった。

スポンサーしてもらうときは書き直そう。

_ [vdr] sf.jp 12/15(金) 13:00 〜 12/17(日)13:00 停止

データセンタ移転に伴う全サービス停止だそうだ。うちの物置きも停止。


2006-12-12(火) とっとと寝た [長年日記]

_ [debian] mono 1.2.2.1-1

いろいろ報告してきたけど、ひとまず Debian 公式のバイナリで手元のものは問題なく動作するようになった。

libmono-winforms{1.0,2.0}-cil 1.1.18-3vd3 は削除。


2006-12-13(水) 何か間違えてた [長年日記]

_ [debian] "Kernel-version: all" is not allowed

dh-kpatches のドキュメントには

Kernel-version

:

As a special case, the value "all" is allowed, for patches that don't depend on a specific version (eg. if they just add a set of files).

[/usr/share/doc/dh-kpatches/dh-kpatches.htmlより引用]

とあって changelog でも

dh-kpatches (0.99.4) unstable; urgency=low

* Added support for "Kernel-version: all" in kpatches files patch by Olaf Meeuwissen, Closes: #132709).

* Fixed check for patch dependencies containing hyphens (Closes: #132710).

* Otherwise fixed support for hyphens in patch IDs, accidently broken in 0.99.2.

-- Yann Dirson <dirson ● debian.org> Fri, 8 Feb 2002 06:38:49 +0100

[/usr/share/doc/dh-kpatches/changelog.gzより引用]

#132709 とあるけど、実際に Kernel-version: all としてやると

dh_installkpatches
Malformed kernel version: `all' at /usr/bin/dh_installkpatches line 306.
make: *** [binary-indep] Error 1

となってしまう。以前パッチを作ったけど、そのままだったので BTS に登録した。> #402888

2006/12/14: 寝惚けてたのか全然違う changelog.gz と bug ID を指してたので修正。


2006-12-14(木) 寝不足か? [長年日記]

_ [vdr] 記事修正: "Kernel-version: all" is not allowed

寝惚けてたのか全然違う changelog.gz と bug ID を指してたので修正。



2006-12-16(土) 今日も寝不足か? [長年日記]

_ [debian] audacious 1.2.2-3vd1

作成。

_ [debian] uim 1:1.3.0-0vd1, 0vd2

libuim4 にして 0vd1 作成...

...と思ったら、libuim3 のままでよかった。何でこんなことしたんだろ。libuim3 に戻して 0vd2 作成。

_ [debian] gkrelluim 0.1.1-0vd6, 0vd7

libuim4 で 0vd6 作成...

...と思ったらその必要はなかったので libuim3 で 0vd7 作成。

_ [debian] sylpheed 2.3.0~beta7-0vd1

作成。

_ [movie] 私の頭の中の消しゴム, デビル

私の頭の中の消しゴム [DVD] デビル [DVD]


2006-12-17(日) 当たるのか? [長年日記]

_ [misc] 予兆

ついに平野部で雪が降るらしい。


2006-12-18(月) つなぎ替え [長年日記]

_ [vdr] 12/19(火)午後から vdr.jp 停止の予定

明日 12/19(火) 午後、回線工事のため vdr.jp 停止の予定です。復帰は未定です。

_ [debian] tdiary 2.1.4-6

ここも入れ替え。

_ [debian] libattr1 2.4.35-1 変

入れたら ls -l がおかしくなった。

% ls -l
ls: relocation error: /lib/libacl.so.1: symbol getxattr, version ATTR_1.0 not defined in file libattr.so.1 with link time reference
%

#403590 のようだ。


2006-12-19(火) [長年日記]

_ [vdr] 11:15-20:45 vdr.jp 停止

回線工事が早く始まってしまい、計画がちょっと狂ってしまった。

_ [debian] 続・libattr1 2.4.35-1 変

libattr1 1:2.4.32-1.1 で修正。


2006-12-20(水) Tech総研 [長年日記]

_ [debian] sylpheed 2.3.0~rc-0vd1

作成。


2006-12-21(木) 2年半ぶり [長年日記]

_ [debian] gzip 1.3.9-1 変

インストールできない。

Setting up gzip (1.3.9-1) ...
install-info(/usr/share/info/gzip.info): warning, ignoring confusing INFO-DIR-ENTRY in file.

No `START-INFO-DIR-ENTRY' and no `This file documents'.
install-info(/usr/share/info/gzip.info): unable to determine description for `dir' entry - giving up
dpkg: error processing gzip (--configure):
 subprocess post-installation script returned error exit status 1
Errors were encountered while processing:
 gzip

#403998#404036 に出てる。

_ [comp] VPN 実験再び

にやった VPN 実験だけど、再びやってみる機会が巡ってきたので挑戦。といっても、今回は PPTP サーバの構築は必要なくて PPTP クライアントの構築のみ。昔を思い出して情報収集。

まず、mppe が有効な pppd だけど、Debian の ppp は問題ない。

ppp (2.4.2+20030811-1) experimental; urgency=low

  * New CVS snapshot. (Closes: #171137)
    New features:
    - MPPE (Closes: #52913, #81511, #100665)
(略)
 -- Marco d'Itri <md●linux.it>  Sun, 24 Aug 2003 13:40:16 +0200

ii  ppp            2.4.4rel-4.1   Point-to-Point Protocol (PPP) daemon

PPTP クライアントは変わらず pptp-linux のようだ。

ii  pptp-linux     1.7.0-2        Point-to-Point Tunneling Protocol (PPTP) Cli

公式サイトを見てみると、

Linux kernel 2.6.15 has been released and includes the PPP MPPE encryption module, which implements the Microsoft Point-to-Point Encryption method as a PPP compressor/decompressor.

[PPTP Clientより引用]

ということで、kernel にも mppe パッチを当てる必要はなくなった。2.6.19.1 を

CONFIG_NET_IPGRE=m
CONFIG_PPP=m
CONFIG_PPP_FILTER=y
CONFIG_PPP_ASYNC=m
CONFIG_PPP_DEFLATE=m
CONFIG_PPP_BSDCOMP=m
CONFIG_PPP_MPPE=m

で作成。CONFIG_PPP_FILTER=y は以前は入れていなかったけど、

pppd[XXXXX]: kernel does not support PPP filtering

というログが出てたので入れておいた。

PPTP クライアントの設定は

を参考に。設定名は「pptptest」、ユーザは「PPTPUSER」、パスワードは「PPTPPASS」、PPTPサーバは「PPP.PPP.TTT.PPP」とする。てか P 多すぎ。

# cat /etc/ppp/options.pptp
debug
lock
noauth
noccp
user PPTPUSER

# cat /etc/ppp/chap-secrets
PPTPUSER PPTP PPTPPASS *
PPTP PPTPUSER PPTPPASS *

# cat /etc/ppp/peers/pptptest
pty "pptp PPP.PPP.TTT.PPP --nolaunchpppd"
name PPTPUSER
remotename PPTP
file /etc/ppp/options.pptp
ipparam pptptest

設定ができたら、root で pon pptptest を実行。syslog を見てると、

pppd 2.4.4 started by root, uid 0
using channel 1
Using interface ppp0
Connect: ppp0 <--> /dev/pts/5
anon log[main:pptp.c:267]: The synchronous pptp option is NOT activated 
anon log[ctrlp_rep:pptp_ctrl.c:251]: Sent control packet type is 1 'Start-Control-Connection-Request' 
anon log[ctrlp_disp:pptp_ctrl.c:738]: Received Start Control Connection Reply
anon log[ctrlp_disp:pptp_ctrl.c:772]: Client connection established.
sent [LCP ConfReq id=0x1 <asyncmap 0x0> <magic 0xAAAAAAAA> <pcomp> <accomp>]
anon log[ctrlp_rep:pptp_ctrl.c:251]: Sent control packet type is 7 'Outgoing-Call-Request' 
anon log[ctrlp_disp:pptp_ctrl.c:857]: Received Outgoing Call Reply.
anon log[ctrlp_disp:pptp_ctrl.c:896]: Outgoing call established (call ID 0, peer's call ID 0). 
rcvd [LCP ConfReq id=0x1 <asyncmap 0x0> <auth chap MS-v2> <magic 0xBBBBBBBB> <pcomp> <accomp>]
sent [LCP ConfAck id=0x1 <asyncmap 0x0> <auth chap MS-v2> <magic 0xBBBBBBBB> <pcomp> <accomp>]
rcvd [LCP ConfAck id=0x1 <asyncmap 0x0> <magic 0xAAAAAAAA> <pcomp> <accomp>]
sent [LCP EchoReq id=0x0 magic=0xAAAAAAAA]
rcvd [CHAP Challenge id=0x1 <XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX>, name = "XXXXXXXXXX.XXXXXXXXXX.XX.XX"]
sent [CHAP Response id=0x1 <XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX>, name = "PPTPUSER"]
rcvd [LCP EchoRep id=0x0 magic=0xBBBBBBBB]
rcvd [CHAP Success id=0x1 "S=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"]
CHAP authentication succeeded
sent [IPCP ConfReq id=0x1 <compress VJ 0f 01> <addr LLL.CCC.LLL.VDR>]
rcvd [IPCP ConfReq id=0x1 <addr RRR.MMM.TTT.GGG> <compress VJ 0f 01>]
sent [IPCP ConfAck id=0x1 <addr RRR.MMM.TTT.GGG> <compress VJ 0f 01>]
rcvd [CCP ConfReq id=0x1 <deflate 15> <deflate(old#) 15> <mppe +H -M +S -L -D -C>]
Unsupported protocol 'Compression Control Protocol' (0x80fd) received
sent [LCP ProtRej id=0x2 XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX XX]
rcvd [IPCP ConfNak id=0x1 <addr RRR.MMM.TTT.CCC>]
sent [IPCP ConfReq id=0x2 <compress VJ 0f 01> <addr RRR.MMM.TTT.CCC>]
rcvd [IPCP ConfAck id=0x2 <compress VJ 0f 01> <addr RRR.MMM.TTT.CCC>]
Cannot determine ethernet address for proxy ARP
local  IP address RRR.MMM.TTT.CCC
remote IP address RRR.MMM.TTT.GGG
Script /etc/ppp/ip-up started (pid XXXXX)
Script /etc/ppp/ip-up finished (pid XXXXX), status = 0x0

見にくいので debug 出力っぽいのを除くと

pppd 2.4.4 started by root, uid 0
using channel 1
Using interface ppp0
Connect: ppp0 <--> /dev/pts/5
CHAP authentication succeeded
Unsupported protocol 'Compression Control Protocol' (0x80fd) received
Cannot determine ethernet address for proxy ARP
local  IP address RRR.MMM.TTT.CCC
remote IP address RRR.MMM.TTT.GGG
Script /etc/ppp/ip-up started (pid XXXXX)
Script /etc/ppp/ip-up finished (pid XXXXX), status = 0x0

RRR.MMM.TTT.GGG から RRR.MMM.TTT.CCC を配ってもらってつながったぽい。ifconfig を見てみると

ppp0      Link encap:Point-to-Point Protocol  
          inet addr:RRR.MMM.TTT.CCC  P-t-P:RRR.MMM.TTT.GGG  Mask:255.255.255.255
          UP POINTOPOINT RUNNING NOARP MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:4 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:3 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:3 
          RX bytes:60 (60.0 b)  TX bytes:48 (48.0 b)

おおっと思ってたら、

anon log[logecho:pptp_ctrl.c:676]: Echo Reply received.
anon log[logecho:pptp_ctrl.c:676]: Echo Reply received.
last message repeated 2 times
anon log[pptp_handle_timer:pptp_ctrl.c:1049]: closing control connection due to missing echo reply
anon log[ctrlp_rep:pptp_ctrl.c:251]: Sent control packet type is 12 'Call-Clear-Request' 
anon log[pptp_conn_close:pptp_ctrl.c:430]: Closing PPTP connection
anon log[ctrlp_rep:pptp_ctrl.c:251]: Sent control packet type is 3 'Stop-Control-Connection-Request' 
anon log[call_callback:pptp_callmgr.c:78]: Closing connection (call state)
Script pptp PPP.PPP.TTT.PPP^I--nolaunchpppd finished (pid XXXXX), status = 0x0
Modem hangup
Connect time 6.0 minutes.
Sent 956072940 bytes, received 532 bytes.
Script /etc/ppp/ip-down started (pid XXXXX)
MPPE disabled
sent [LCP TermReq id=0x2 "MPPE disabled"]
Connection terminated.
Waiting for 1 child processes...
  script /etc/ppp/ip-down, pid XXXXX
Script /etc/ppp/ip-down finished (pid XXXXX), status = 0x0
Exit.

即行で切れた。ひとまず

Unsupported protocol 'Compression Control Protocol' (0x80fd) received

というログが出ていたので、/etc/ppp/options.pptp から noccp を勘で外してみるけど関係なかった。通信できてないのかな?と思ってたら、単にデフォルトゲートウェイを ppp0 に向けてないだけだった。

# route -n
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
RRR.MMM.TTT.GGG 0.0.0.0         255.255.255.255 UH    0      0        0 ppp0
LLL.CCC.LLL.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
0.0.0.0         LLL.CCC.LLL.GGG 0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0

ということで、LLL.CCC.LLL.GGG を削除して RRR.MMM.TTT.GGG をデフォルトルートにする。

# route del default gw LLL.CCC.LLL.GGG
# route add default gw RRR.MMM.TTT.GGG

# route -n
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
RRR.MMM.TTT.GGG 0.0.0.0         255.255.255.255 UH    0      0        0 ppp0
LLL.CCC.LLL.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
0.0.0.0         RRR.MMM.TTT.GGG 0.0.0.0         UG    0      0        0 ppp0

これで行けると思ったら、eth0 を通してた PPP.PPP.TTT.PPP との通信ができなくなって、接続断。一体何をしてるんだか...。ここは PPP.PPP.TTT.PPP へのスタティックルーティングを設定しておくのが正しい。

# route -n
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
RRR.MMM.TTT.GGG 0.0.0.0         255.255.255.255 UH    0      0        0 ppp0
LLL.CCC.LLL.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
0.0.0.0         LLL.CCC.LLL.GGG 0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0

# route add -net PPP.PPP.TTT.PPP netmask 255.255.255.255 gw LLL.CCC.LLL.GGG
# route del default gw LLL.CCC.LLL.GGG
# route add default gw RRR.MMM.TTT.GGG

# route -n
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
RRR.MMM.TTT.GGG 0.0.0.0         255.255.255.255 UH    0      0        0 ppp0
PPP.PPP.TTT.PPP LLL.CCC.LLL.GGG 255.255.255.255 UGH   0      0        0 eth0
LLL.CCC.LLL.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
0.0.0.0         RRR.MMM.TTT.GGG 0.0.0.0         UG    0      0        0 ppp0

これでようやく RRR.MMM.TTT.CCC としてネットワークに参加できた。もうちょっときれいにつなげられるようにしたいけど、それはまた後々。




2006-12-24(日) 最終休み [長年日記]

_ [misc] 休み

年末前最終休み


2006-12-25(月) たりー [長年日記]

_ [misc] 疲れた

何か週の始めなのにめちゃくちゃ疲れた。


2006-12-26(火) 大量フィルタ [長年日記]

_ [debian] sylpheed 2.3.0-0vd1

作成。

_ [debian] iceweasel 2.0.0.1+dfsg-1vd1

などのパッチ

を当てて作成。

_ [vdr] krfilter 適用

spam がうざいので krfilter を適用した。

中国割り当て CIDR からの接続を拒否する こっちも適用。


2006-12-27(水) 少なすぎて怖い [長年日記]

_ [vdr] 続・krfilter 適用

一気に spam が減った。素晴しい。


2006-12-28(木) 明日で終わり [長年日記]

_ [debian] nvidia-graphics-drivers 1.0.9746-1 負け

experimental に入ってきたのでいつものように入れたら、

NVRM: The NVIDIA GeForce2 MX/MX 400 GPU installed in this system is
NVRM:  supported through the NVIDIA 1.0-96xx Legacy drivers. Please
NVRM:  visit http://www.nvidia.com/object/unix.html for more
NVRM:  information.  The 1.0-9746 NVIDIA driver will ignore
NVRM:  this GPU.  Continuing probe...
NVRM: No NVIDIA graphics adapter found!

入らなかった。GeForce2 MX はもはや Legacy か...。1.0.9631-1 に戻す。



2006-12-30(土) わりと普通の土曜日 [長年日記]

_ [debian] jd 1.8.5~beta061227-2vd1

GNOME に依存しないようにして作成。

_ [debian] uim 1:1.4.0~alpha-0vd1

作成。

...と、uim-xim が上がっていないことに気付いた。見ると、

Error: in scm_symbol_value: unbound variable: uim-candwin-prog

というエラーが出て終了してたようだ。uim-candwin-prog って [uim-commit] r969 - trunk/xim だろうか。ひとまず ~/.uim.d/customs/custom-xim.scm に

(define uim-candwin-prog "/usr/lib/uim/uim-candwin-gtk")

を追加したら起動するようになった。

ML に投げるか、と思ったら出てた。> [Uim] uim 1.4.0-alpha released

_ [debian] gkrelluim 0.1.1-0vd8

rebuild against libuim5 1.4.0~alpha-0vd1


2006-12-31(日) よいお年を [長年日記]

_ [debian] jd 1.8.5~beta061227-3vd1

GNOME に依存しないようにして作成。

_ [debian] uim 1:1.4.0~alpha-0vd2

昨日の件だけど、Fixed in r4277 ということなので差分を取ってきて当ててみる。問題なくなった。


2006年
12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E