最新

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2007-01-01(月) 賀正 [長年日記]

_ [comp] 続・VPN 実験再び

ちょっと大きめのデータを流すとすぐ

pptp[XXXXX]: anon log[pptp_read_some:pptp_ctrl.c:543]: read returned zero, peer has closed
pptp[XXXXX]: anon log[callmgr_main:pptp_callmgr.c:255]: Closing connection (shutdown)
pptp[XXXXX]: anon log[ctrlp_rep:pptp_ctrl.c:251]: Sent control packet type is 12 'Call-Clear-Request' 
pptp[XXXXX]: anon log[pptp_read_some:pptp_ctrl.c:543]: read returned zero, peer has closed
pptp[XXXXX]: anon log[call_callback:pptp_callmgr.c:78]: Closing connection (call state)
pppd[XXXXX]: Modem hangup

となって切れてしまう。

本家の Diagnosis HOWTO

manually restrict the MTU on the interface, by adding mtu 1404 or some smaller value as an option to the pppd program, either in the peers file for the tunnel, in the options file, or on the command line. You can also restrict the MTU on the interface after the tunnel has connected, using a command like ifconfig ppp1 mtu 1400.

The effect is that new TCP connections from your host will use an maximum segment size (MSS) that is lower. This may prevent path MTU discovery from being necessary.

[Connections via tunnel freezeより引用]

とあったので、MTU を落としてみる。そこに書かれている 1400 ではだめで、1000 でもだめだったので、ダイヤルアップの 576 を指定してみると、嘘のように安定した。


2007-01-02(火) 新春映画多し [長年日記]

_ [comp] gaim を試す

ひょんなことからメッセンジャーを使うことになったので入れてみる。ついでなので irc を xchat から gaim へ移行。背景色を変えるには GTK テーマを使わないとだめらしい。ということで Cillop Midnight を試してみる。背景色はどうにかなったけど、各ユーザの色はどうやって変えるんだろう。今日はここまで。




2007-01-05(金) 新春深夜映画も終わりか [長年日記]

_ [comp] trayer を試す

何となく systray を使いたくなったので、trayer を入れてみた。blackbox のツールバーと干渉するので、こんな感じのオプションで。

trayer --widthtype percent --width 25 --align right &

gaim と sylpheed、uim-toolbar-gtk-systray が入った。いい感じ。

と思ってたら、trayer を終了させたら sylpheed と uim-toolbar-gtk-systray がお亡くなりに。gaim は無事。

% sylpheed

(sylpheed:14636): Gdk-WARNING **: GdkWindow 0x1600033 unexpectedly destroyed

(sylpheed:14636): Gdk-WARNING **: GdkWindow 0x1600030 unexpectedly destroyed
The program 'sylpheed' received an X Window System error.
This probably reflects a bug in the program.
The error was 'RenderBadPicture (invalid Picture parameter)'.
  (Details: serial 3953 error_code 179 request_code 155 minor_code 7)
  (Note to programmers: normally, X errors are reported asynchronously;
   that is, you will receive the error a while after causing it.
   To debug your program, run it with the --sync command line
   option to change this behavior. You can then get a meaningful
   backtrace from your debugger if you break on the gdk_x_error() function.)

% uim-toolbar-gtk-systray

(uim-toolbar-gtk-systray:14829): Gdk-WARNING **: GdkWindow 0x1600026 unexpectedly destroyed

(uim-toolbar-gtk-systray:14829): Gdk-WARNING **: GdkWindow 0x1600025 unexpectedly destroyed

(uim-toolbar-gtk-systray:14829): Gdk-WARNING **: GdkWindow 0x1600024 unexpectedly destroyed

(uim-toolbar-gtk-systray:14829): Gdk-WARNING **: GdkWindow 0x1600023 unexpectedly destroyed

(uim-toolbar-gtk-systray:14829): Gdk-WARNING **: GdkWindow 0x1600022 unexpectedly destroyed

(uim-toolbar-gtk-systray:14829): Gdk-WARNING **: GdkWindow 0x1600003 unexpectedly destroyed
The program 'uim-toolbar-gtk-systray' received an X Window System error.
This probably reflects a bug in the program.
The error was 'BadWindow (invalid Window parameter)'.
  (Details: serial 307 error_code 3 request_code 18 minor_code 0)
  (Note to programmers: normally, X errors are reported asynchronously;
   that is, you will receive the error a while after causing it.
   To debug your program, run it with the --sync command line
   option to change this behavior. You can then get a meaningful
   backtrace from your debugger if you break on the gdk_x_error() function.)

ちょっと報告してる暇がないので、ひとまずメモ。


2007-01-06(土) 時間できた [長年日記]

_ [debian] uim-tomoe-gtk 0.3.0-0vd2

rebuild against libuim5 1:1.4.0~alpha-0vd2

_ [comp] 続・trayer を試す

uim と sylpheed 両方バグレポートした。


2007-01-07(日) いろいろ作成 [長年日記]

_ [debian] libprojectm 0.99-0vd1

audacious-plugins 1.3.0-alpha1 が新たに要求してきたので revu - a Review Tool for MOTU'slibprojectm をいただいてきて作成。

_ [debian] audacious 1.3.0~alpha1-0vd1, audacious-plugins 1.3.0~alpha1-0vd1

作成。

_ [debian] audacious-plugins-ugly 1.2.0-0vd3

作成。

_ [debian] uim 1:1.4.0~beta-0vd1

作成。


2007-01-08(月) 冬休み終わり [長年日記]

_ [misc] 最終日

生活リズムを直さねば...。


2007-01-09(火) 早寝 [長年日記]

_ [debian] audacious 1.3.0~alpha2-0vd1, audacious-plugins 1.3.0~alpha2-0vd1

作成。

_ [comp] 続々・trayer を試す

uim-toolbar-gtk-systray については、trayer を終了させたときにきちんと終了するように修正していただいた。けど、

  1. trayer を起動する。
  2. uim-toolbar-gtk-systray を起動する。trayer にアイコンを入れる。
  3. trayer を終了する。ただし、ここで uim-toolbar-gtk-systray は終了しない。
  4. trayer を再度起動。uim-toolbar-gtk-systray は trayer にアイコンを再度入れる。

という動作を期待していた。もっとも最初に、こうしてほしいという詳細な説明をしなかったのが悪かったわけで。gaim はクラッシュしなかった、だけじゃ不十分だわな。まあ trayer というか systray は頻繁に終了させるものではないし、きちんと終了させるという修正でも問題ないとも思う。というようなことを投稿しておいた。> [Uim] uim-toolbar-gtk-systray crashes when systray quits

一方、sylpheed は GTK+ 2.10.6 だと問題ないとお返事をいただく。なるほど確かに GTK+ 2.10.6 な環境だと uim-toolbar-gtk-systray の場合の 3. では終了しなかった。けど 4. でアイコンがきちんと入らなかった。この旨をご報告。


2007-01-10(水) よく冷えるようになった [長年日記]

_ [comp] 2代目ノート冷却台購入

3周年を前にして壊れたので TK-CLN3U を購入。


2007-01-11(木) 久々に焦った [長年日記]

_ [comp] kernel 2.6.19.2 + suspend2 2.2.9.2 変

普通に起動したのでいつものようにおもむろに suspend。resume すると普通に上がってきたけど何だか様子が変。ん、/ が ro になってる...。あわてて dmesg してみると、

EXT3-fs error (device sda1): ext3_readdir: bad entry in directory #15369235: rec_len is smaller than minimal - offset=0, inode=2147483744, rec_len=1, name_len=0
Aborting journal on device sda1.
------------[ cut here ]------------
kernel BUG at block/ll_rw_blk.c:3131!
invalid opcode: 0000 [#1]
PREEMPT SMP 
Modules linked in: binfmt_misc nfsd exportfs lockd sunrpc thermal fan processor ac battery encode_eucjp unikey xt_state ip_conntrack nfnetlink xt_tcpudp iptable_filter ip_tables x_tables usbmouse w83781d hwmon_vid i2c_isa joydev nvidia(P) ipv6 usbhid tuner snd_intel8x0 snd_ac97_codec snd_ac97_bus snd_pcm_oss snd_mixer_oss snd_pcm snd_timer snd bttv ide_cd video_buf firmware_class ehci_hcd ir_common compat_ioctl32 i2c_algo_bit soundcore snd_page_alloc uhci_hcd btcx_risc tveeprom i2c_core e1000 cdrom videodev v4l1_compat v4l2_common usbcore evdev
CPU:    0
EIP:    0060:[<c01c3b66>]    Tainted: P      VLI
EFLAGS: 00010246   (2.6.19.2-lilith.1 #1)
EIP is at submit_bio+0x143/0x152
eax: 0000000f   ebx: 00000008   ecx: dfef2000   edx: 00000000
esi: d42d91c0   edi: d42d91c0   ebp: 00000001   esp: dfef2d4c
ds: 007b   es: 007b   ss: 0068
Process nfsd4 (pid: 2743, ti=dfef2000 task=c155d560 task.ti=dfef2000)
Stack: c014e055 fffffffe c02d47ac dffa82c0 00000001 dffa82d0 dfef2da8 01000000 
       00000000 dffee2a0 d42d91c0 c0187c75 00000010 00000000 c1551fa8 dfc4f000 
       c1551fa8 d42d91c0 00000001 c0184b2c c1551fa8 dfc4f000 dfe10014 c0186199 
Call Trace:
 [<c014e055>] mempool_alloc+0x1f/0xcc
 [<c0187c75>] bio_alloc_bioset+0x6d/0x12c
 [<c0184b2c>] submit_bh+0xc0/0x10d
 [<c0186199>] sync_dirty_buffer+0x3f/0xc6
 [<c01506fd>] __set_page_dirty_nobuffers+0x88/0xcc
 [<c01b65ff>] journal_update_superblock+0xb2/0xb4
 [<c01a9ea9>] ext3_handle_error+0x48/0xaa
 [<c011f540>] printk+0x1b/0x1f
 [<c01a9fc1>] ext3_error+0x55/0x5a
 [<c01a0258>] ext3_check_dir_entry+0x67/0xe9
 [<c01a0941>] ext3_readdir+0x407/0x5f6
 [<e0d45bd8>] nfsd4_build_dentrylist+0x0/0x6a [nfsd]
 [<c0168556>] file_move+0x14/0x39
 [<c01661ea>] __dentry_open+0x1af/0x23a
 [<e0d45bd8>] nfsd4_build_dentrylist+0x0/0x6a [nfsd]
 [<c017260d>] vfs_readdir+0x6b/0x80
 [<e0d45ae8>] nfsd4_list_rec_dir+0x96/0x14e [nfsd]
 [<e0d45d19>] purge_old+0x0/0x45 [nfsd]
 [<e0d45cbb>] nfsd4_recdir_purge_old+0x1f/0x44 [nfsd]
 [<e0d407c5>] laundromat_main+0x46/0x257 [nfsd]
 [<c012dd00>] run_workqueue+0x72/0xe6
 [<e0d4077f>] laundromat_main+0x0/0x257 [nfsd]
 [<c012e7b7>] worker_thread+0x11a/0x143
 [<c0118937>] default_wake_function+0x0/0xc
 [<c012e69d>] worker_thread+0x0/0x143
 [<c01310ad>] kthread+0xde/0xe2
 [<c0130fcf>] kthread+0x0/0xe2
 [<c0103993>] kernel_thread_helper+0x7/0x14
 =======================
Code: ff ff ff 0f 0b 29 0c 77 95 2d c0 e9 fd fe ff ff 90 8d 74 26 00 e8 7e f7 0e 00 e9 28 ff ff ff f6 47 0d 01 89 f6 0f 85 3b ff ff ff <0f> 0b 3b 0c 77 95 2d c0 89 f6 e9 
2c ff ff ff 55 57 56 53 83 ec 
EIP: [<c01c3b66>] submit_bio+0x143/0x152 SS:ESP 0068:dfef2d4c
(略)
Reading caches...
ata1.00: configured for UDMA/133
SCSI device sda: 625142448 512-byte hdwr sectors (320073 MB)
sda: Write Protect is off
sda: Mode Sense: 00 3a 00 00
SCSI device sda: drive cache: write back
20%...40%...60%...80%...100%...done.
Cleaning up...
Restarting tasks ... 
ext3_abort called.
EXT3-fs error (device sda1): ext3_journal_start_sb: Detected aborted journal
Remounting filesystem read-only
done.
Suspend2 debugging info:
- Suspend core   : 2.2.9.2
- Kernel Version : 2.6.19.2-XXXXXXXX.1
- Compiler vers. : 4.1
- Attempt number : 1
- Parameters     : 0 81936 0 1 0 0
- Overall expected compression percentage: 0.
- Compressor is 'lzf'.
  Compressed 171941888 bytes into 100380877 (41 percent compression).
- SwapAllocator active.
  Swap available for image: 259046 pages.
- FileAllocator inactive.
- I/O speed: Write 51 MB/s, Read 47 MB/s.
- Extra pages    : -32 used/500.

ひとまず kernel 2.6.19.1 + suspend2 2.2.9 に戻す。

_ [movie] ミリオンダラー・ベイビー, ブラック・レイン

ミリオンダラー・ベイビー [DVD] ブラック・レイン [DVD]



2007-01-13(土) 久々ゆっくり [長年日記]

_ [comp] kernel 2.6.19.2 + suspend2 2.2.9.3

新しい suspend2 が出てたので試す。今度は大丈夫だった。

Reading caches...
ata1.00: configured for UDMA/133
SCSI device sda: 625142448 512-byte hdwr sectors (320073 MB)
sda: Write Protect is off
sda: Mode Sense: 00 3a 00 00
SCSI device sda: drive cache: write back
20%...<6>e1000: eth0: e1000_watchdog: NIC Link is Up 100 Mbps Full Duplex
40%...60%...80%...100%...done.
Cleaning up...
Restarting tasks ...  
done.
Suspend2 debugging info:
- Suspend core   : 2.2.9.3
- Kernel Version : 2.6.19.2-XXXXXXXX.2
- Compiler vers. : 4.1
- Attempt number : 1
- Parameters     : 0 81936 0 1 0 0
- Overall expected compression percentage: 0.
- Compressor is 'lzf'.
  Compressed 132984832 bytes into 76447070 (42 percent compression).
- SwapAllocator active.
  Swap available for image: 259046 pages.
- FileAllocator inactive.
- I/O speed: Write 50 MB/s, Read 45 MB/s.
- Extra pages    : -22 used/500.


2007-01-14(日) よく休んだ [長年日記]

_ [debian] uim 1:1.4.0-0vd1

作成。


2007-01-15(月) 休み明けはだるい [長年日記]

_ [movie] 釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった

釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった [DVD]


2007-01-16(火) パッチの価値 [長年日記]

_ [debian] jd 1:1.8.5~beta070114-1

GNOME 依存でなくなった。

1.8.5~beta061227-3vd1 を削除。

_ [debian] iceweasel 2.0.0.1+dfsg-2vd1

などのパッチ

を当てて作成。


2007-01-17(水) 基本は dmesg [長年日記]

_ [comp] suspend2 変

しばらく前から、suspend しても勝手にすぐ resume してしまうという現象がしばしば発生していた。まあいいかと shutdown して放置してたけど、先日の経験から dmesg を見てみた。するとすぐ resume したときには

usb_hcd_pci_suspend(): ehci_pci_suspend+0x0/0x8e [ehci_hcd]() returns -22
pci_device_suspend(): usb_hcd_pci_suspend+0x0/0x143 [usbcore]() returns -22
suspend_device(): pci_device_suspend+0x0/0x4c() returns -22
Could not suspend device 0000:00:1d.7: error -22

というログが出ていた。すぐ resume ではなくて suspend 自体できていなかったようだ。さてどうしたものか。


2007-01-18(木) 今週もわりと長い [長年日記]

_ [comp] 続・suspend2 変

suspend2 とは直接関係ないけど、普通に boot したときに

usbcore: registered new interface driver usbfs
usbcore: registered new interface driver hub
usbcore: registered new device driver usb
ehci_hcd: Unknown symbol usb_hcd_pci_suspend
ehci_hcd: Unknown symbol usb_free_urb
ehci_hcd: Unknown symbol usb_hub_tt_clear_buffer
ehci_hcd: Unknown symbol usb_hcd_resume_root_hub
ehci_hcd: Unknown symbol usb_hcd_pci_probe
ehci_hcd: Unknown symbol usb_calc_bus_time
ehci_hcd: Unknown symbol usb_hcd_pci_shutdown
ehci_hcd: Unknown symbol usb_hcd_pci_resume
ehci_hcd: Unknown symbol usb_get_urb
ehci_hcd: Unknown symbol usb_hcd_giveback_urb
ehci_hcd: Unknown symbol usb_hcd_pci_remove
ehci_hcd: Unknown symbol usb_root_hub_lost_power

というのが出ていた。探してみると、2.6.14, udev: unknown symbols for ehci_hcd から始まるスレッド、そこから派生して #333052: race in the modules loader? というのがあった。今使ってる module-init-tools は 3.3-pre4-1 だからもう直ってそうだけど...。まだ入ってた modutils 2.4.27.0-6 は消しておこ。

_ [movie] 12人の優しい日本人

12人の優しい日本人 [DVD]



2007-01-20(土) 加湿器がない [長年日記]

_ [comp] audacious ja.po

久々に作成。audacious-plugins と po 分割されたのだけど、まずは本体から。> 0000384: [translation] ja.po

audacious-plugins のほうも作って貼ってきた。本体の ja.po に例えば

#~ msgid "About Scrobbler Plugin"
#~ msgstr "Scrobbler プラグインについて"

というのが残っているので、この先頭の「#~ 」を削除したファイルを準備。これと audacious-plugins.pot から作ったカラの ja.po を msgmerge を使って結合。あと調整。コピペするよりはだいぶ早くできた。

_ [movie] デッド・カーム 戦慄の航海

デッド・カーム 戦慄の航海 [DVD]


2007-01-21(日) 休み [長年日記]

_ [misc] 寝る

多分風邪だと思う。


2007-01-22(月) 転換点 [長年日記]

_ [comp] 続・audacious ja.po

KAZUKI SHIMURAさんに一昨日挙げた ja.po に対しての指摘を頂いた。すべてその通りの指摘なのでまるごと頂いた。まったく他人と相談とかしないで作って完全な独り善がりになってるので、非常にありがたかった。この場を借りてお礼を。

さて修正したのを送るかなと思ったら、nenolod から If you would like, you can attach an ssh key to commit the translations yourself. というコメントが。乗りかった船、ということで pubkey 送った。

_ [comp] ja_JP.UTF-8 化

これを機会に環境を ja_JP.UTF-8 にしてみることにした。ぼちぼちやっていこう。


2007-01-23(火) 本格的に [長年日記]

_ [debian] w3m 0.5.1+cvs1.974-0vd1

CVS から取ってきて作成。Quilt の練習とばかりに patch を diff.gz から分割して使ってみた。結果、

に分割。あと ja.po で衝突するところを分離。

_ [comp] 続・ja_JP.UTF-8 化

今日から本格的に。

まず ~/.zlogin で LANG と LC_ALL 設定。tty1 を特別扱いしてるのは UNICON 用。これもなんとかしないと。

if [ `tty` = "/dev/tty1" -o `tty` = "/dev/vc/1" ]; then
        export LANG=ja_JP.EUC-JP
        export LC_ALL=ja_JP.EUC-JP
else
        export LANG=ja_JP.UTF-8
        export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
fi

~/.xinitrc でも同様に LANG と LC_ALL 設定。

~/.vimrc は、どうもうまくいかないので保留。

~/.mutt/muttrc は euc-jp から utf-8 に変更。

#set charset="euc-jp"
set charset="utf-8"

~/.screenrc も eucJP から UTF-8 に変更。

#defencoding eucJP
defencoding UTF-8

一番苦労したのは w3m。w3m-cvs-1.914-ambwidth.patch を当てて「ある種のUnicode文字を全角にする」を YES にしないと罫線が化けてひどい見栄えだった。

表示用文字コード                                 [Unicode (UTF-8)             ]
文書の標準の文字コード                           [Japanese (Shift_JIS, CP932) ]
文書の読み込み時に文字コードの自動判定を行う     [有効         ]
システムの文字コード                             [Unicode (UTF-8)             ]
Locale(LC_CTYPE) に従ってシステムの文字コードを  (*)YES  ( )NO
設定
表示用文字コードで halfdump の出力を行う         (*)YES  ( )NO
複数カラムの文字を使う                           (*)YES  ( )NO
結合文字を使う                                   (*)YES  ( )NO
ある種のUnicode文字を全角にする                  (*)YES  ( )NO
Unicode の言語タグを使う                         (*)YES  ( )NO
Unicodeを介したコード変換                        (*)YES  ( )NO
文書の読み込み時に文字コードを変換する           (*)YES  ( )NO
検索文字列を文書の文字コードに変換する           (*)YES  ( )NO
文字幅の変わる変換をしない                       (*)YES  ( )NO
GB 12345 の Unicode マップを GB 2312 用に使う    ( )YES  (*)NO
ISO-2022-JP で JIS X 0201-Roman を使う           (*)YES  ( )NO
ISO-2022-JP で JIS C 6226:1978(旧JIS) を使う     (*)YES  ( )NO
JIS X 0201-Katakana を使う                       (*)YES  ( )NO
JIS X 0212:1990(補助漢字) を使う                 (*)YES  ( )NO
JIS X 0213:2000(2000JIS) を使う                  (*)YES  ( )NO
厳格な ISO-2022-JP/KR/CN を使う                  (*)YES  ( )NO
GB18030 の 4バイト文字を Unicode として扱う      ( )YES  (*)NO

ちなみにターミナルエミュレータは rxvt-unicode 使ってるので問題ない。


2007-01-24(水) だるい [長年日記]

_ [misc] 寒い

そして眠い。


2007-01-25(木) 久々の official developer [長年日記]

_ [vdr] 新カテゴリ audacious

audacious のコミット権をいただいたので、audacious カテゴリを独立。過去のめものカテゴリ変更はそのうち。

_ [audacious] audacious r3812, audacious-plugins r1180

早速修正した ja.po をコミット。


2007-01-26(金) 今週も疲れた [長年日記]

_ [debian] audacious 1.3.0~alpha3-0vd1, audacious-plugins 1.3.0~alpha3-0vd1

作成。昨日の ja.po は間に合わなかったので、それだけ差し替えておいた。

_ [debian] screen 4.0.3-0.2vd1

UTF-8 な screen 上での w3m や mutt の表示がおかしかったので探してみると、screen のバグらしい情報+パッチを発見。screen-4.0.2-patch-cjkwidth-cvs-2006052001 がそのまま当たったので試してみると、表示が改善された。

ということでこれも quilt を使って作成。

_ [comp] 続々・ja_JP.UTF-8 化

vim の文字コード認識は ずんWiki - vim: 文字コードの自動認識でやろうと思ったけど全然うまくいかなかった。いろいろ ~/.vimrc を変更していて原因を発見。vim で最終行に勝手に改行をつけないようにするための set binary がまずかったようだ。これを外したところ、見事に UTF-8 だろうと eucJP だろうと Shift-JIS だろうと問題なくなった。


2007-01-27(土) いろいろごそごそ [長年日記]

_ [vdr] my-sequel プラグイン導入

後日談プラグインを導入。これに伴い、<%= a '200YMMDD', 'XXXXXXXX' %> となっていた箇所をすべて <%= my '200YMMDD', 'XXXXXXXX' %> に置換。まだ <a href="200YMMDD">XXXXXXX</a> な部分が残ってるけど、それはおいおい。→ これも置換した。

_ [vdr] *.tdr リセット

2003-2006 の古い *.tdr を全部削除した。

_ [movie] K-PAX 光の旅人

K-PAX 光の旅人 [DVD]


2007-01-28(日) まさにいたちごっこ [長年日記]

_ [vdr] cnfilter 適用

1月経ってすり抜けてくるのが目立ってきたので、再適用。


2007-01-29(月) だるいなー [長年日記]

_ [debian] w3m 0.5.1+cvs1.974-0vd2

vd_w3m-preserve-space.patch がおかしかったので再作成。

_ [debian] sylpheed 2.4.0~beta1-0vd1

作成。


2007-01-30(火) わりと抜けあるな [長年日記]

_ [vdr] 続・cnfilter 適用

先日は cron.monthly に設定したけど、もうすり抜けてきたので cron.weekly に置いた。

_ [comp] 続々々・ja_JP.UTF-8 化

zee を忘れていた。

--- zee.orig    2003-11-13 16:57:20.000000000 +0900
+++ zee 2007-01-30 22:36:13.000000000 +0900
@@ -14,6 +14,7 @@
 require 5.004;
 use strict;
 use IO::File;
+use Encode;
 
 # default directory where dictionaries are in
 my $DICT_DIR    = "/usr/share/dict";
@@ -70,6 +71,7 @@
         if ($fh_pager->open("| $PAGER")) {
            my $fh_current = select $fh_pager;
            for my $line (@result) {
+               Encode::from_to( $line, "euc-jp", "utf8" );
                print $line, "\n";
            }
            $fh_pager->close;
@@ -78,6 +80,7 @@
        }
     } 
     for my $line (@result) {
+       Encode::from_to( $line, "euc-jp", "utf8" );
        print $line, "\n";
     }
 }
@@ -156,6 +159,7 @@
 
     if (defined $ARGV[0]) {
        $query = shift @ARGV;
+       Encode::from_to( $query, "utf8", "euc-jp" );
     } else {
        print "usage: zee [-r] query [dictionary(s)]\n",
              "   -r: use Perl's regular expressions to search\n";

超手抜き。

また、audacious でファイル追加しようとしたらファイル名が化けまくってたので、

export G_FILENAME_ENCODING=@locale,UTF-8,EUC-JP,SHIFT_JIS

を ~/.zshrc に追加。

_ [debian] gkrellmms 2.1.22-1vd7

しばらく音楽を鳴らしてなかったけど、久々に鳴らしてみると gkrellm が固まった。ja_JP.UTF-8 で gkrellm を動かしてると駄目なようだ。調べてみると gkrellmms のせいらしい。#312715 に出ているパッチを当てて作成。これで問題なくなった。


2007-01-31(水) 当たるのか? [長年日記]

_ [misc] 寒い

明日から週末にかけて雪らしい。


2007年
1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E