最新

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2017-07-01(土) 遠征2日目 [長年日記]

_ [movie] パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド, スリザー

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド [Blu-ray] スリザー [Blu-ray]


2017-07-02(日) 遠征3日目 [長年日記]

_ [movie] ゲノムハザード ある天才科学者の5日間, バーティカル・ターゲット/大統領狙撃計画

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間 スペシャル・プライス [Blu-ray] -


2017-07-03(月) さて [長年日記]

_ [debian] lv FTCBFS: configures for the build architecture

nmudiff がきてた。任せようかどどうしようか。> #866717


2017-07-04(火) さてさて [長年日記]

_ [debian] trayer 1.1.5-2

O されてた。拾おうかどうしようか。> #854927


2017-07-05(水) どこだ? [長年日記]

_ [debian] fontconfig? freetype?

stable リリースのアップデート以降、urxvt をはじめとしていろいろフォントの見え方が違うような…。


2017-07-06(木) なんだろ [長年日記]

_ [debian] linux-image-4.11.0-1-amd64 変?

キーボードが効かなくなった。いろいろ試してみたところ kernel オプションに i8042.nopnp=1 を追加して解決した。

4.9.0-3 のころは

kernel: i8042: PNP: No PS/2 controller found. Probing ports directly.

となっていたものが

kernel: i8042: PNP detection disabled

となった。


2017-07-07(金) やれるだけは [長年日記]

_ [debian] lv 4.51-4

結局、自分で対応。

_ [debian] trayer 1.1.5-3

ひとまず、拾ってみた。


2017-07-08(土) いろいろ [長年日記]

_ [debian] mikutter 3.5.9+dfsg-1

ruby-gnome2 < 3.1.1 対応されたので uploaded.

ruby-gnome2 3.1.6-1 自体はどうしようか。

_ [debian] ruby-memoist 0.16.0-1

mikutter 3.5.9+dfsg-1 で対応されたので uploaded.

_ [debian] trayer 1.1.7-1

uploaded.

あと close 可能な未処理のバグレポートが溜まってたのでまとめて close した。

さらに fix spelling error in misc.cadd CPPFLAGS to compilation rules を pull-req。

_ [debian] ruby-gnome2 unreproducible

glib-enum-types.h で差が出てしまっているので追ってみた。どうも Dir.glob で返ってくるファイル群に並び順が保証されないせいじゃないかと思ったので、sort を入れて pull-req。> glib-enum-types.h sometimes generated order ramdomness


2017-07-09(日) どっさり [長年日記]

_ [debian] ruby-webkit-gtk: depends on gir1.2-webkit-3.0 which is deprecated

ruby-gnome2 の #866647 に対応してみた。

来週あたりに ruby-gnome2 は upload しちゃうかな。

_ [debian] ruby-cairo 1.15.9-1

Team uploaded.

_ [debian] ITA: open-jtalk, hts-voice-nitech-jp-atr503-m001, htsengine

O: open-jtalk されていたので ITA した。> #864584

O されてないけど、hts-voice-nitech-jp-atr503-m001 も拾っておく。

O: htsengine も拾った。 > #864589

_ [debian] open-jtalk 1.07-3, hts-voice-nitech-jp-atr503-m001 1.05-2, htsengine 1.08-2

ITA uploaded.

_ [movie] ランダム・ハーツ

ランダム・ハーツ [DVD]


2017-07-10(月) さらに [長年日記]

_ [debian] ruby-gnome2 3.1.6-1

ok が出たので upload した。

_ [debian] volumeicon 0.5.1+git20170117-1

sponsor uploaded.

_ [debian] hts-voice-nitech-jp-atr503-m001 1.05-3

Vcs-* をつけ忘れてた。

_ [debian] htsengine 1.10-1, 1.10-2

new upstream uploaded.

open-jtalk はこれが入り次第。

と思ったら symbol ファイルを更新するの忘れてた…不覚。

_ [debian] 続々・libuim-data: should use triggers to run uim-module-manager

Depends を増やすとハマりそうなので uim-utils.postinst を入れたほうがよさそう。

ただ、サブパッケージを統合して全体的に数を減らす方向に持っていったほうがいい気がする。


2017-07-11(火) 後始末 [長年日記]

_ [debian] open-jtalk 1.10-1

htsengine 1.10 が入ったのでこちらも upload。

_ [debian] Mayhem: htsengine

#716018 は直っていることを確認したので閉じた。

open-jtalk の #716592 も htsengine 由来のようなので閉じた。

_ [comp] uim: Do not use private qt_plugin.prf in quimplatforminputcontextplugin.pro

Do not use private qt_plugin.prf in quimplatforminputcontextplugin.pro は unstable の Qt5.7 でも experimental の Qt5.9 でもビルドできたのでマージした。

あと experimental からパッケージを借りながら pbuilder 走らせるには How to satisfy experimental dependencies が参考になった。

Qt5 immodule: build failure as "target.path is not defined" も同条件だったので閉じた。


2017-07-12(水) NEW [長年日記]

_ [debian] 続・ruby-gnome2 3.1.6-1

3.1.7 が出てたけど、これが入るまで待ちかな。


2017-07-13(木) おっと [長年日記]

_ [debian] virtualbox-dkms 5.1.22-dfsg-3 変

モジュールがビルドできない。#868169 かな。

ひとまずソースを持ってきて VirtualBox-5.1.22/include/VBox/vmm/{hm_vmx.h,pdmnetinline.h} を /usr/src/virtualbox-5.1.22/include/VBox/vmm にコピーしてやればいいみたい。


2017-07-14(金) ざっくり [長年日記]

_ [debian] 続・virtualbox-dkms 5.1.22-dfsg-3 変

実は debhelper の問題だった模様。> #868169

_ [debian] 続々・ruby-gnome2 3.1.6-1

unstable に入った。

_ [debian] 続々々・libuim-data: should use triggers to run uim-module-manager

パッケージ削減の考えを書いた。> RFH/RFA: uim

次のライブラリパッケージはそのまま。

  • libuim8
  • libuim-scm0
  • libuim-custom2
  • libuim-dev

IMパッケージは分割( #863664 )

  • uim-gtk2.0
    • uim-gtk2.0-immodule
  • uim-gtk3
    • uim-gtk3-immodule
  • uim-qt
    • uim-qt-immodule
  • uim-qt5
    • uim-qt5-immodule

そのまま( #863664 )

  • uim-applet-gnome
  • plasma-widget-uim
  • uim-xim
  • uim-fep
  • uim-el

uim を実パッケージに変更し、次のパッケージ内容をすべて統合( #858111 )

  • uim-common
  • libuim-data
  • libuim-plugins
  • uim-utils
  • uim-anthy
  • uim-skk
  • uim-m17nlib
  • uim-byeoru
  • uim-latin
  • uim-pinyin
  • uim-tcode
  • uim-viqr
  • uim-ipa-x-sampa
  • uim-look

uim-anthy をメタパッケージ化

  • Depends: anthy

uim-skk をメタパッケージ化

  • Depends: skkdic | skkdic-extra | skkserv | dbskkd-cdb

uim-tcode をメタパッケージ化

  • Depends: uim-skk, t-code-common

次のパッケージは廃止 (使用自体は可能: debian/NEWS 参照)

  • uim-m17nlib
  • uim-byeoru
  • uim-latin
  • uim-pinyin
  • uim-viqr
  • uim-ipa-x-sampa
  • uim-look

次のパッケージも廃止する?

  • uim-dict-gtk
  • uim-dict-gtk3

これで 30 パッケージから 21(23) パッケージになる。もっとせめて 20 は切りたいところだけど…。


2017-07-15(土) うは [長年日記]

_ [debian] ruby-pkg-config 1.2.3-1

ruby-cairo の CI

GEM_PATH= ruby2.3 -e gem\ \"cairo\"
/usr/lib/ruby/2.3.0/rubygems/dependency.rb:319:in `to_specs': Could not find 'pkg-config' (>= 1.2.2) - did find: [pkg-config-1.1.7] (Gem::LoadError)

となって failed が出ていたので uploaded。

しかし git.debian.org ぐちゃぐちゃになっちゃった…。失敗。

_ [debian] 続々・virtualbox-dkms 5.1.22-dfsg-3 変

debhelper の問題が修正されて、virtualbox-dkms も修正された。> #868169


2017-07-16(日) 暑い [長年日記]

_ [debian] Testsuite: autopkgtest-pkg-ruby

これを手元で実施するにはどうしたらいいんだろ。調べないと。


2017-07-17(月) なるほど [長年日記]

_ [debian] 続・Testsuite: autopkgtest-pkg-ruby

を参考に環境を準備した。

まず /etc/lxc/default.conf を編集。

lxc.network.type = veth
lxc.network.link = lxcbr0
lxc.network.flags = up
lxc.network.hwaddr = 00:16:3e:00:16:3e

もともとあった「lxc.network.type = empty」は削除しないとだめ。というのも adt-build-lxc での判定が

# check that LXC config has networking
if grep -q 'lxc.network.type *= *empty' /etc/lxc/default.conf; then
    cat <<EOF >&2
ERROR: autopkgtest containers need networking; please set it up and adjust
lxc.network.type in /etc/lxc/default.conf
EOF
    exit 1
fi

となっているので。

/etc/default/lxc-net は次の通りに指定。

USE_LXC_BRIDGE="true"

これで lxc と lxc-net サービスを再起動。

sid 用の LXC コンテナを作る。

sudo adt-build-lxc debian sid

完成したら lxc-ls -f で見えるようになる。

% sudo lxc-ls -f 
NAME    STATE   AUTOSTART GROUPS IPV4 IPV6 
adt-sid STOPPED 0         -      -    -    

これで環境ができたので、テストしたいソースツリーのトップに移動して adt-run を実行。

% sudo adt-run --no-built-binaries --built-tree=. --- adt-virt-lxc --ephemeral adt-sid
adt-run: WARNING: "adt-run" is deprecated, please use "autopkgtest" (see manpage)
adt-run [20:25:35]: version 4.4
adt-run [20:25:35]: host lilith; command line: /usr/bin/adt-run --no-built-binaries --built-tree=. --- adt-virt-lxc --ephemeral adt-sid
adt-run [20:25:40]: testbed dpkg architecture: amd64
adt-run [20:25:40]: testbed running kernel: Linux 4.11.0-2-amd64 #1 SMP Debian 4.11.11-1 (2017-07-17)
adt-run [20:25:40]: @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ built-tree .
adt-run [20:25:40]: testing package ruby-pkg-config version 1.2.3-1
adt-run [20:25:40]: test command1: preparing testbed
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
        :
autopkgtest-satdep (0) を削除しています ...
adt-run [20:26:12]: test command1: gem2deb-test-runner --check-dependencies --autopkgtest
adt-run [20:26:12]: test command1: [-----------------------
        :
adt-run [20:26:14]: test command1: -----------------------]
adt-run [20:26:14]: test command1:  - - - - - - - - - - results - - - - - - - - - -
command1             FAIL non-zero exit status 1
adt-run [20:26:14]: test command1:  - - - - - - - - - - stderr - - - - - - - - - -
mv lib .gem2deb.lib
mv .gem2deb.lib lib
adt-run [20:26:14]: @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ summary
command1             FAIL non-zero exit status 1

テスト自体には失敗したけど、テストの実施はできた。

WARNING: "adt-run" is deprecated, please use "autopkgtest" (see manpage) と出てるので、そちらも見ないと。


2017-07-18(火) うーむ [長年日記]

_ [debian] linux-image-4.11.11-1-amd64

linux-image-4.11.0-1-amd64 でキーボードが効かなくなった症状は継続。kernel オプションに i8042.nopnp=1 を追加するのがデフォルトかな。


2017-07-19(水) つい [長年日記]

_ [debian] ruby-gnome2 3.1.8-1

3.1.6-1 が testing 入りしたので uploaded。

_ [debian] 続々・Testsuite: autopkgtest-pkg-ruby

sudo adt-run --no-built-binaries --built-tree=. --- adt-virt-lxc --ephemeral adt-sid

の代わりは

sudo autopkgtest --no-built-binaries -- lxc --ephemeral adt-sid

でいいのかな。

生成したパッケージでテストを実行したい場合は、

sudo autopkgtest --no-built-binaries ../XXXXX.deb -- lxc --ephemeral adt-sid

--no-built-binaries あるいは -B の後にそのパッケージを与えれば OK。

情報は

  • autopkgtest/README.running-tests.html
  • autopkgtest/README.package-tests.html

を参照。

_ [debian] ruby-cairo 1.15.9-2

Debian CI をパスするようにしたつもり。

_ [debian] ruby-pkg-config 1.2.3-2

これも #830921 に対応して Debian CI をパスするようにしたつもり。

1.2.3-1 が testing 入りするまで待てばよかったか…。


2017-07-20(木) いろいろ [長年日記]

_ [debian] 続・ruby-cairo 1.15.9-2

無事 Debian CI をパスするようになった。

_ [debian] 続・ruby-gnome2 3.1.8-1

Dir.glob を sort が効果あったようで reproducible をパスするようになった。

_ [comp] ruby-pkg-config: Tests depend on the exact order of the pkg-config output

動きが止まっていたので Tests depend on the exact order of the pkg-config output を pull-req にしただけ。> fix #6

これとは別の方法で対応した、とのこと。

_ [comp] ruby-gnome2: fix shebang path for examples

example-wrong-path-for-interpreter を修正するため。> fix shebang path for examples

マージされた。

_ [comp] ruby-gnome2: extend timeout for some slow environment

5秒だとギリギリっぽい? > extend timeout for some slow environment

マージされた。

_ [comp] ruby-gnome2: check existence of Makefile before running make

他のテストにならって、make を走らせる前に Makefile の有無を確認。> check existence of Makefile before running make

travis が 1つエラーになってるけどこの pull-req は関係なさそう。

マージされた。


2017-07-21(金) よかった [長年日記]

_ [debian] 続・ruby-pkg-config 1.2.3-2

無事 Debian CI をパスするようになった。


2017-07-22(土) 暑すぎ [長年日記]

_ [debian] uim 落穂拾い

いろいろ細かい修正して git.debian.org に push した。

_ [debian] Debian CI

いきなり fail でまくってるけどなんだろ?

_ [movie] 怪盗グルーのミニオン危機一発

怪盗グルーのミニオン危機一発 [Blu-ray]


2017-07-23(日) 豪雨 [長年日記]

_ [debian] 続・uim 落穂拾い

unreproducible になってる。

どうやら plasma-widget-uim と uim-qt がビルド時のパスをバイナリに埋め込んでるようだが…。


2017-07-24(月) とりあえず [長年日記]

_ [debian] ruby-moneta 0.7.20-7

Dabian CI がずーっと失敗していたので、パスするように修正。

しかしこれテストに 1時間くらいかかるので、あんまりやりたくない…。

_ [debian] ruby-gnome2 3.1.8-2

3.1.8-1 が testing 入りしたので、Debian CI に対応してみた。


2017-07-25(火) さて… [長年日記]

_ [debian] rabbit vs ruby-gnome2

rabbit が テスト失敗 するのは ruby-gnome2 が gemspec を提供していない(#757464)のが原因っぽい?

BTS では dh_ruby を使えばいいとあるけど、言うほど簡単でもないような…やってみるか。


2017-07-26(水) うーむ [長年日記]

_ [debian] ruby-gnome2's gemspec

これ のつづき。途中まではいったけど、うまくいかないので助けを求めた。> help: providing ruby-gnome2 gemspec


2017-07-27(木) よし [長年日記]

_ [debian] 続・ruby-moneta 0.7.20-7

とりあえずパス した。MONETA TESTSUITE FAILED って思いっ切り出てるけど…。1.0.0 で直せばいいかな。

_ [debian] 続・ruby-gnome2 3.1.8-2

こちらは 失敗。quilt 適用済み exit 2 のせいか…。次回直そう。

_ [debian] 続・ruby-gnome2's gemspec

すぐに教えてもらえた。> debian/rules ruby-gnome2-gemspecs.patch

あとは DH_RUBY_USE_DH_AUTO_INSTALL_DESTDIR を使えばいいことと、debian/rules をちょっと直して git.debian.org に push した。

さらにこのパッチは pull-req した。> add generate gemspec task


2017-07-28(金) どうするかな… [長年日記]

_ [debian] 続々・ruby-moneta 0.7.20-7

そのままだと 1.0.0 でも同じく MONETA TESTSUITE FAILED になる。

ひとまず exp ブランチを切って git.debian.org に push。


2017-07-29(土) よし [長年日記]

_ [debian] ruby-gnome2 3.1.8-3

3.1.8-2 が testing に入ったので、quilt exit 2 を無視するようにして gemspec 対応を入れた。

_ [debian] rabbit FTBFS: test failures

rabbit の Debian CIruby-gnome2 の gemspec で行けそうだけど、 #868774 は何だ?


2017-07-30(日) やっとこさ [長年日記]

_ [debian] 続・ruby-gnome2 3.1.8-3

any 分の gemspec だけで all 分が入ってなかった。#757464 は reopen した。

_ [debian] ruby-gnome2 3.1.8-4

Restrictions: allow-stderr 入れるの忘れてた。gemspec 対応 はまだ。

_ [debian] ruby-gnome2 3.1.8-5

今度こそ gemspec 対応を入れた。

_ [debian] libreoffice 1:5.4.0-1

メニューにアイコンが出なくなった。

調べたところ、ツール → オプション → 表示 → アイコンのスタイル を「自動 (Helpimg)」から「Galaxy」に変えたところアイコンが出るようになった。


2017-07-31(月) うーん [長年日記]

_ [movie] メアリと魔女の花*

-


2017年
7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E