最新

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2017-09-01(金) さて… [長年日記]

_ [debian] uim FTBFS with libanthy-dev 1:0.3-5

#873874 もズバリ anthy 0.3 がらみ。


2017-09-02(土) いろいろ [長年日記]

_ [debian] 続・uim FTBFS with libanthy-dev 1:0.3-5

configure.ac で

-  PKG_CHECK_EXISTS(anthy >= 8622,
+  PKG_CHECK_EXISTS(anthy >= 0.3,
        :
-  PKG_CHECK_MODULES(ANTHY_UTF8, anthy >= 8622,
+  PKG_CHECK_MODULES(ANTHY_UTF8, anthy >= 0.3,

とバージョンチェックを甘くすると libanthy1 をリンクしてビルドできた。FTBFS も解消。

ただ anthy-utf8 は変換できるけど anthy では変換がおかしい。差を見てみると anthy-utf8 には EUC-JP と UTF-8 の変換処理が入ってる。ここで anthy にも EUC-JP と UTF-8 の変換処理を入れるのはどうかと思うしなあ。

単純に anthy (EUC-JP 版)を含めず、anthy-utf8 だけにしてみた。これで uim-xim segfaults with anthy, uim-anthy: Package uim-anthy is uninstallable も解決するかな。

_ [debian] 続々々々・libuim-data: should use triggers to run uim-module-manager

IMパッケージ分割した。libuim-plugins は uim-plugins として復活。

_ [debian] drop: uim-applet-gnome and plasma-widget-uim

今後の対応が見込めないので。


2017-09-03(日) 区切り [長年日記]

_ [debian] mikutter 3.5.11+dfsg-1

uploaded.

_ [debian] uim 1.8.6+gh20161003.0.d63dadd-5~exp1

uploaded to experimental.

_ [debian] ruby-forwardable-extended 2.6.0-1

sponsor uploaded.


2017-09-04(月) [長年日記]

_ [debian] 続々々・uim から ibus へ

debian-devel@JP に送信できない件、対応していただけた模様。


2017-09-05(火) ついに [長年日記]

_ [debian] ruby-gdk3: Typelib file for namespace 'Gdk' (any version) not found (GLib::Error)

gir が足りないエラー。stretch の ruby-gnome2 だとそのあたりだめっぽい。> #874365


2017-09-06(水) うむむ [長年日記]

_ [debian] 続・ruby-gdk3: Typelib file for namespace 'Gdk' (any version) not found (GLib::Error)

sid では解決してるんじゃなくて stretch からずっと続いてるバグだった。

ひとまず ruby-gnome2 3.1.8-7 にて Depends: をいろいろ追加して修正。

stretch に対しては backports (bpo) を使えばいいのかな? と思って debian/changelog に stretch-backports としてその修正だけ含んで upload したところ

Not accepted by any per-suite acl (suite=stretch-backports)

で REJECT された。調べてみると backports に upload するには権限の申請が必要らしい。> Uploading

ということで申請したら、バグ修正は backports に上げたらダメ、と言われた。どうも「backports してほしい」は bpo の意味の backports ではなく一般的な意味で、proposed-updates のほうに上げるのが正しそう。> 5.5.1. 特別な例: 安定版 (stable) と 旧安定版 (oldstable) ディストリビューションへアップロードする

ということで proposed-updates へ申請してみた。> #874477

_ [debian] ITP: ruby-diva

README を更新 してもらったので upload した。> #874483

_ [debian] 続々々々々・uim から ibus へ

task-japanese-gnome-desktop と task-japanese-kde-desktop から uim-applet-gnome と plasma-widget-kde を外してもらうようお願いした。> #874493 #874495


2017-09-07(木) 物は試し [長年日記]

_ [debian] WINE on Docker

wine 1.6 でしか動かないアプリ があって、wine を 1.6.2-20 から 2.0.x に上げられずに困ってたんだけど、どうせなら Docker に押し込んでやればいいと思ってやってみた。

FROM debian:jessie

ENV WINEDEBUG -all
ENV LANG ja_JP.UTF-8
ENV LC_ALL ja_JP.UTF-8
ENV XMODIFIERS "@im=uim"

ENV DEBIAN_FRONTEND noninteractive

RUN useradd -u 1001 -d /home/wine -m -s /bin/bash wine \
        && dpkg --add-architecture i386 \
        && apt-get update \
        && apt-get install -y --no-install-recommends \
                wine32:i386 \
                libwine:i386 \
                libwine-gecko-2.21 \
                locales \
                fontconfig \
                fonts-ipaexfont-gothic \
                fonts-ipafont-gothic \
                fonts-vlgothic \
                libfontconfig1:i386 \
        && apt-get clean \
        && rm -rf /var/lib/apt/lists/* \
        && echo "en_US.UTF-8 UTF-8" >  /etc/locale.gen \
        && echo "ja_JP.UTF-8 UTF-8" >> /etc/locale.gen \
        && locale-gen

ENV HOME /home/wine
WORKDIR /home/wine
USER wine
ENTRYPOINT [ "/usr/bin/wine32" ]

これで

docker build -t wine32:1.6.2-20 .

して

docker run --rm \
    -e DISPLAY=$DISPLAY \
    -v /home/XXXX:/home/wine \
    -v /tmp/.X11-unix:/tmp/.X11-unix \
    wine32:1.6.2-20 \
    XXXX.exe

やれば動かせた。最初アプリのフォントを拾ってくれないと四苦八苦してたら、libfontconfig1:i386 をインストールすることがポイントだった。



2017-09-09(土) おっと [長年日記]

_ [debian] 続・WINE on Docker

何かおかしいと思ったらタイムゾーン設定忘れてた。

docker run --rm \
    -e DISPLAY=$DISPLAY \
    -v /home/XXXX:/home/wine \
    -v /tmp/.X11-unix:/tmp/.X11-unix \
    -v /etc/localtime:/etc/localtime \
    wine32:1.6.2-20 \
    XXXX.exe

で回避したけど、気が向いたらイメージの中で直そう。


2017-09-10(日) よし [長年日記]

_ [debian] 続々・ruby-gdk3: Typelib file for namespace 'Gdk' (any version) not found (GLib::Error)

stretch-proposed-updates が通った。> #874477

stretch と指定してアップロードしたところ、

Mapping stretch to stable.
Mapping stable to proposed-updates.

で ACCEPT された。


2017-09-11(月) さて [長年日記]

_ [debian] Future Qt4 removal from Buster

Qt4 削除予告がきた。> #875216


2017-09-12(火) ふむ [長年日記]

_ [debian] 続・Future Qt4 removal from Buster

ローカルのは全部消すかなと思ったら audacity が道連れになるので依存関係を調べたら libsuil-0-0 だった。> #875205

git では対応されてるっぽい。> Drop qt4 support


2017-09-13(水) 様子見 [長年日記]

_ [debian] uim 1.8.6+gh20161003.0.d63dadd-5~exp2

uim-toolbar の alternatives から systray を外した。

そろそろ unstable 行きにしていいかな。


2017-09-14(木) 9月以内 [長年日記]

_ [debian] Future uim-utils removal

Future Qt4 removal from Buster の真似して uim-utils の削除予告を送った。> #875758 #875759



2017-09-16(土) うーん [長年日記]

_ [movie] ダンケルク*

-


2017-09-17(日) なんだ? [長年日記]

_ [debian] 続々・WINE on Docker

 X Error of failed request:  BadValue (integer parameter out of range for operation)
  Major opcode of failed request:  130 (MIT-SHM)
  Minor opcode of failed request:  3 (X_ShmPutImage)
  Value in failed request:  0x440
  Serial number of failed request:  11822
  Current serial number in output stream:  11828

なんてエラーが出て起動しないようになった。調べてみると、attempt to access private resource denied というものがあり、--env QT_X11_NO_MITSHM=1 では効果なくて --ipc host を追加してやると起動するようになった。突然ダメになったのは謎だけど。


2017-09-18(月) 暑い [長年日記]

_ [debian] docker: from devicemapper to overlay2

devmapper から overlayfs2 にしてみることにした。

まず docker save でイメージを保存。もっと綺麗に書けそうだけどこれで。他のデータは特にないのでそのまま破棄。

#!/bin/sh

IFS='
'

for i in $(docker images | awk '{print $1":"$2}');
do
        if [ $i = "REPOSITORY:TAG" ]; then
                continue
        fi
        j=$(echo $i | sed -e 's/\//___/')
        echo $j
        docker save -o /tmp/$j.tar $i
done

docker デーモンを停止して /var/lib/docker を移動。/etc/docker/daemon.json を

{
  "storage-driver": "overlay2"
}

に変更して docker デーモンを起動。あとは docker save した tar ファイルを取り込んで完了。

for i in *.tar; docker load -i $i


2017年
9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E