最新

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2006-02-01(水) 休み [長年日記]

_ [misc] 風邪気味

鼻からきてるっぽい。


2006-02-02(木) 危険の予兆 [長年日記]

_ [vdr] HDD 崩壊の前兆?

syslog に

Feb  2 06:25:47 XXXXXXXX kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error }
Feb  2 06:25:52 XXXXXXXX kernel: hda: dma_intr: error=0x40 { UncorrectableError }, LBAsect=237753050, sector=237753023
Feb  2 06:25:52 XXXXXXXX kernel: ide: failed opcode was: unknown
Feb  2 06:25:52 XXXXXXXX kernel: end_request: I/O error, dev hda, sector 237753023

とか出ていた。2003/10/09 に交換した Maxtor 6Y120P0 かな。またも2年半の命か。ひとまず大事なものは今のうちにバックアップしとかないと。

今週末に HDD 換装作業を行います。

_ [debian] graphicsmagick 1.1.7-2

Debian Official に入った。graphicsmagick 1.1.7-0vd1 を削除。

_ [debian] flashplugin-nonfree 7.0.61-1.1

update-flashplugin に /firefox/ が追加された。flashplugin-nonfree 7.0.61-1vd1 を削除。

_ [debian] psemu-input-padjoy, psemu-sound-peops

使ってないので削除。

_ [vdr] 削除パッケージ一覧

私家版 deb パッケージ集 apt-line 公開以来、色々パッケージを黙って削除していたけど、これからは上記通り逐一説明することにした。以下はこれまで黙って削除したぶん。

_ [unicon] unicon 関連 deb パッケージ

UNICON による Linux 日本語 console に apt-line に関する情報を追記。

_ [debian] mono 1.1.13.2-1vd1

vd_dirty-workaround.dpatch を追加して作成。

_ [debian] audacious 0.2-0vd1

cdbs+dpatch 化して作成。


2006-02-03(金) 休み [長年日記]

_ [misc] 風邪

今度は腹痛に。


2006-02-04(土) 連絡きてないけど一応 [長年日記]

_ [vdr] hn.org 終了

ということで、EveryDNS.net を新規追加。


2006-02-05(日) 換装は実施せず [長年日記]

_ [vdr] HDD 接続変更

そういえば CDROM ドライブの調子がおかしかったのでそれを外し、HDD の接続を整理。


2006-02-06(月) [長年日記]

_ [debian] rxvt-unicode 7.5-1vd1

Orphan されてしまった。×問題対策インチキパッチ vd_rxvt-unicode_latin1-supplement-partly_double-width_encoding-jp.patch を当てて作成。

_ [debian] gkrellm 2.2.7-7vd1

なんか ja.gmo が読まれてない気がしたので strace で調べてみると、/usr/share/locale ではなく /usr/local/share/locale を見に行っている。strings でバイナリを覗いてみると、しっかり /usr/local になっていた。報告しておいた。> #351613

ついでに対策したものを作成。

_ [debian] xchat 2.6.1-0vd2

ja.gmo が入ってなかったので作り直し。ja.po は momonga-linux の xchat-ja.po を利用。

_ [debian] audacious 0.2-0vd2

ja.po を更新して作成。モノは送付。> [translation] ja.po

_ [debian] postgresql-common 41 変

upgrade に失敗する。探してみると #351475 のようだ。そこに示されている workaround で回避。

_ [debian] sylpheed 2.1.999+2.2.0beta8-0vd1

作成。


2006-02-07(火) HDD調査 [長年日記]

_ [vdr] 続・HDD 崩壊の前兆?

しばらく落ち着いたと思っていたら、

Feb  6 06:25:12 XXXXXXXX kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error }
Feb  6 06:25:12 XXXXXXXX kernel: hda: dma_intr: error=0x40 { UncorrectableError }, LBAsect=237641434, sector=237641271
Feb  6 06:25:12 XXXXXXXX kernel: ide: failed opcode was: unknown
Feb  6 06:25:12 XXXXXXXX kernel: end_request: I/O error, dev hda, sector 237641271

また出ていた。さすがに対処しないとやばそうだ。

_ [comp] smartmontools

いろいろ検索していると Nano domain - diary: HDD破損ハードディスクのS.M.A.R.T.情報を表示するには という記事を発見。紹介されている smartmontools を早速導入。

# smartctl -a /dev/hda
        :                              
=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Family:     Maxtor DiamondMax Plus 9 family
Device Model:     Maxtor 6Y120P0
Serial Number:    XXXXXXXX    
Firmware Version: YAR41BW0    
User Capacity:    122,942,324,736 bytes
Device is:        In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is:   7           
ATA Standard is:  ATA/ATAPI-7 T13 1532D revision 0
Local Time is:    Tue Feb  7 14:51:22 2006 JST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Disabled    
                              
SMART Disabled. Use option -s with argument 'on' to enable it.

まずこんな感じ。SMART Disabled だそうなので有効にする。

# smartctl -s on /dev/hda
        :
=== START OF ENABLE/DISABLE COMMANDS SECTION ===
SMART Enabled.

SMART を有効にした。エラーログを見てみる。

# smartctl -l error /dev/hda
        :
=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART Error Log Version: 1
ATA Error Count: 25 (device log contains only the most recent five errors)
        CR = Command Register [HEX]
        FR = Features Register [HEX]
        SC = Sector Count Register [HEX]
        SN = Sector Number Register [HEX]
        CL = Cylinder Low Register [HEX]
        CH = Cylinder High Register [HEX]
        DH = Device/Head Register [HEX]
        DC = Device Command Register [HEX]
        ER = Error register [HEX]
        ST = Status register [HEX]
Powered_Up_Time is measured from power on, and printed as
DDd+hh:mm:SS.sss where DD=days, hh=hours, mm=minutes,
SS=sec, and sss=millisec. It "wraps" after 49.710 days.

Error 25 occurred at disk power-on lifetime: 111 hours (4 days + 15 hours)
  When the command that caused the error occurred, the device was in an unknown state.

  After command completion occurred, registers were:
  ER ST SC SN CL CH DH
  -- -- -- -- -- -- --
  40 51 4d 37 1e 2a ee  Error: UNC 77 sectors at LBA = 0x0e2a1e37 = 237641271

  Commands leading to the command that caused the error were:
  CR FR SC SN CL CH DH DC   Powered_Up_Time  Command/Feature_Name
  -- -- -- -- -- -- -- --  ----------------  --------------------
  c8 00 f0 37 1e 2a ee 08   2d+22:20:48.128  READ DMA
  c8 00 f8 2f 1e 2a ee 08   2d+22:20:47.120  READ DMA
  c8 00 00 27 1e 2a ee 08   2d+22:20:46.096  READ DMA
  c8 00 00 27 1d 2a ee 08   2d+22:20:46.080  READ DMA
  c8 00 00 27 1c 2a ee 08   2d+22:20:46.064  READ DMA
        :

に記録されたセクタで UNC (UncorrectableError) と記録されている。ショートテストをしてみる。

# smartctl -t short /dev/hda
        :
=== START OF OFFLINE IMMEDIATE AND SELF-TEST SECTION ===
Sending command: "Execute SMART Short self-test routine immediately in off-line mode".
Drive command "Execute SMART Short self-test routine immediately in off-line mode" successful.
Testing has begun.
Please wait 2 minutes for test to complete.
Test will complete after Tue Feb  7 15:14:49 2006

Use smartctl -X to abort test.

テストに2分かかるようなので待つ。結果を表示。

# smartctl -l selftest /dev/hda
        :
=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART Self-test log structure revision number 1
Num  Test_Description    Status                  Remaining  LifeTime(hours)  LBA_of_first_error
# 1  Short offline       Completed without error       00%       142         -

ショートテストではエラーは検出されなかったけど、やばそうなことに変わりはない。

_ [comp] dd でセクタ調査

最近記録されてるやばそうなセクタを調べてみる。

zcat /var/log/syslog*gz | grep "dev hda" | awk '{print $12}' | sort -n > /tmp/sectors

for i in `cat /tmp/sectors`
dd if=/dev/hda of=/tmp/dd-${i}.img bs=512 skip=${i} count=1

これで出てきた /tmp/dd-*.img を見てみると、/var/lib/apt/lists/ 以下のファイルと思しき断片が大量に出てきた。そういや apt-get update を実行した時間と syslog にエラーが記録された時間が一致する。他にも謎のバイナリデータの断片が出てきたけど、正体はわからず。

ひとまず /home ではないようなので安心したけど、早めに HDD を換装しなくては。

_ [debian] gkrellm 2.2.7-8

昨日の問題だけど、即 FIX された。

2.2.7-7vd1 を削除。

_ [debian] xft 2.1.8.2-3

pkg-config xft が freetype2 のパスを吐き出してくれない問題が FIX された。

_ [debian] firefox 1.5.dfsg+1.5.0.1-1vd1

を当てて作成。

bugzilla-org_bug-316636_nsTableFrame.cpp-3.622vs3.623.patch (nsTableFrame.cpp: 3.622 vs. 3.623) は不要になったけど、続・MozFx 1.5 が落ちるページBugzilla ORG 316636 は未だに見えない。

また、Pango サポートがデフォルトで有効になった。


2006-02-08(水) あてずっぽうは駄目だな [長年日記]

_ [comp] Fx 1.5.0.1 が落ちるページ

めも - Firefox について より。

 <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">
 <html>
 <head>
 <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
 <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
 <style type="text/css">h1 + p:first-letter {float:right;}</style>
 <title>test</title>
 </head>
 <body>
 <h1>a</h1>
 <p><a href="b"><img src="b" alt="b"></a></p>
 </body>
 </html>

という HTML ファイルを開き、リンクにポインタをのせると SEGV る。1.5.dfsg+1.5.0.1-1vd1 で確認。float:right が float:left でもクラッシュ。

バックトレースを取ってみるとこんな感じ。

#0  0xffffe410 in __kernel_vsyscall ()
#1  0x401aea7d in raise () from /lib/tls/i686/cmov/libpthread.so.0
#2  0x0808217c in nsProfileLock::FatalSignalHandler ()
#3  <signal handler called>
#4  0x0827091c in nsCSSFrameConstructor::GetInsertionPoint ()
#5  0x0827fab7 in nsCSSFrameConstructor::ContentInserted ()
#6  0x0827edf9 in nsCSSFrameConstructor::RecreateFramesForContent ()
#7  0x0827f0d2 in nsCSSFrameConstructor::ProcessRestyledFrames ()
#8  0x0827f21c in nsCSSFrameConstructor::RestyleElement ()
#9  0x0827f44f in nsCSSFrameConstructor::ProcessOneRestyle ()
#10 0x0827f552 in nsCSSFrameConstructor::ProcessPendingRestyles ()
#11 0x0827f5fe in nsCSSFrameConstructor::RestyleEvent::HandleEvent ()
#12 0x0827f631 in HandleRestyleEvent ()
#13 0x401259b7 in PL_HandleEvent () from /usr/lib/firefox/libxpcom_core.so
#14 0x40126288 in PL_ProcessPendingEvents ()
   from /usr/lib/firefox/libxpcom_core.so
#15 0x4012793e in nsAutoCMonitor::Exit ()
   from /usr/lib/firefox/libxpcom_core.so
#16 0x08266d95 in event_processor_callback ()

Bugzilla を漁ってみると、

  • Bugzilla ORG 318592 - [FIX]Crash with evil testcase, using float:right; and .u::first-letter { letter-spacing: 50px; }
  • Bugzilla ORG 322820 - Crash [@ nsCSSFrameConstructor::RemoveFirstLetterFrames] with evil testcase, using float:right; and .u::first-letter
  • Bugzilla ORG 317275 - Evil float:right testcase causes assertions and can crash [@ nsFrame::GetFirstLeaf]

あたりを手繰れてきた。示されてるパッチを当ててみる。Bugzilla ORG 318592 の testcase2 (Bugzilla ORG 3228207) と Bugzilla ORG 317275 のテストケース4つでは落ちなくなったけど、上記問題の HTML ファイルと Bugzilla ORG 318592 の testcase ではまだ落ちる。もっとも両者では落ちる場所が違うんだけど、アテが外れたか。

なお、trunk (Mozilla/5.0 (X11; U; Linux i686; ja-JP; rv:1.9a1) Gecko/20060207 Firefox/1.6a1) では、Bugzilla ORG 318592 の testcase 以外、上記問題の HTML ファイルの含めて問題ないようだ。

_ [debian] w3m 0.5.1+1.946-0vd8

w3mでpipeをクローズしないバグの修正を施して作成。


2006-02-09(木) ひさびさ [長年日記]

_ [debian] sylpheed 2.1.999+2.2.0rc-0vd1

作成。

_ [debian] uim 1:1.0.1+svn3105-0vd1

日記みたいな何か - uim-toolbar-gtk より IM selection feature using a gtk's toolbar icon ということで、trunk を持ってきて作成。

_ [gkrelluim] 0.0.7 に向けて

IM selection feature using a gtk's toolbar icon を受けて、今後どうしようか検討。この機能は利用できるようにする予定だけど、レイアウトをどうしたもんか。

UIM/helper/toolbar-common-gtk.c をチェック。ここから関数やら何やらを改変しつつ GKrellUIM/src/uim-helper.c に持ってきているけど、このへんもうちょっとどうにかできないかな。

また、config 機能はばっさり削除する予定。

_ [comp] postgresql-7.4 から postgresql-8.1 へ移行

8 系が出て久しいので、7.4 から 8.1 に移行することにする。2年前に PostgreSQL 7.2.1 → 7.4.2 したときは postgresql-dump というコマンドがあったけど、今はないみたいなので手動で。

  1. postgresql-8.1 と postgresql-client-8.1 をインストール。7.4 と共存できるようになっているようだ。
  2. postgres ユーザで pg_dumpall。
    # su - postgres
    $ /usr/lib/postgresql/7.4/bin/pg_dumpall > /tmp/pgsql.dumpall
    
  3. /etc/postgresql/7.4 と /var/lib/postgresql/7.4 をコピー。
  4. postgresql-7.4 を停止。
  5. 8.1 の待ち受けポートが 5433 になっていたので、/etc/postgresql/8.1/main/postgresql.conf で 5432 に変更。
    -port = 5433
    +port = 5432
    
  6. /etc/postgresql/7.4/transition/pg_hba.conf の変更点を /etc/postgresql/8.1/transition/pg_hba.conf に書き写し。
  7. postgresql-8.1 を再起動。
  8. postgres ユーザで pg_dumpall したデータを投入。
    # su - postgres
    $ /usr/lib/postgresql/8.1/bin/psql -f /tmp/pgsql.dumpall
    

以上で完了。


2006-02-10(金) かなり手抜き [長年日記]

_ [gkrelluim] 0.0.6.999.1

メニューの上部に IM 切り替えメニューを追加してみたテスト版。> gkrelluim-0.0.6.999.1.tar.gz


2006-02-11(土) 5か月目 [長年日記]

_ [misc] 休息

寝る。


2006-02-12(日) データ移行まだ完了せず [長年日記]


2006-02-13(月) バグだらけ [長年日記]

_ [gkrelluim] 続・0.0.7 に向けて

0.0.6.999.1 のバグ潰しとか。


2006-02-14(火) だるい [長年日記]

_ [debian] sylpheed 2.2.0-0vd1

作成。

_ [debian] rxvt-unicode 7.6-0vd1

×問題対策インチキパッチ vd_rxvt-unicode_latin1-supplement-partly_double-width_encoding-jp.patch を当てて作成。

_ [debian] w3m 0.5.1+cvs1.948-0vd1

CVS から引っ張ってきてすり合わせて作成。

_ [gkrelluim] 0.0.6.999.2, 0.0.6.999.3

モードや入力方法を変更できるようにしたテスト版 2。> gkrelluim-0.0.6.999.2.tar.gz

まだクラッシュバグが残ってるっぽい。

クラッシュバグを潰したテスト版 3。> gkrelluim-0.0.6.999.3.tar.gz


2006-02-15(水) 続・だるい [長年日記]

_ [debian] xchat 2.6.1-1

2.6.1-0vd2 を削除。


2006-02-16(木) 続々・だるい [長年日記]

_ [gkrelluim] 続々・0.0.7 に向けて

細かい調整など。


2006-02-17(金) 回復 [長年日記]

_ [debian] sylpheed 2.2.0-1

2.2.0-0vd1 を削除。

_ [debian] gnash 0.0.0+cvs20060217-0vd1

試しに作ってみた。一部日本語が表示されなかったり、mozilla plugin はクラッシュするけど。


2006-02-18(土) 行動開始 [長年日記]

_ [misc] 荷物整理

冬服を段ボールに詰め込んだり。


2006-02-19(日) 引き続き行動 [長年日記]

_ [misc] 続・荷物整理

ガムテープ買ってきたりとか。

_ [movie] 暴走特急

暴走特急 [DVD]


2006-02-20(月) 変化 [長年日記]

_ [gkrelluim] helper protocol incompatible

* This commit make helper protocol incompatible with former ones. Helper program developers, please read doc/HELPER-PROTOCOL and follow the changes

[[uim-commit] r3110 - in trunk: doc helper scmより引用]

要チェック。> r3110, r3118, r3121, r3124

_ [vdr] README 配置

超手抜きの README を配置。> UNICON/README, GKrellUIM/README

_ [debian] fontconfig 2.3.2-2vd1

akito patch の fontconfig-2.2.1-AppleRoman-DynaFont.patch と fontconfig-2.2.1-Bold-conf.patch を当てて作成。


2006-02-21(火) さらに変化 [長年日記]

_ [comp] gnash 音が出ない

日本語が出ないことがあるとか Fx が落ちるとかいろいろあるけど、音が出ないって問題も。どういう仕組みで音を出そうとしてるのかちょっと追ってみないと。


2006-02-22(水) 眠い [長年日記]

_ [comp] audacious new build system 変

なんか必要なファイル(audacious.pc とか)がインストールされないので投げておいた。> new build system does not install necessary files


2006-02-23(木) 今日も眠い [長年日記]

_ [comp] 続・audacious new build system 変

直してもらえたようだ。


2006-02-24(金) 連日眠い [長年日記]

_ [misc] 立て込み

いろいろ立て込んでて何もできず。


2006-02-25(土) やっと休み [長年日記]

_ [misc] 休み

一週間疲れたので休み。


2006-02-26(日) 休み足りず [長年日記]

_ [misc] 続・休み

あまり疲れ取れず。


2006-02-27(月) 始動 [長年日記]

_ [debian] rxvt-unicode 7.7-0vd1

×問題対策インチキパッチ vd_rxvt-unicode_latin1-supplement-partly_double-width_encoding-jp.patch を当てて作成。

_ [debian] sylpheed 2.2.1-0vd1

作成。


2006-02-28(火) 風邪引いたかも [長年日記]

_ [debian] libbinio 1.4-2

#349458 がめでたく close された。

1.4-1vd1 を削除。

_ [comp] xchat の ja.po

xchat の ja.po がだいぶ古いので新しいのが出てないかなーと探してみたら、ちゃんと出ていた。> The xchat textual domain

本家に取り込まれてないみたいなので報告するかなーと見てみたら、既に報告されていた。> [ 1399004 ] ja.po updated.

めでたく次期リリースに入りそうだ。

_ [debian] gnash 0.0.0+cvs20060228-0vd1

CVS から引っ張ってきて作成。コマンドライン版は音は出ないが一応動く、プラグイン版は全然動かないというかテスト表示?

_ [debian] audacious 0.2.1-0vd1

出たけど、どうもコンパイルが通らない。と思ったらリリース撤回されて再リリースされていた。

festalon gbsplay sexyspc xymms を new build system に追随させて作成。

_ [gkrelluim] 続々々・0.0.7 に向けて

[uim-commit] r3110 - in trunk: doc helper scm への追随作業を開始。


2006年
2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E