最新

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2016-06-01(水) さて [長年日記]

_ [debian] 続々々々・uim 1.8.6 以降に向けて

Qt4 から Qt5 になるけど uim の Qt5 対応がなされないという理由を説明。それと、以前にあった 日本語入力環境アンケート を独自に集計した。次に行くなら ibus なのかなあ。


2016-06-02(木) [長年日記]

_ [debian] 続々・docker パッケージ

/lib/systemd/system/docker.service を直接書き換えると上書きされてしまうので、Runtime directory and storage driver に従って、/lib/systemd/system/docker.service.d/ ディレクトリを作成してそちらに storage-driver.conf ファイルを置いて、

[Service]
ExecStart=
ExecStart=/usr/bin/docker daemon -H fd:// -s devicemapper

と書いた。

_ [debian] a2ps-perl-ja vs. libperl4-corelibs-perl

a2ps-perl-ja がいつの間にか、

Can't locate flush.pl in @INC (@INC contains: /etc/perl /usr/local/lib/x86_64-linux-gnu/perl/5.22.2 /usr/local/share/perl/5.22.2 /usr/lib/x86_64-linux-gnu/perl5/5.22 /usr/share/perl5 /usr/lib/x86_64-linux-gnu/perl/5.22 /usr/share/perl/5.22 /usr/local/lib/site_perl /usr/lib/x86_64-linux-gnu/perl-base .) at /usr/bin/a2psj line 211.

というエラーで動かなくなっていた。libperl4-corelibs-perl を入れてやればいいようだ。調べてみると script-uses-perl4-libs-without-dep という Lintian Warning があったし、Transitions/Perl4CoreLibs という完了済タスクもあった。


2016-06-03(金) test [長年日記]

_ [debian] ibus-skk を試す

uim から移行するなら ということで、まずは ibus を試してみる。単純に ibus-skk をインストールして、im-config で設定。ibus の設定は…なかった。ちょっと使い勝手に戸惑うも、深刻に困るようなことはなし。しばらく使ってみよう。


2016-06-04(土) うーん [長年日記]

_ [debian] 続・ibus-skk を試す

今のところちょっと気になってるところは次の通り。

  • 変換の確定時に確定後の語がダブることがある。
  • いわゆる全角記号が出しにくい。
  • ~/.skk-uim-jisyo を ~/.config/ibus-skk/user.dict にコンバートする方法は何かないのかな。


2016-06-05(日) test2 [長年日記]

_ [debian] fcitx-skk を試す

ibus-skk の次は fcitx-skk を使ってみることにした。fcitx-skk をインストールして、それだと設定 GUI がなかったのでさらに fcitx-config-gtk をインストール。あと XIM 用に fcitx-module-x11 をインストール。…したけど、ぱっとは動いてくれてない。何かが足りないのか?


2016-06-06(月) inc [長年日記]

_ [debian] 続々々々々・uim 1.8.6 以降に向けて

NaofumiHonda さんによる uim-candwin-qt5 の 修正パッチ が作成された。適用したところ、Qt5 の候補ウィンドウのプロセス爆発の問題がなくなった。

これを適用した uim 1.8.6-15exp2 を experimental にアップロード。これでテストしてもらい、問題なければ master にマージしよう。


2016-06-07(火) 細々 [長年日記]

_ [debian] 続々々々々々・uim 1.8.6 以降に向けて

の typo 修正を upstream master にマージ。

また、 git.debian.org の exp ブランチで lintian warning をいろいろ修正。


2016-06-08(水) 地道 [長年日記]

_ [debian] fcitx-skk 0.1.2-0.1

New upstream release で DELAYED/7 NMU。> #826697

fcitx-skk: spelling-error-in-binary usr/lib/*/fcitx/fcitx-skk.so Erorr Error

なんてのが出てしまうのは fcitx-libs-dev の /usr/include/fcitx-config/fcitx-config.h のせいなので、そっちを直さなければ。

_ [debian] fcitx: fix typos

upstream source と debian/control* の typo の修正。> #826696

_ [debian] 続々・package fails to upgrade from sid to experimental.

ひとまず git.debian.org の exp ブランチで、

-Replaces: libuim-data (<< 1:1.8.6-14~)
-Breaks: libuim-data (<< 1:1.8.6-14~)
+Replaces: libuim-data (<= 1:1.8.6-15)
+Breaks: libuim-data (<= 1:1.8.6-15)

としたけど -16 とかに上げたときに Breaks+Replaces は -16~ としないとだめかな。


2016-06-09(木) 地ならし [長年日記]

_ [comp] uim: Compile with libressl

ビルドして問題なさそうだったのでマージした。> Compile with libressl

なお libressl のパッケージは LibreSSL packaged for Debian を借りてきた。

_ [comp] uim: Cannot select candidate on GTK3 application

Cannot select candidate on GTK3 application: それらしい現象は再現できたけど、ワークアラウンドは Fix SEGV by clicking a candidate shown by uim-bushuconv. の対応を無効にする?ものみたいなので適用すべきかどうか。

_ [debian] 続々々々々々々・uim 1.8.6 以降に向けて

uim-candwin-qt5 の 修正パッチ のおかげで、startkde hangs with uim-qt5 and uim-mozc installed ( #812390 ) も解決したみたい。ただ、

  • uim-candwin-qt5 が 10個くらい起動する(だけどハングまではしない)。
  • uim-toolbar が uim-toolbar-qt4 を指してるとやっぱりハングする。uim-toolbar-qt5 を指していれば問題ない。

という現象が起きたのですんなりとはいかないのかも? > uim および Debian 標準の日本語入力環境の今後について


2016-06-10(金) よし [長年日記]

_ [comp] 続・uim: Cannot select candidate on GTK3 application

新しいパッチがきていたので、ちょっと修正してマージした。> fix cannot select candidate on GTK3 application

_ [comp] closing 'Uim on Qt5'

Fix qt5 candwin infinite loop をマージ。Uim on Qt5 を一旦クローズした。と、まだ欠けた部分があったので再オープン、適用、そしてクローズ。

これで uim 1.8.6 以降に向けて はずみがつくかも?


2016-06-11(土) うん [長年日記]

_ [debian] mikutter 3.4.0+dfsg-1

uploaded to unstable.

3.3.x 系は見ない方向で。


2016-06-12(日) ふむ [長年日記]

_ [comp] uim: On gtk base desktops (xfce, lxde,..), any uim tool bar does not refect a IM state of a qt5 program

On gtk base desktops (xfce, lxde,..), any uim tool bar does not refect a IM state of a qt5 program は再現したので fix global variablel uim_fd でマージ。関数が追加されてたり引数が追加されてたりしたので多少詳しめに commit log を書いたけど本当は誰かやってほしい。



2016-06-14(火) ん? [長年日記]

_ [debian] 続々々々々々々々々・uim 1.8.6 以降に向けて

ひとまず uim_1.8.6+gh20160614.0.ec95c5a.orig.tar.gz を作ってみたけどそのままではビルドが通らないので、tarball 作るときに何かあるんだろうか?



2016-06-16(木) 下準備 [長年日記]

_ [debian] 続x10・uim 1.8.6 以降に向けて

ひとまず make-dist.sh をちょっと修正して、

  • sigscheme は uim-1.8.6/sigscheme からコピー。
  • pixmaps/*.{svg,png} は uim-1.8.6/pixmaps からコピー。
  • git log > ChangeLog を実行。

あたりで tarball を作成。これでビルドは通るようになった。

ところが実行してみると、

Error: in car: pair required but got: #f
libuim: [fatal] an unhandled error raised from Scheme interpreter
libuim: All functionality has been disabled to save user application data.
libuim: [fatal] an unhandled error raised from Scheme interpreter
libuim: [fatal] ユーザアプリケーションデータを保護するため、全機能を停止しました。

となって動作しない。調べてみると /usr/share/uim/xkb.scm を新たに追加する必要があった。これで動作するようになった。

_ [debian] im-config 0.29-1.3

experimental ブランチを master ブランチにマージして、いろいろ lintian warning を潰して Upload to unstable.


2016-06-17(金) Go [長年日記]

_ [debian] fcitx-skk 0.1.2-0.2

Vcs-* の URL がおかしかったので修正。

_ [debian] im-config 0.29-1.4

こちらも Vcs-* の URL がおかしかったので修正。

_ [debian] uim 1:1.8.6+gh20160614.0.ec95c5a-1

長い道程の末、ついにこの形式で exp にアップロード。im-config が testing 入りしたら、uim も unstable に入れる予定。


2016-06-18(土) 暑い [長年日記]

_ [debian] mikutter 3.4.1+dfsg-1

uploaded.


2016-06-19(日) またしても [長年日記]

_ [debian] 続々・fcitx-skk 0.1.2-0.1

そういえば NMU の #826697 を閉じてなかったので閉じた。

というか

Control: fixed -1 0.1.2-0.1

が効かないのは何で?

Control: fixed -1 fcitx-skk/0.1.2-0.1

じゃないとだめだったのかな。


2016-06-20(月) ラスト [長年日記]

_ [debian] 続x11・uim 1.8.6 以降に向けて

最後に Check key is not expected in skk-proc-state-kanji をマージする予定。マージ前に何か不都合がないかテスト中。

+ config. to set default mode for generic IM はちょっと難しいかな。


2016-06-21(火) そろそろ [長年日記]

_ [debian] 続x12・uim 1.8.6 以降に向けて

AZIK じゃないけどローマ字変換の SKK で使っていて特に問題が出ないようなのでマージした。> Check key is not expected in skk-proc-state-kanji

これで unstable に投入予定。


2016-06-22(水) ready [長年日記]

_ [debian] 続x13・uim 1.8.6 以降に向けて

uim_1.8.6+gh20160621.0.87bf935.orig.tar.gz としてパッケージングした。このままいけば明日には unstable に投入予定。


2016-06-23(木) Go [長年日記]

_ [debian] uim 1:1.8.6+gh20160621.0.87bf935-1

準備完了 と思ったけど piuparts とか lintian とかいろいろ言われたので修正してついに unstable にアップロード。

_ [debian] uim FTBFS on m68k/powerpcspe/sh4

たどっていくと #813749 に行き着くようだ。試しに Build-Conflicts: python3{,.3,.4}-minimal を削除し、24.2.0-3ubuntu2 から fix-perl.patch をもらってきて当てたらビルドはできた。python3*-minimal を拒否してるのはどういう理由からだろう? 特に言及がないのでわからない。



2016-06-25(土) ううむ [長年日記]

_ [debian] 続・uim 1:1.8.6+gh20160621.0.87bf935-1

#810351 を閉じてなかったので閉じた。

同じ轍 を踏まないように、-done に

Control: fixed -1 uim/1:1.8.6+gh20160621.0.87bf935-1

をつけて送ったけど反応なかった。-done 宛ではだめなのかな? 調べてみると、

Note that the preferred way of closing bugs, at least the first time, still is sending a message to NNNN-done@bugs.debian.org, but your message pseudo-header needs to include a "Version:" field to get the right version in the "fixed" list.

[BugsVersionTrackingより引用]

-done 宛は

Version: 1:1.8.6+gh20160621.0.87bf935-1

でよかったのかな。

_ [debian] 続々・uim 1:1.8.6+gh20160621.0.87bf935-1

libuim-data で umreproducible build が出てしまった。どうやら今回含めるようにした /usr/share/uim/tables/wb86.table のソート順序?に問題があるみたい。LANG=C sort してるから大丈夫だと思ったんだけどな。

あ、table は含めたけど scm を含めるの忘れてた…。これを直すときに一緒に直そう。

_ [debian] samba 2:4.4.4+dfsg-1 変

2:4.4.3+dfsg-4 から上げたら samba-ad-dc が起動しなくなった。

Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/nmbd.service → /lib/systemd/system/nmbd.service.
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/samba-ad-dc.service → /lib/systemd/system/samba-ad-dc.service.
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/smbd.service → /lib/systemd/system/smbd.service.
Job for samba-ad-dc.service failed because the control process exited with error code.
See "systemctl status samba-ad-dc.service" and "journalctl -xe" for details.
invoke-rc.d: initscript samba-ad-dc, action "start" failed.
dpkg: error processing package samba (--configure):
 subprocess installed post-installation script returned error exit status 1

● samba-ad-dc.service - Samba AD Daemon
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/samba-ad-dc.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: failed (Result: exit-code) since 土 2016-06-25 17:09:29 JST; 1s ago
     Docs: man:samba(8)
           man:samba(7)
           man:smb.conf(5)
  Process: 8793 ExecStart=/usr/sbin/samba $SAMBAOPTIONS (code=exited, status=1/FAILURE)
 Main PID: 8793 (code=exited, status=1/FAILURE)
   Status: "daemon failed to start: Samba detected misconfigured 'server role' and exited. Check logs for details"
    Error: 22 (無効な引数です)

 6月 25 17:09:29 XXXXXX systemd[1]: Starting Samba AD Daemon...
 6月 25 17:09:29 XXXXXX systemd[1]: samba-ad-dc.service: Supervising process 8793 which is not our child. We'll most likely not notice when it exits.
 6月 25 17:09:29 XXXXXX systemd[1]: samba-ad-dc.service: Main process exited, code=exited, status=1/FAILURE
 6月 25 17:09:29 XXXXXX systemd[1]: Failed to start Samba AD Daemon.
 6月 25 17:09:30 XXXXXX systemd[1]: samba-ad-dc.service: Unit entered failed state.
 6月 25 17:09:30 XXXXXX systemd[1]: samba-ad-dc.service: Failed with result 'exit-code'.

てか、これまで samba-ad-dc 起動してたっけ? 2:4.4.3+dfsg-4 に戻してみると、やっぱり起動してなかった。なんで急に起動するようになったんだろう?

報告があった。> #828137


2016-06-26(日) ありゃ [長年日記]

_ [debian] uim 1:1.8.6+gh20160626.0.6821431-1

tables/wb86.table のソート順序 は LANG=C だけではだめで、LC_ALL=C をつける必要があった。LC_ALL > LC_COLLATE > LANG の優先順位で sort に影響があった。それを upstream に適用。

そして以前削除した wb86 と zm を再度パッケージ含めたけど、upstream 側で scm をインストールしないようになっていたので table もやっぱり削除した。ということで unrepoducible build の原因は upstream で解決…したけど結局パッケージに table は含めてない。

あと自分で reproducible build をするには ReproducibleBuilds/Howto が参考になる。

upload 後に #828627 に報告があったので、今度は -done 宛に Version: 疑似ヘッダをつけて閉じるのに成功。

_ [movie] ロード・トゥ・パーディション

ロード・トゥ・パーディション [Blu-ray]


2016-06-27(月) ふむ [長年日記]

_ [debian] 続・samba 2:4.4.4+dfsg-1 変

confirm ついた。しばらく forbid-version しておこう。


2016-06-28(火) うーむ [長年日記]

_ [comp] 'q' at uim-skk

「▽モード」で q を押すと、「ひらがな/カタカナを反転変換し確定」せずに、q が追加されてしまう、という報告があった。> uim-skk: q does not commit toggled kana string

すなわち、

  1. (A) ▽あ
  2. (Aq) ▽あq
  3. (Aqq) ア

となり、正しくは

  1. (A) ▽あ
  2. (Aq) ア

では? と。しかし、Check key is not expected in skk-proc-state-kanji を revert すると、AZIK モードで

  • (hq) はい
  • (Hq) ▽はい

と正しい動きをしていたものが、

  • (hq) はい
  • (Hq) ▽

となってしまう。scm の修正は全然わからないので、最初に #39 を直していただいた方に救援要請。


2016-06-29(水) 29 [長年日記]

_ [debian] 続々・samba 2:4.4.4+dfsg-1 変

2:4.4.4+dfsg-2 で修正された。> #828137


2016-06-30(木) 無念 [長年日記]

_ [debian] uim 1:1.8.6+gh20160630.0.c408e95-1

revert したものを upload。


2016年
6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E