最新

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2019-07-01(月) [長年日記]

_ [debian] ruby-delayer-deferred 2.1.1-1

uploaded.


2019-07-02(火) 蒸し暑い [長年日記]

_ [debian] ruby-specinfra 2.78.0-1

uploaded.

しばらく DDPO の watch が更新されてなくて気がつかなかった。

_ [debian] Debian Linux Kernel vs. CentOS 6 Docker Image

CentOS 6 の Docker イメージを動かそうとしたら、何故か動かない。

% docker run --rm -ti centos:6 bash
%

CentOS 7 の Docker イメージなら動く。

% docker run --rm -ti centos:7 bash
[root@XXXXXXXXXXXX /]# 

探していると、こういうのを見つけた。> Normal running now fails, for CentOS 6.x images, on Debian testing, after upgrading Linux kernel from 4.9 to 4.11

どうやら Debian の Linux Kernel 4.10~rc6-1~exp1 以降の設定変更で、古いlibcが動かなくなったようだ。> #852620

linux (4.10~rc6-1~exp1) experimental; urgency=medium

* [amd64] Enable LEGACY_VSYSCALL_NONE instead of LEGACY_VSYSCALL_EMULATE (Closes: #852620). This breaks (e)glibc versions < 2.14 and dietlibc versions < 0.33. It can be reverted using the kernel parameter: vsyscall=emulate

[/usr/share/doc/linux-image-4.19.0-5-amd64/changelog.gzより引用]

まさに当たってた。

% docker run --rm -ti centos:6 /lib64/libc.so.6 | head -1
GNU C Library stable release version 2.12, by Roland McGrath et al.

% docker run --rm -ti centos:7 /lib64/libc.so.6 | head -1
GNU C Library (GNU libc) stable release version 2.17, by Roland McGrath et al.





2019-07-06(土) そろそろか [長年日記]

_ [debian] ruby-specinfra 2.78.2-1

uploaded.

watch が更新されるように復活した。

_ [debian] mikutter 3.9.0+dfsg-1

uploaded.


2019-07-07(日) きた [長年日記]

_ [debian] Debian 10 "buster" released

ついにリリース。















2019-07-21(日) どうかな [長年日記]

_ [debian] ruby-specinfra 2.79.0-1

uploaded.

The release of buster also means the bullseye release cycle is about to begin. From now on, we will no longer allow binaries uploaded by maintainers to migrate to testing. This means that you will need to do source-only uploads if you want them to reach bullseye.

[No binary maintainer uploads for bullseyeより引用]

とのことで、これまでやってたバイナリアップロード( dput ftp-master XXXXX_amd64.changes )は不可で、ソースオンリーアップロード( dput ftp-master XXXXX_source.changes )をしないといけないようだ。

SourceOnlyUpload を参考に実施。手元の手順がこなれてないからもうちょっと整理しないと。



2019-07-23(火) ゲリラ豪雨 [長年日記]

_ [debian] 続・ruby-specinfra 2.79.0-1

無事 testing 入りした。

_ [debian] mikutter 3.9.1+dfsg-1

uploaded.


2019-07-24(水) どうする? [長年日記]

_ [debian] ruby-gnome2 ビルドできない

mikutter 3.9.1+dfsg-1 が「Migrates after: ... ruby-gnome2 ...」と言っているので、まず大物の ruby-gnome2 をアップロードしようとしたら、ビルドできない。

dwz: debian/ruby-glib2/usr/lib/x86_64-linux-gnu/ruby/vendor_ruby/2.5.0/glib2.so: Found compressed .debug_aranges section, not attempting dwz compression
dh_dwz: dwz -q -- debian/ruby-glib2/usr/lib/x86_64-linux-gnu/ruby/vendor_ruby/2.5.0/glib2.so returned exit code 1

dwz は確か debian-mentors で見たような…と思ったけど、どうもこれとは現象が違うっぽい。> dwz failures, dh_dwz failure

dwz から離れて「compressed .debug_aranges section」について探していると、[RFE] Add support for compressed debug sections.Make compressed debug section optional を発見。

CONFIG["DLDFLAGS"] = "-Wl,-z,relro -Wl,-z,now -Wl,--compress-debug-sections=zlib"

[/usr/lib/x86_64-linux-gnu/ruby/2.5.0/rbconfig.rbより引用]

これを削除すればビルドできることが確認できた。ruby-gnome2 の場合は debian/rules で

 export make=make V=1 DESTDIR='$(DESTDIR)' \
        sitelibdir='$(DESTDIR)$$(vendordir)' \
-       sitearchdir='$(DESTDIR)$$(vendorarchdir)'
+       sitearchdir='$(DESTDIR)$$(vendorarchdir)' \
+       dldflags='-Wl,-z,relro -Wl,-z,now'

とすれば無理矢理でも通った。

おそらく ruby2.5 のほうで --compress-debug-sections=no をしてやれば大丈夫そうだけど、誰か言ってないかな。と探してみるとずばりのメールがあった。> arch-dependent Ruby packages with dh_compat 12

ひとまずメールしてみる…が、lists.debian.org に spam 扱いされた…なんで?


2019-07-25(木) 具合が [長年日記]

_ [movie] 何がジェーンに起ったか?

何がジェーンに起こったか? [DVD]





2019-07-29(月) 遠征2日目 [長年日記]

_ [debian] ruby-specinfra 2.80.0-1

uploaded.

_ [debian] 続・ruby-gnome2 ビルドできない

ruby2.5 のほうで --compress-debug-sections=no (正確には --with-compress-debug-sections=no) するパッチを連絡した。> Re: arch-dependent Ruby packages with dh_compat 12

とりあえずビルドが成功してテストが通ることは確認。

これを使って ruby-gnome2 もビルドできたので、マージリクエストを作った。> debian/rules: do not compress debug sections for arch-dep Ruby packages with dh_compat 12

_ [debian] pbuilderにrepreproで作ったレポジトリ追加

もともとは https://wiki.debian.org/piuparts 用に使ってた reprepropython SimpleHTTPServer での一時レポジトリを pbuilder で使うにはどうしたらいいか探していると、pbuilderのchroot環境にレポジトリを追加する というずばりのものがあった。



2019-07-31(水) 遠征最終日 [長年日記]

_ [debian] 続々・ruby-gnome2 ビルドできない

めでたく ruby2.5 2.5.5-4 がアップロードされた。


2019年
7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E