«前の日記(2005-09-25(日)) 最新 次の日記(2005-09-27(火))»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2005-09-26(月) 再び始動 [長年日記]

_ [comp] uim_quit() 問題解決

ここ数日の間 Kato さんと直接やりとりして調べていただいた。結果、uim_quit() 問題はめでたく解決。> [Anthy-dev 2436]

_ [debian] uim 1:0.5.0+svn1593-0vd1

SVN trunk を持ってきて作成。

_ [debian] tdiary 2.1.2.20050925-0vd1

CVS から引っ張ってきて vd_tdiary_rast-search_html-anchor.diff を当てて作成。

_ [debian] sysvinit 2.86.ds1-3vd1

先日の bootlogd が上がらない問題が fix されていなかったので作成。

_ [debian] sun-j2sdk1.5 1.5.0+update05, sun-j2re1.5 1.5.0+update05

make-jpkg で作成。

_ [comp] 続・xscreensaver を試す

起動時にスプラッシュスクリーンが出るので、~/.xinitrc で -no-splash を追加した。

-xscreensaver &
+xscreensaver -no-splash &

_ [comp] OpenOffice.org2 を試す

Debian experimental に入っている openoffice.org2 1.9.125+2.0beta2-1 を試してみる。ユーザインターフェイスのフォントの設定は OpenOffice.org 1.1.0 の場合とほぼ一緒。

  1. ooffice2 を実行。
  2. ツールバーの「ツール(T)」から、一番下の「オプション(O)」を選択。
  3. ツリーの OpenOffice.org を開く。
  4. 「Fonts」を選ぶ。
  5. 「Apply replacement table」にチェックを入れる。
  6. 「Font」のコンボボックスに「Andale Sans UI」と手で入力。
  7. 「Replace With」のコンボボックスから「Sazanami Gothic」を選択。
  8. コンボボックスの横のチェックボタンをクリック。
  9. 下の表中の左側に 2 つのチェックボックスがあるので、両者にチェック。
  10. 一番下の OK をクリック。

_ [comp] kernel make 中の CC 等が隠される

AZURE Diary 2005.09.12 より。kernel を make しているときに CC や LD のオプション等が隠れるのは気になっていたので、ちょっと調べてみる。まず make help。

% make help
        :
  make V=0|1 [targets] 0 => quiet build (default), 1 => verbose build
        :

これが怪しそう。ということで Makefile を見てみる。V=0 であると、簡単に言うとコマンドが差し替えられて、いろいろ隠されてしまうようだ。

※逆に書いてた部分があるのでちょっと修正。

_ [gkrelluim] 0.0.4 SEGV

現在の Debian sid 環境でコンパイルした GKrellUIM 0.0.4 だが、メニューボタンを押すと SEGV ってしまう。

もしやと思って gkrellm を rebuild してみたら収まった。

_ [debian] gkrellm 2.2.7-2vd1

現在の Debian sid 環境で rebuild。


2005年
9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E