«前の日記(2004-03-16(火)) 最新 次の日記(2004-03-18(木))»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2004-03-17(水) 講座更新作業開始 [長年日記]

_ [comp] kernel 2.6.5-rc1-mm1

2.6.5-rc1 & -mm1 が出たので早速確認。fbdev-char-drawing-enhancement.patch は linus tree には入らなかったようだ。でも mm tree にはまだあるので、これを外さないと。

で作成。boot はしたが、X を上げようとしたら、nvidia ロゴが出る前に刺さるなぁ。

どうやらこれっぽい。> NVIDIA and 2.6.4? mm patch 中の 4k-stacks-always-on.patch を外せばよいようだ。nvidia driver の binary 部分が問題らしい。外して作成したら OK だった。

_ [kip] server の kernel 更新

古〜い kernel を更新。2.4.XX から 2.4.25 に上げてみる。そろそろ 2.4.26 が出そうではあるけど。server 用なので 2.6 にはしない。用途別に kernel を作り分けるのは面倒になったので、全部の server の面倒を一度に見られる kernel を作る。当てた patch は次の通り。

server 用なので -lck はなし。

devfs を使っていなかったマシンに devfsd を入れずにこの kernel を入れて、起動時にはまったり。video=vesafb は 2.6 の書式で video=vesa が 2.4 の書式ということを忘れていたり。

ついでにこの kernel を client でも使ってみたら、agpgart がなかったり、nvidia-kernel は更新したが nvidia-glx を hold していて起動しなかったり。

ちょっとしたメモ。make-kpkg で MODULE_LOC を使えば /usr/src/modules 以外が指定できる。

_ [comp] UP マシンに SMP kernel を乗っけたら?

答え:原因不明のフリーズに悩まされる。先の講座 server の kernel 更新の際の出来事なのだが、

  1. ついいつものクセで、SMP な kernel を作ってしまった。それも MPENTIUMIII=y で。
  2. Pentium II Deschutes だと知らずにそのマシンに乗っけたところ、1時間も立たないうちにフリーズ。
  3. Deschutes と気付いて、M686=y で作り直す。でも SMP はそのまま。やっぱりフリーズする。
  4. nosmp という kernel parameter を知る。けど効果がない。
  5. 仕方ないので、SMP=n で作り直す。というか順番が逆。

lm-sensors のせいにしたり、NFSD_TCPD=n のせいにしたりしたけど、単純な問題だったなぁ。


2004年
3月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E