«前の日記(2004-02-29(日)) 最新 次の日記(2004-03-02(火))»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2004-03-01(月) やっと糸口が [長年日記]

_ [comp] 2.4/2.6 固まる問題

何かを compile していると固まる問題だが、徹底調査。

  • 今のところ、2.4.25+rmap 2.6.3-mm[24] で起こる。
  • kdb で確認してみようとした。→キーが効かなくなるので無理。
  • BIOS で HT 無効にしてみた。→固まる。
  • acpi=off で起動してみた。→固まる。
  • preempt を無効にしてみた。→固まる。
  • BIOS で HT 無効にし、ACPI と SMP を無効にした kernel にしてみた。→固まる。
  • 2.4.25-pre8,-rc[1234]+rmap →問題なし。

以上のことから、

  • rmap は関係ない
  • HT は関係ない
  • ACPI は関係ない
  • preempt は関係ない
  • SMP は関係ない

ということが予想される。

次に、固まらない 2.4.25-pre8固まる 2.4.25 の patch の比較をしてみる。両者に共通して当たっているのは

これらはおそらく問題ないと思われる。異なる patch は

Owl は 2.6 用はなく、2.6 でも固まることから関係ないと思われる。usagi は network 触っていないし、ipv6 モジュールを読んでいない状態でも固まるので多分関係ない。と、残るは i2c だが...何とも言えない。ともあれ、linux-2.4.25-i2c-2.8.4.patch.gz を外して構築してみると...あら不思議、問題ない...。

もともとは熱暴走しているかどうか監視するための i2c/lm-sensors だったが、それの最新版が悪さをしていたのか?偶然ということも考えられるが...もうちょっと追ってみるか。

_ [debian] uim 0.3.1-0vd1

作成。

_ [debian] sylpheed 0.9.9-0vd1

sylpheed-0.9.9-gtk2-20040229.tar.gz を用いて作成。message view 問題 についてのチェックは後程。


2004年
3月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E