«前の日記(2005-04-13(水)) 最新 次の日記(2005-04-15(金))»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2005-04-14(木) Rastおためし [長年日記]

_ [debian] 続・dvi2ps で日本語が抜ける

ここまでやる必要はないようだ。ptex-jisfonts の debian/changelog を見ると

ptex-jisfonts (2-4) unstable; urgency=low

* Support fontmaps for dvipdfm. So, you don't need to run jisftconfig for dvipdfm.

* Support dvi2ps. Thanks to Mr. Kohda.

-- OHURA Makoto Thu, 23 May 2002 15:04:27 +0900

[/usr/share/doc/ptex-jisfonts/changelog.Debian.gzより引用]

となっている。日付的にも [debian-users:32876] を受けたものと考えてよさそうだ。

見ると、ptex-jisfonts は /usr/share/texmf/dvi2ps/ 以下に関係すると思われるファイルを install している。[debian-users:32876] を見てみると、/usr/share/texmf/dvi2ps/jisfonts を使うためには

% dvi2ps -F jisfonts paper.dvi

としてやればよいようだ。-F jisfonts オプションをいちいち付けずに済むようにするには /usr/share/texmf/dvi2ps/fontdesc に

+fontdesc        fonts$kpse/asc-jisfonts
 fontdesc        fonts$kpse/asc-bikanji

1行追加してやればよいようだ。

_ [debian] dvi2ps 3.2j-9vd1

debian/fontdesc に1行追加して作成。

_ [debian] tdiary 2.0.1+2.1.0.20050414-0vd1

CVS から引っ張ってきて作成。

_ [debian] rast 0.0.1-0vd1

でっち上げ。

_ [comp] Rast 検索 for tDiary

rast-register.rb を参考に Rast 検索窓をつけてみた。

_ [debian] kernel-package 8.131 変

make-kpkg kernel_image していたら、

cp arch/i386 /boot/bzImage debian/tmp-image/boot/vmlinuz-2.6.11.7-XXXXX.1
cp: `debian/tmp-image/boot/vmlinuz-2.6.11.7-XXXXX.1': specified destination directory does not exist
詳しくは `cp --help' を実行して下さい.
make[1]: *** [real_stamp_image] エラー 1

と最後の最後で失敗してしまった。よく見ると、「arch/i386 /boot/bzImage」と i386 の後にスペースが入ってしまっている。#304631 かな。


2005年
4月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E