«前の日記(2005-08-03(水)) 最新 次の日記(2005-08-05(金))»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2005-08-04(木) 連日の真夏日 [長年日記]

_ [comp] MRTG でネットワークトラフィックの IN と OUT を分ける

MRTG ではネットワークトラフィックの IN と OUT が同一のグラフになっているけど、それを別々にできないか調べてみる。単純に分離するオプションとかはないようなので、MIB を指定して得ることにする。ネットワークモニタリングツールを製作する 第1回 SNMPの仕組みを理解する というページを発見したので参考にしてみる。

まずインターフェイスのチェック。

% snmpwalk -v 1 XXXXXXXX -c XXXXXXXX ifDescr
IF-MIB::ifDescr.1 = STRING: lo
IF-MIB::ifDescr.2 = STRING: eth0
IF-MIB::ifDescr.3 = STRING: sit0

% snmpwalk -v 1 XXXXXXXX -c XXXXXXXX ipAdEntIfIndex
IP-MIB::ipAdEntIfIndex.127.0.0.1 = INTEGER: 1
IP-MIB::ipAdEntIfIndex.XXX.XXX.XXX.XXX = INTEGER: 2

eth0 は 2 のようだ。

受信オクテット数は ifInOctets、送信オクテット数は ifOutOctets で取れるようだ。

% snmpget -v 1 XXXXXXXX -c XXXXXXXX ifInOctets.2 ifOutOctets.2
IF-MIB::ifInOctets.2 = Counter32: 260681632
IF-MIB::ifOutOctets.2 = Counter32: 1059735146

mrtg.cfg には次のように追加。

Target[eth0_in]: ifInOctets.2&ifInOctets.2:XXXXXXXX@XXXXXXXX
Options[eth0_in]: growright
Title[eth0_in]: Traffic Analysis for eth0_in -- XXXXXXXX

Target[eth0_out]: ifOutOctets.2&ifOutOctets.2:XXXXXXXX@XXXXXXXX
Options[eth0_out]: growright
Title[eth0_out]: Traffic Analysis for eth0_out -- XXXXXXXX

これでネットワークトラフィックの IN と OUT を別々のグラフにすることができた。


2005年
8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E