«前の日記(2005-12-04(日)) 最新 次の日記(2005-12-06(火))»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2005-12-05(月) エアコン故障 [長年日記]

_ [debian] subversion 1.2.3dfsg1-3vd1

-D_LARGEFILE_SOURCE -D_FILE_OFFSET_BITS=64 が有効な libapr0 2.0.55-3vd1 で作成。

_ [debian] audacious 0.1.1+svn285-0vd1

SVN から引っ張ってきて作成。

コンパイルはされないが、crossfade プラグインが入ったようだ。

_ [debian] uim 1:0.5.0.1+svn2370-0vd1

trunk を引っ張ってきて作成。diff.gz は 0.4.9.1-1 をちょっと修正して利用。

_ [debian] fglrx-driver 8.19.10-1vd1

official に入っていた。

XVERSIONMAX を 6.9.0 にして作成。

_ [comp] suspend2 2.2-rc14 (swapfile+swapwriter) 変

suspend2 2.2-rc10 以降と fglrx-driver 8.19.10 で入った Suspend and Resume Support の相性がよくなかったのか、suspend 時に固まってしまっていた。> [Suspend2-users] problem suspending with ati driver

これのためにずーっと 2.2-rc9 を使っていたけれど、今調べてみると 2.2-rc13 以降なら hibernate.conf の設定で回避可能のようなので、現時点で最新の 2.2-rc14 にして試してみる。suspend は成功したけれど、resume 時に

Kernel panic - not syncing: Failed to read chunk 0/XXXXX of the image. (-5)

と panic してしまった。最初このメッセージが bootlog にまぎれ込んでいて気付かず、CapsLock キーランプと ScrollLock キーランプが同時に点滅していることから止まっている原因を探そうとしていたり。

とりあえず 2.2-rc13 + [Suspend2-users] Re: Filewriter broken in 2.2 RC13 パッチ にしてみると、suspend と resume どちらも正常に機能するようになった。


2005年
12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E