«前の日記(2014-04-14(月)) 最新 次の日記(2014-04-16(水))»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2014-04-15(火) うーん [長年日記]

_ [debian] 続・sigscheme vs. dh-autoreconf

#736177 については sigscheme-0.8.5/configure.in と sigscheme-0.8.5/libgcroots/configure.ac に

AC_CONFIG_MACRO_DIR([m4])

を追加してやれば dh-autoreconf 自体は成功するようになる。ただ、make check に失敗するようになる。

make  check-TESTS
make[1]: ディレクトリ `/tmp/sigscheme/sigscheme-0.8.5/test' に入ります
make[2]: ディレクトリ `/tmp/sigscheme/sigscheme-0.8.5/test' に入ります
Error: in load: file "/tmp/sigscheme/sigscheme-0.8.5/test//bin/sh" not found
make[2]: *** [test-apply.scm.log] エラー 1
make[2]: ディレクトリ `/tmp/sigscheme/sigscheme-0.8.5/test' から出ます
make[1]: *** [check-TESTS] エラー 2
make[1]: ディレクトリ `/tmp/sigscheme/sigscheme-0.8.5/test' から出ます
make: *** [check-am] エラー 2

/tmp/sigscheme/sigscheme-0.8.5/test//bin/sh なんておかしなものを読もうとしているので調べたところ、sigscheme-0.8.5/test/run-singletest.sh の

cd .. && $SSCM $TESTS_DIR/$1

$1 に /bin/sh が入ってしまっている。sigscheme-0.8.5/test/run-singletest.sh に echo "[$0 $*]" を入れて調べてみると、

[../test/run-singletest.sh /bin/sh ../test-driver --test-name test-apply.scm --log-file test-apply.scm.log --trs-file test-apply.scm.trs --color-tests yes --enable-hard-errors yes --expect-failure no -- ./test-apply.scm]

となった。本来は

[../test/run-singletest.sh ./test-apply.scm]

となるはずなんだけど、どうやら automake に新しく追加された LOG_DRIVER というのが干渉してしまっているみたい。

仕方ないので sigscheme-0.8.5/test/run-singletest.sh に

shift `expr $# - 1`

を入れて引数をシフトしてやればうまくいくようになった。ところが今度は FAILED/SKIP でよいテストでそのまま失敗とみなされるようになってしまった。

このあたりでお手上げかなあ。


2014年
4月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E