«前の日記(2017-06-19(月)) 最新 次の日記(2017-06-21(水))»

vdrめも

検索キーワード:
[PR]:「Chef活用ガイド コードではじめる構成管理 (大型本), (Kindle版)」発売中です。


2017-06-20(火) やっと [長年日記]

_ [debian] uim: please build-depend on automake, not obsolete automake1.11

#865263 にて、B-D: automake1.11 しないで、というレポートがきた。これはかつて LOG_DRIVER でハマったので automake1.11 で止めてた問題だ。どうやら今が対応のときっぽいので調べてみる。

問題は test2/Makefile.am:

TESTS_ENVIRONMENT = $(SH) $(top_builddir)/test2/run-singletest.sh

test2/Makefile.in:

am__check_pre = \
        :
$(AM_TESTS_ENVIRONMENT) $(TESTS_ENVIRONMENT)

LOG_DRIVER = $(SHELL) $(top_srcdir)/test-driver
LOG_COMPILE = $(LOG_COMPILER) $(AM_LOG_FLAGS) $(LOG_FLAGS)

test-composer.scm.log: test-composer.scm
        @p='test-composer.scm'; \
        b='test-composer.scm'; \
        $(am__check_pre) $(LOG_DRIVER) --test-name "$$f" \
        --log-file $$b.log --trs-file $$b.trs \
        $(am__common_driver_flags) $(AM_LOG_DRIVER_FLAGS) $(LOG_DRIVER_FLAGS) -- $(LOG_COMPILE) \
        "$$tst" $(AM_TESTS_FD_REDIRECT)

となっているので、 test2/run-singletest.sh $(SHELL) とかおかしな状態になってしまうのが原因だ。

そこで TESTS_ENVIRONMENT には test2/run-singletest.sh で設定している LIBUIM_* 環境変数を設定し、LOG_COMPILER に test2/run-singletest.sh で実行する uim/uim-sh を入れるようにパッチを当てると、automake (1.15) でも通るようになった。> 63777be6d8a4a26dda6eba427efe882b7464bc38

アップロードは他にも溜まってるバグレポートを片付けてまとめての予定。


2017年
6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[amd64 | audacious | comp | debian | gkrelluim | kip | misc | movie | research | rime | unicon | vdr | work | えふえふ]

書いてる人: dai

パッチ等(無保証)

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E